マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 10日

【読書】「トランク・ミュージック」ハリーとエレノアの恋愛物語

◆近頃、歩道をのんびり歩くことができづらくなった。原因は自転車である。スピードをだしてすぐそばを疾走する、平気でチリンチリン鳴らす。実際、人身事故も最近は多発しているらしい。そのうち喧嘩がおきるんじゃないか。
 本来、自転車が歩道を通行するべきではないだろう。ヨーロッパあたりでは自転車も堂々と車道を走っている。あるいは車道に自転車専用ゾーンをつくっている。そうすると、日本の場合は自動車ドランバーの不寛容のつけを歩行者が負担させられているわけか。ま、歩道を通るなとまでは云わない。少しは歩行者に遠慮して走ってもらえればすむことである。とにかく勘違い馬鹿が増えて困る。
b0036803_850747.jpg◆【読書】「トランク・ミュージック」 マイケル・コナリー 扶桑社文庫
 ハリー・ボッシュもの、トランク・ミュージックとは自動車トランク内での射殺音らしい、アメリカ特有の物騒なことばである。プロットは錯綜しており、敵味方がオセロゲームみたいに反転するが、途中でこれはハリーとエレノアの恋愛物語だなと気がつく。ミステリと恋愛、それにおなじみ内部監察部門との確執、三層構造の小説になっているのが人気のあるゆえんか。
 ラスベガスのミラージュ・ホテルが出てくるが、いちどは泊まってみたいね。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-10 23:59 | 読書


<< 実はコイズミ自民党補完勢力の共産党      まずはパチンコ自粛から >>