2005年 02月 28日

イーストウッドに脱帽

◆米アカデミー賞、クリント・イーストウッド製作兼監督主演の「ミリオンダラー・ベイビー」が作品賞、監督賞など4部門で受賞した。「許されざる者」以来2度目の監督賞、作品賞になるが、1930年5月31日生まれだからもうすぐ75歳である。この歳になってなお人生の絶頂を極めているのだからもうおそれいりましたのひと言である。ちなみに高倉健とだいたい同年代ではないのか。b0036803_21424530.jpg
◆もともと日本になじみの深い俳優である。大むかし「ローハイド」というテレビ西部劇があって、イーストウッドはロディという若手の牧童を演じて人気があった。♪ローレン、ローレン、ローレン……、のテーマソング、たいていの人は聴いているのではないか。サントリーが同名の“バーボン”ウイスキーを売っていたこともあり、TVのCMでも著名である。
 「ローハイド」の後一時低迷したものの、イタリアに行ってマカロニ・ウエスタンで捲土重来、その後の大スターへの道はご存知のとおりである。
◆にもかかわらず、アメリカでは裏街道スターのイメージが長いことつきまとっていたように思う。マカロニ・ウエスタンやダーティ・ハリーでハデなアクション・スターのレッテルが貼られてしまい、それが災いしたのかもしれない。安定したスターの地位を得てからも、イーストウッドは「オレはただのアクション・スターだけではないんだ」と長い間ずっと訴えつづけてきたようにみえる。
 実際に本人が監督製作した作品のなかには“ダーティ・ハリー”路線とは一線を画す地味な佳作がある。なかでも「センチメンタル・アドベンチャー」のいい加減かつどこか哀しい叔父さん役や監督専念の「バード」なんかはとくに印象ぶかい。一方で商業的な成功を狙った作品も製作しており、なかなか一筋縄ではない映画人である。今回の2度目の受賞はアメリカ映画界が完全にイーストウッドを功労者として認めたということだろう。
 長い人生をかけて、イーストウッドは自分というものをずっと主張しつづけ、世間・業界にそれを認めさせたわけである。男子の本懐を遂げたというか立派なものだ。
◆それはそうと、先ほどの「ローハイド」みたいな昔の米テレビ・ドラマをずっと流してくれる有料チャンネルがないものか、「サンセット77」「ハワイアン・アイ」「ルート66」なんてもう一回見たい。あればすぐ契約します。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-28 23:59 | 映画周辺


<< 目にあまる労働組合の退廃      【読書】「仕事くれ」 ダグラス... >>