マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 31日

【ビデオ】「カラマリ・ユニオン」 フィンランド版大脱走

◆これまで気ままにテレビ録画した映画が山ほどあるが、なかなか消化できない。本作もそのひとつ。1985年のフィンランド映画で、アキ・カウリスマキ監督の初期作品である。おなじみマッテイ・ペロンパーが出ており、後のレニングラード・カウボーイズの原型となった作品であろうが、残念ながら筋書き等さっぱり分からない。あるいはそういう作品なのかもしれない。b0036803_22134991.jpg
 10何人かの男がエイラという“理想郷”への脱出を図るはなしであるが、登場人物の名前はみんな「フランク」ときておまけに全員サングラスをつけているという具合だから、ややこしいことこのうえない。下層世界の住民と上流階層との壁を描いているのかもしれない。カラマリとはイカの墨のことだそうで、タイトルはイカ墨同盟ってことかな。それもどうでもいいかもしれない。最後、マッテイ・ペロンパーともう1人がエストニアに小船で旅立つが、それも不吉な成りいきを暗示して終わる。エストニアへの旅立ちは他作品でもあったような、しかしもう忘れている。
 カウリスマキ監督の作品は音楽の選曲も見どころ(正確には聴きどころかも)であり、本作では“スタンド・バイ・ミー”が印象的だった。カウリスマキ映画の音楽集出してくれたら、買ってもいい。確約します。
◆漫画家の中尊寺ゆつこがガンで亡くなった、漫画はそんなに読んでいないが、ひとつの時代風景を見事に切り取って活写したという印象がある。まだ42歳だ。ガンという病気の恐ろしさをあらためて痛感。あと茶化している意味ではけっしてないが、本名が“小林幸子”だったということも知ってしまった。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-31 22:16 | 外国映画


<< 修行が足りんよ七之助クン      【NHK・BS】 「テキサス魂... >>