マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 03日

【テレビ】 NHK「日本のこれから」いつまでも映すのよ「締念」さらしあげ

◆昨夜19時30分からのNHK討論番組「日本のこれから~どう思いますか格差社会」、食後の惰性でついついみてしまう。1週間でいちばんのゴールデン・タイムに「朝生」をやったみたいなもんである。真面目なテーマであるが、いまをときめくホリエモンや阪大本間センセイの出演に加え、「出演料ぶちまけ」のハプニングもあったりして、野球よりはるかに面白かった。仕切りが難しい生のバトル・トーク、今までのNHKではあまりなかった番組である。素直によくやったもんだと思う。
b0036803_21501731.jpg◆成果主義は是か非か、規制緩和をどう思う。字面通りならばウェルカムだろうが、実際はなかなか難儀な問題だ。論者が100人いるとそれこそ100通りの「成果主義」や「規制緩和」の意見がとびかう。それぞれの立場や利害があるからだろう。それに嫉妬心も混ざってくるから、議論が錯綜するいっぽうになる。だからNHKの二択あるいは三択アンケートは仕方がないかもしれない。設問を増やしても、それこそ誘導になりかねないし、短兵急に結論が出るものでもない。
 ただ、資産運用会社とか人材派遣会社なんかの「勝ち組さん」が唱える「成果主義」、「規制緩和」にはどうも違和感がある。「成果主義」=人件費の抑制、「規制緩和」=ビジネス権益の拡大じゃないのかとかんぐってしまうのだ。なかには「国際競争に勝てなくなる」といった意見まであるが、それこそ大きなお世話というものだろう。
 だからはなしが一方に偏らないのはまだ正常なあかしかもしれない。日本の社会がいっせいに片側に偏したらたいへんなことになってしまう。
◆パネリストの本間先生(阪大)と金子先生(慶大)、御両人の仲はどうみても悪そうである。本間教授は、この前の慶大跡田教授の大阪市長補佐官推薦でミソをつけた感が拭えない。大阪市諮問会議の他委員が知らないところで、人事に動いていたわけでそりゃまずいことだ。金子教授も同じ慶応の経済学者だし、よく同席したもの(笑)。この本間センセイ、昔大蔵省(当時)の財政研究所に籍をおいていたことがあるが、なぜか経歴上は伏せている。先の跡田教授にも同じ経歴がある。竹中大臣も確かそのはずだ。学者の世界にも隠れた人脈があり、そして各々の立場が意見を規定している。
◆いちばん、目立ったのはJALスッチー出身、人材派遣業の女性社長さん。フリーターに手厳しい意見など、もうホリエモン以上に目立っている。反発もかうだろうが、この方の場合自分のレゾン・デートルそのものだからああしか云いようがないだろう。小奇麗なことを喋るよりましかもしれない。この奥谷社長さん、いま話題のソフトバンク・インベストメント北尾さんと同じ神戸出身だそうだ。同年代かもしれない。どちらもキャラ立ちバツグンであって、とても神戸出身にはみえないアクの強さ(苦笑)。マスコミには大うけだろう。商売で成功するには、これぐらいでなくちゃいけないのかな。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-03 22:01 | 時事


<< 【ビデオ】 「刑務所の中」 本...      【ビデオ】 「ピアニスト」 沈... >>