2005年 02月 18日

希望退職で憧れの八重山生活?

◆日本たばこ(JT)が4千人の希望退職を募ったところ、5800人近い応募があって、なんと全社員の3分の一が退職することになった由。まあ40歳かつ勤続15年以上の希望退職者の退職金平均が3千万円というから、そりゃ手を挙げますわな。はっきりいってかなりうらやましい。
JTもタバコと医薬品事業の二本柱を唱えてさかんにCMしているが、企業理念としてみれば果たして両立するものか。なによりタバコをやめるのがいちばんの医薬品事業だし、社員も先行きを懸念していたということなんだろうな。
 自分の場合も、仕事はもういいや気分が横溢である。あとどれだけ生きられるかわからないし、もう自由にやりたい。現状は医者代がかかるので職場にしがみついているだけだ。だから3千万円超の退職金となれば、前の晩から行列にならぶだろう。b0036803_22392662.jpg
◆さて仕事を辞めるとしてどうするかだが、かねてから沖縄・石垣島に住んでみたいと思っている。ただし離島での田舎生活願望やいま流行りの“定年帰農”指向は毛頭ない、だいいちそんなの出来っこない。スタンスとしては人口5万人近い亜熱帯地方での小都市生活であって、根性が必要なカントリー・ライフではない。
 NHK・BSとADSL環境、コーヒー豆それに図書館と病院があれば十分だろう。家賃は案外かかるかもしれないが、酒、たばこ、パチンコはしないし、食費はもうそんなにかからない。なにより暖房費が要らないのが魅力である。八重山の猫は腹まる出しで眠っている。人間もそれにあやかって、だらだら暮らしてみたい気分である。西表島、小浜島、竹富島も近い。海辺の日陰で岩波文庫などを一日じっくり読めたらいいなと思う。恥ずかしながらこれまで人生大半の読書は日刊スポーツと日経新聞、それにマンガ本だった。映画もまだ見ていない名作がいっぱいあるし、あとは釣りが出来たらサイコーというか。
 まあ夢だろうけど、JTのおかげでおじさんの妄想がつのること(泣)。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-18 22:58 | OKINAWA


<< 【ビデオ】「旅路」デボラ・カー...      【NHK・BS】「その男ゾルバ... >>