マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 01日

2005年はじまる

◆いつものことだが年末年始は本もなかなか読めないしビデオも観られない。子供が帰ってくるせいかもしれぬが、それでとくに忙しいということもない。なんとなく気分が落ち着かないのだろう。離散家族が久々に集うといっても実際は淡々たるものである。まあみんな健康なのでそれでよし。
 夜、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート、NHKBSの中継を視る。指揮者はロリン・マゼール、恒例のラデッキー行進曲はなかった。インド洋大地震の惨禍をみれば観客もパチパチ拍手で参加するこの曲はさすがにやり難いかもしれない。避寒に行ったヨーロッパ人が多数犠牲になっているらしい。とくに人口900万人のスウェーデンなんかは犠牲者1千人の見込みというからすさまじいものがある。
b0036803_11322854.jpg◆一日バックして昨夜の紅白は、お目当ての「マツケンサンバⅡ」だけ。とにかく災害の1年だったから、これぐらいド派手に演らんとね(観客参加の「ラデッキー行進曲」とはまた違う)。病気で余命宣告された後、はじめて瞠目したのがこのパフォーマンスだった。松平健のえらいのは、照れもせずに10年来堂々と続けてきたこと、さすがプロというか。金ラメ入りの着流しで鬘をかぶってサンバなんて、そりゃはじめはゲテモノ扱いで、お客もひいただろう(笑)。何ごとも継続は力なり。
 たまたまその前の波田陽区もみたが、「紅白の勝ち負けなんて誰も気にしちゃいませんから」いや、まったくその通りで思わず笑う、この人の芸で初めて笑った(苦笑)。洒落に流せる度量があればNHKもまだ捨てたものじゃないのだが。
◆さて、このブログも続けられるかぎりがんばろう、マツケンさまを見習って。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-01 23:59 | 身辺雑記


<< 中島みゆき「肩に降る雨」      オレ流、今年の10大ニュース >>