マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 13日

ブック・オフで文庫本の仕入れ

◆久々にブック・オフに出かけて、気晴らし本を仕入れる。
 購入したのは次のとおり。b0036803_21453165.jpg
・都筑道夫「なめくじ長屋捕物さわぎ~あやかし砂絵」
・  〃  「なめくじ長屋捕物さわぎ~くらやみ砂絵」
・  〃  「酔いどれ探偵」
・井上ひさし「不忠臣蔵」
・  〃   「東京セブンローズ」(上)(下)
・志水辰夫「花ならアザミ」
・松本清張「黒革の手帖」(上)
・東野圭吾「探偵ガリレオ」
・宮部みゆき「震える岩~霊験お初捕り物控」
・篠田節子「百年の恋」
・中島らも「今夜、すべてのバーで」
・柄刀一「ifの迷宮」
・小池真理子「映画は恋の教科書」
・浅井信雄「アジア情勢を読む地図」
 全部で15冊、しめて1575円也。松本清張、都筑道夫や志水辰夫は以前読んでいるはずだが、もうすっかり忘れている(苦笑)。テレビの影響による本もあるし、ハワイで客死した都筑道夫は再読方針である。
 読み終えて、持っていったら、1冊5~10円ぐらいで引き取ってくれるのかな。そうなると、ブックオフは貸本屋みたいなものかもしれない。まあその気はない、そこまでやるのは、出版業界に申しわけない。
◆しかし、ブックオフも高くなったものだ。105円本以外は定価の半額が売値だったのに、今や定価の7割程度の値付けになっている。たとえば380円の文庫古本が250円なんて誰が買いますか。新刊本に関しては街中の古本屋さんのほうが安いかもしれない。思いっきり買い叩いているくせに、欲張りすぎだ。
[追記]
◆そりゃそうと、
 大山「ドラえもん」の後任がとうとうきまった。水田わさびさん、30歳。「決定と聞いたときは号泣した」そうだが、そりゃそうだ。ドラえもんの声優となれば、いまや日本国民の公共財、人間国宝みたいなもんである。どうかプレッシャーに負けずに頑張ってください。「サザエさん」のワカメちゃんも交代のようだし。
[PR]

by chaotzu | 2005-03-13 19:26 | 読書


<< カメ&アンコー      【DVD】 「下妻物語」 いち... >>