マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 19日

ニルソン「ミスター・ボージャングル」

◆他人に訊かれて病気の状況を話すことがあるが、なかなか会話がかみあわずもどかしく思うことがある。「気持ちの持ちようだ」とか云われても、病人にはいったん覚悟をきめたうえでの気の持ちようというか、心の落ち着け方がある。それは会話相手の想定とは違ってくるわけだが、まあしかたのないことかもしれない。「おかげで最近は元気にやってます」とか、相手が期待するような無難な返事を用意しておくという対応もある。そのほうが余分な体力を使わなくて済むことは間違いない。
◆映画「真夜中のカウボーイ」、もう30年以上昔の映画なんだけどはじめてみたときはショックだった。およそ格好わるいことこのうえなしの主人公2人組、大都会ニューヨークではゴミみたいな存在だった。それが念願のフロリダにたどり着いたとたんにひとり(ダスティン・ホフマン)が亡くなってジ・エンド、こんな映画ありーってか。アメリカン・ニューシネマといわれた映画はみんなこんな感じ(苦笑)。もともと「卒業」のダスティン・ホフマン主演に魅かれてみたんだが、見終わって打ちのめされた思いが残った。今見れば、単なるホモ映画で済ませていたかもしれない(苦笑)。「卒業」なんてのもアンモラルなテーマだしね。まあ当時は若かったし、ベトナム戦争とか全共闘運動とかで閉塞感漂う世の中のムードにマッチしたということかもしれない。
◆前置きがだいぶ長くなったが、この映画の主題歌「うわさの男」を唄ったのがニルソン、これで興味をもってレコードを買い求めた。「空中バレー」「ハリー」「オブリオの不思議な旅」など。どれも気にいってよく聴いた。このニルソン、シンガー・ソング・ライターであるが、ヒットしたのは他人のカバー曲というのも面白い。先の「うわさの男」、それに大ヒットした「ウィズアウト・ユー」なんか、いや本人作もいい歌はあるが、歌手のほうがより素晴らしかったということだろうか。その後も「シュミルソン」「夜のシュミルソン」「モア・シュミルソン」など出したけど、だんだん麻薬と酒に溺れるようになって、とくに仲の良かったジョン・レノンとの「ご乱行」は有名だった。1980年にそのジョン・レノンが死んでからは、あまり音楽シーンに出なくなった、事件がこたえたのかもしれない。その後、なかば忘れ去られた存在のまま、1994年に50ちょっとで亡くなってしまった。今でもときどき聴くが、スタンダードなんかほんとにいい。もっと回顧されてもよい歌手だと思う。
b0036803_18481193.jpg◆さて、マイ・ラスト・ソングは、ニルソンが唄う「ミスター・ボージャングル」。アルバム「ハリー」におさめられている。カントリーの秀作だ。近年、別のシンガー版がCMで流れたから、歌自体は知っている人は多いだろう。CM商品である車のイメージとは全然あわなかったが、製作者の趣味なんだろうな(笑)この歌はニーナ・シモンとかいろんな歌手が唄っている。綾戸のオバサンも唄っている。やはり、はじめて聞いたニルソン版を採りあげたい。
 ♪飼ってた犬との15年間のことを涙ながらにはなしてくれたもんだ。いつも一緒に旅したって。
  でも犬は死んでしまって、それから20年も経っているのに、まだそのことを嘆いていたよ。
[PR]

by chaotzu | 2004-11-19 18:50 | 音楽


<< 目からうろこの寺島ジャズ論      読売巨人軍再建私案 >>