マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 02日

【ビデオ】 「ピアニスト」 沈黙のエンド・ロール

◆2001年フランス/オーストリア映画、WOWOW録画ストックの消化である。正直云ってなんだかわけが分からない映画、それも最後までだった(苦笑)。b0036803_21555616.jpg
 いちおう、オールド・ミスのピアノ教師(もしかして処女?)と熟女好み青年との恋愛映画ということになるのだが、かなり風変わりな愛のかたちである。
とくに、いつも能面顔ピアノ女史が屈折していること。ポルノ・ショツプのビデオ部屋に出入りしたり、ドライブイン・シアターのカーセックスをのぞき見して、おしっこ漏らしたり(音つきです)のものすごさである。きわどいラヴ・シーンもトイレやアイスホッケー・クラブの用具室など、ところかまわずだから、誰か入ってきやしないかとはらはら気になってしまう。なんで、視ているほうが気をつかわなきゃならない(笑)。
◆日本でも東電OLの事件があったりしている。厳格なピアノ教師が変態的性欲に悶えるという現実もありなんだろう。ヒロインのありさまは歪んだ親子関係なのか社会の病理なのか、実のところよく分からない。
かくいう自分も脳内妄想を手紙にすれば、もう立派な変態異常人格者である。そのうち公園デビューするかもしれません、いやもうそんな元気もないか(笑)。
◆舞台はオーストリアのウィーン、ヨーロッパでは個人宅での演奏会があると聞くが、そんな場面もある。合間にホストが食事も出している。弦楽器をたくさん私蔵していて、いやでも音楽基盤の厚みを感じさせる。そして、そんな音楽の街にみもふたもないポルノショップも共存している。
 タイトルどおり、作中ではピアノの名曲たっぷりであるが、エンド・ロールになって、ぴたりと無音になる。テレビが故障したのかと思ったほどで、最後まで変った映画でした。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-02 21:59 | 外国映画


<< 【テレビ】 NHK「日本のこれ...      【DVD】 「トレーニング・デ... >>