2005年 04月 12日

【ビデオ】「三匹の侍」 昔はカッコよかった霊界じいさん

◆1964年日本映画(白黒)、録画ビデオの蔵出し。
 テレビドラマが当たって映画化されたそのさきがけかもしれない。子供のころ、テレビでみた記憶がある。丹波哲郎、長門勇、平幹二朗、それぞれ一癖ある浪人トリオによるリアル時代劇が売りで、チャンバラの擬音に生の牛肉を切った音を使うなど話題になったのではなかろうか。b0036803_22311567.jpg
◆はなしそのものは、定番といえる悪代官と百姓もので、今みればちょっと退屈かもしれない。見どころは殺陣シーンと桑野みゆき、香山美子両女優の若き姿が拝めるところ。
 「三匹」というぐらいだから、相当むさくるしい浪人である、いわばアウトロー侍。ただ、リーダー格の丹波哲郎なんかはけっこう武士道精神にこだわっている。それにしても、昔の丹波哲郎はカッコよかったなと再認識。
 いちばん受けたのは、長門勇の岡山弁で“おえりゃーせんのー”という言い回しがよく流行りました。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-12 22:32 | 日本映画


<< 奈良の大音量オバサン      「反日無罪」の哀しい光景 >>