2004年 12月 31日

オレ流、今年の10大ニュース

◆大晦日、なんとか1年もったことを感謝したい。備忘のためにこの1年の出来事を恣意的に回顧したい(笑)。
◎4月3日 「冬のソナタ」NHK総合で再放送開始
 昨年BSで放送していたのは知っていたけど、まさかここまでのブームになるとは。北朝鮮問題もあるし、芸能文化を切り口に韓国の人との相互理解が進んでいくのは大歓迎だ、聖徳太子の昔から「韓流ブーム」は珍しいことではないし。ただNHKが不祥事隠しにやたらと利用しているようで、使い捨てにされないか心配。ヨンさまが紅白に出なかったのは賢明だと思う。
◎4月8日 イラク3邦人拘束事件と自己責任論議
 自己責任元年、3人の方も困ったちゃんだとは思うが、問題が起きてもトップの居座りが常態化したこの無責任大国で、政治家が自己責任を声高に云うのもなんだかうさくんくさいものがあった。
◎5月11日 民主党管氏、「年金未納」で代表辞任
 「五十歩百歩」といういやな言い回しがある。年金未納問題では程度問題を顧慮することなくみんな一緒くたにされた。ほんとはそれではいけないのだが、菅氏は日ごろの居丈高な物言いに反感をもたれていたのだろう。
◎5月24日 小泉総理「人生いろいろ」答弁
 このほか、「自衛隊を派遣する地域が非戦等地域」とかもう滅茶苦茶な発言があった。コイズミさんの首相としての業績っていったいなにがあるんだろう。働いたことのない二世議員、党務で泥水を飲むこともなく、はったりだけでここまでいくって。でもそれって国民が支持したんじゃないんですかあ~、残念!
◎7月8日 ナベツネ「たかが選手」の自爆発言
 世にナベツネ伝説というのがある。「ナベツネは実は選手会の味方でわざとああいう発言をした」「サッカーでも隠れ川渕シンパだった、わざと嫌われ役を演じていた」 嘘ですって。
◎7月9日 曽我さんインドネシアで家族と再会
 イラクの三人は自己責任で罵声を浴びたが、米軍脱走兵は拉致被害者の家族ということで、チャーター機の送迎や病院特別個室への入院などの特別待遇を受けた。コイズミさんが首領さまに直談判した成果が本件と偽遺骨であった。b0036803_022239.jpg
◎8月23日 野口選手女子マラソンで金メダル
 「幸せです。頑張ってきてよかったです。ゴールして、この大観衆の声援を自分のものにできて、うれしくて仕方なかったです。神様、ありがとうございました」
 もらい泣きしました。こういってはなんだが、女子柔道とか女子レスリングの金メダルも素晴らしいが、彼女の金メダルがやっぱり最高だ。
◎10月1日イチロー選手が大リーグ年間最多安打記録更新
 云うことなし。連日夢中になった。そして国民栄誉賞を2度も固辞するってのがすごい。もともと政治家のための表彰だしね。
◎10月13日 西武鉄道株式問題で堤氏全役職辞任
 株券不発行制度への移行が引き金になったかもしれない。実際の構造改革とは首相のリーダーシップではなく、こういう制度変更や少子化、そして企業帰属意識の低下による内部告発で進んでいくのだろう。
◎10月23日 新潟県中越地震
 被災後しばらくは無我夢中状態だしみんな同じである。実際にいろんなストレスが押し寄せるのは、自宅や事業の本格再建に直面する半年から一年ぐらい先のことである。そしてそのとき世間大部分の関心は別のことにうつっている。阪神大震災のときは2ヵ月後に地下鉄サリン事件があった。この度の地震でも2ヵ月後にインド洋の大地震が発生した。嗚呼なんたること。
◆【追記】今年最後のロト6の当たり番号がすごい。「27」「28」「29」「34」「35」「39」だって、ボーナス数字も「33」だ。だいたい誕生日で数字選択する人が多いようだから、「32」以後のナンバーが狙い目なんだろうけど、ここまで続くとね。それでも1等2億円がひとりいたからWびっくり。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-31 23:59 | 時事


<< 2005年はじまる      屍は生ける師なり(涙) >>