マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 05日

「反日」パフォーマンスが培養する「嫌中」感情

◆中国の深センや成都で日本の国連常任理事国入り反対のデモ、さらには日本製品不買運動のニュース。中国共産党公認のパフォーマンスであるにせよ、よくまあ飽きずに「反日」をつづけられるものだ。恣意的な情報で踊らされている民衆~とくに若い人をみると、つい40年昔の紅衛兵を想起する。しかし、イノセントな若者を扇動して騒ぎ立てて、あとでその副作用に苦しむのは中国の人民である。10年近くつづいた文化大革命で中国社会がどれだけ疲弊停滞したことか。b0036803_22282058.jpg
 歴史は繰り返すというが、一部の出来事であるにせよ、またぞろ同じことを繰り返しているようにみえてならない。国の統治体制が根本から腐っているのだろう。間違った接木に花は咲かない。
◆日中が国交回復してから、いまがいちばんぎくしゃくしているのではないか、残念なことである。中国の人は「中国人みんながそうじゃない、一部のことよ」「本気にしちゃいけないよ」という、そうかもしれない。しかし、居丈高な「反日」でフラストレーションを発散しているとしても、満天下に自国の恥やカントリー・リスクを知らしめているようなものである。日系スーパーを襲撃するような「暴動」があっても、その原因は日本にあるといわんばかりの中国政府高官の発言などは失礼で、とてもまともな国家のとる態度にはみえない。
 なにより懸念するのは、日本人の「嫌中」意識のかつてない高まりである。日本社会も世代進行が進んでいる。中国の人はいったいそのことをどこまで理解しているのか。「反日」パフォーマンスがそれをいっそう増幅させているというのに。
 アジアの隣人として、公害対策や省エネなどで日本が協力できることはおおいにあると思うが、これだけ関係が冷えてしまうと、かつての宝山製鉄所のような日本の技術協力はもう難しいかもしれない。その当時においても紆余曲折ありでたいへんだったのである。新幹線技術なんかは難癖の多い特異顧客にセールスしているようなもんで、頼まれても固辞したほうがいい。
 さらにいずれ北朝鮮が崩壊することも目にみえている。そのとき「反日パフォーマンス」はスイッチ・オフ状態で、逆に日中友好の旗をふっているかもしれないけど、さてどうしますか。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-05 22:32 | 時事


<< 【ビデオ】 「半落ち」 お涙頂...      【DVD】 「フォーン・ブース... >>