マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 13日

【DVD】 「人生は、ときどき晴れ」 しんみりタイトルの妙

◆2002年イギリス=フランス合作。イギリス映画お得意の底辺大衆もの。
とにかく邦題がすばらしい。いつもけちつけてばかりの映画タイトルであるが、本作は日本人の感性に訴えるグッド・ネーミングである。なお原題はオール・オア・ナッシング。
◆白タク運転手の父親はぐうたら、スーパーレジ係の母親はやつれきっている、老人介護施設雑役の娘は無口、ニートの息子は反抗してばかりと、どうみても明るい展望がみられない4人家族、おまけに母親以外の3人はでっぷり肥えている。住んでいる下町の団地は落書きだらけ、そこに住む若者も生気がない。
なんというか、どーにもこーにもやりきれんよという環境設定である。
これでドラマになるのかなあ。それがちゃんとなっている。
◆淡々かつ地味なはなしの進行であるが不思議に飽きさせない。白タク業界とかカラオケ・バーなど、あまり目にすることがないロンドンの一面を混じえながら、夫婦の再生そして家族の再生を描いた佳品である。
 人生は、ときどき晴れか、そうそう晴れの日もないとね。
 主人公の父親役、どこかでみた人だなと思っていたら、なんとハリポタのねずみ男だった。しょぼい役が似合うもしんみり巧いひと、日本ならば田中邦衛みたいな役者かな。
[PR]

by chaotzu | 2005-05-13 23:55 | 外国映画


<< 【DVD】「グッバイ、レーニン...      【NHK・BS】 「地下水道」... >>