2005年 05月 18日

【ビデオ】 「カタクリ家の幸福」 ホラー・コメディ?、ホラー・ミュージカル?

◆かつて、沢田研二=ジュリーは大スターだった。「勝手にしやがれ」「時の過ぎゆくままに」
「TOKIO」……、紅白のド派手衣装もすごかった。耳に剃刀の刃をぶらさげたり、電飾付きパラシュート。なにをやってもさまになるという、まさに「太陽を盗んだ男」。
ああ、それがなんでこんな映画にまで出るんだろう(泣)。よりによってカタクリさんだ。
b0036803_22165532.jpg◆2001年日本映画、三池崇史監督作品ははじめてである。いちおうミュージカルらしいが、ホラー、コメディ、アニメまでぶっこんだなにがなんだか分からないちゃんこ鍋映画。
ジュリーは百貨店の靴売り場をリストラされ、一念発起したペンション・オーナーだが、ペンションの名前からして「白い恋人たち」で、客は来そうもない(笑)。
そもそも、この人にスラップ・スティック・コメデイは似合わないのではないか。
 ところどころ、笑えるギャグはあるが、もうひとつ乗り切れない。あれもこれも詰め込みすぎなのだろう。見どころはジュリーと松坂慶子のツーショット・カラオケ風映像ぐらいか。松坂慶子はやっぱり美人だなあ、それだけに「卓球温泉」あたりまではギリギリ許せるが、この映画はなあ。真知子巻きスカーフ&パジャマ姿で唄っているよ(泣)。
がまんして最後までみたが、虚しさがビュービュー吹き抜けます。
 くどいようだが、沢田研二や松坂慶子をこんな役でつかってはいかん(怒)。
◆それでも笑わせてくれるのは、忌野清四郎のペテン師。エリザベス女王の甥っ子で秘密諜報部員だそうで、もう天然のいかがわしさぶり。そして、霊界おじさん丹波哲郎の怪演、奇声発して飛ぶカラスを撃墜するわ、唄まであるわの大奮闘。格好よかった昔のイメージはもう台無しである(泣)。
[PR]

by chaotzu | 2005-05-18 22:24 | 日本映画


<< 長者番付~時代はキヨハラ部長      もういいでしょう、在日容疑者の... >>