マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 03日

ナニワ・エムケイズ?

◆本日は節分、恵方(えほう、今年は西南西の方向)を向いて巻き寿司をまるかじりすればよいとかで、あちこちでまるごと一本の巻き寿司を売っている。そんなの下品な食べ方だよなと思うのは少数派か。
◆乗り間違い受験生のため「温情停車」した東北新幹線の件、くれぐれも美談扱いにしないことだ。これからの受験生が勘違いしてはいけません。受験会場にきちんと到着するのも、受験生としての試験能力のうちだろう。
◆昨日発表された近畿産業信用組合の青木会長(エムケイ・タクシーのおっちゃん)による大阪新球団構想、とても正気の沙汰と思えない。b0036803_20521881.jpg
 現在の近畿産業信用組合の主たる母体は経営破たんした関西興銀であり、2002年6月に預金保険機構が7000億円近い資金援助をしているが、それからまだ3年も経っていない。なおかつそれ以前にも破綻した大阪商銀や京都商銀の事業譲受で2100億円余の資金援助を得ている。近畿産業信用組合はいわば破綻した民族系信用組合をかき集めて、公的資金で肥大した金融機関である。
 これだけ巨額の公的資金を贈与された以上、わき目もふらず本業の再建に取組むべきであって、まずは金融機関としての存在感を示すべきだと思うが、はたしてその気があるのかどうか、今回のプロ野球新規参入意思の公表は金融機関経営者としての誠意が問われるはなしではないのか。
 一般論として、規制緩和や新規参入はウェルカムのイメージでとらえられがちであろうが、現実の新規参入となると玉石混交というか魑魅魍魎が侵入しかねない懸念がある。だから透明性のある新規参入ルールの策定が何より重要になる。
 プロ野球の場合は、「野球をどれだけ真剣に愛しているか」に尽きるだろう。したがって新規参入ルールとしては最低次の一条があってしかるべきだと思う。
 「球団名及びユニフォーム等に母体企業の商標あるいはロゴを一切入れないこと」
[PR]

by chaotzu | 2005-02-03 20:58 | 時事


<< 【読書】 ロバート・ゴダード ...      地方分権と「失敗する自由」 >>