マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 29日

藍ちゃん、愛ちゃん、亜衣ちゃん

◆ゴルフの宮里選手、きのうは惜しかった。高校出てすぐ賞金王争いなんて、これまでの女子プロゴルファーの層の薄さを露呈したってことかもしれないけど、彼女の出現で男子プロの人気をも凌駕してしまったというんだからたいしたもんだ。横峯選手とかもうひとり同姓の宮里選手などもおり、これから世界レベル選手の輩出が期待できそう。それと卓球の福原選手、水泳の柴田選手も記憶に残る。ことしは3人の「アイちゃん」の年だったかもしれない。
◆いっぽう、ヨン様離日とかで成田や韓国仁川空港に押し寄せた日本のオバさま方も元気なものだ。ちとはしゃぎすぎかと一瞬冷眼視するも、79歳のおばあちゃんがヨン様で元気になったと宣うさまをみて、まぁいっかと気を取り直す。その元気をすこしだけでも分けてほしい。
 定率減税の廃止で景気に冷水を心配するという識者意見もあるが、所得税の増税は大丈夫でしょう。仁川空港のありさまをみると金持ちがのさばりすぎてるように思う(苦笑)。大衆課税になる消費税の増税はやばいかもしれんけど。
b0036803_11542132.jpg◆【ビデオ】 ラウンド・ミッドナイト 1986年 フランスーアメリカ
 日本にもジャズ好きな人はいるが、フランス人も同じことが分かる。いや、それ以上かもしれない。この映画の眼目は本物のジャズ・プレイヤーが演じていることだ。本職は淡々とそっけなくみえるぐらい演奏する、役者がやるとかえってくさくなるかもしれない。なんといっても架空のサックス奏者ディル・ターナー(モデルはピアニストのバド・パウエルらしい)を演じたデクスター・ゴードンが抜群、しわがれ声が見事にはまっている。ジャズ好きには堪らない映画だろう。
[PR]

by chaotzu | 2004-11-29 11:59 | 時事


<< ブロックに脱帽      あえて言います、引きこもりはぜ... >>