2005年 04月 09日

追悼 岡田史子

◆本日の朝日新聞朝刊にて、漫画家岡田史子さんの死亡記事。
 あー、だんだんCOM出身の漫画家が消えていくなと寂しい思い。まだ55歳であったが正確には元漫画家といったほうがいいかもしれない。亡くなられたのはこの3日で既にお葬式も済んでいる。ほんとうにひっそりと逝かれてしまった。b0036803_17525587.jpg
◆1960年代後半の月刊漫画雑誌COMの新人漫画家コンテストで、華々しく登場したように憶えている。センセーションをまきおこしたといってもいいかもしれない。石森章太郎が激賞していた。
ただちょっと観念的すぎるというか難解なイメージがあった。作品数もそう多くない。10代でデビューしてから数年間で実質引退状態である。今から思えばデビュー時にあまりに評判になりすぎた、そのことが相当なプレッシャーになったのかもしれない。
 それでも、女性の漫画家が非女性漫画誌(現在の状況からみるとへんてこな表現だが)に進出していった、その先人としての貢献は不朽であると思う。同時期、ガロにも「つりたくにこ」という女性漫画家が登場していた。現在では、高橋留美子や柴門ふみ、近藤ようこ、石坂啓など「女流」の肩書きなしに活躍する漫画家は多数であたりまえになっているが、このふたりはそのさきがけだろう。後進にも大きな刺激と影響をあたえたのではなかろうか。 
 個人的にはつりた漫画のほうが好みであった。しかし、この人も難病にかかり若くして夭逝している。残念至極である。
◆わが想い出の漫画誌「COM」、初期三本柱の手塚治虫、石森章太郎は故人、永島慎二は断筆、ぐらこん出身の青柳裕介も亡くなり、長谷川法世、宮谷一彦はもう描いていない。そして岡田史子も亡くなった。
 まことにさびしきことなり。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-09 18:00


<< 【NHK・BS】「ラスト・シュ...      【NHKBS】 「100万ドル... >>