2005年 05月 30日

新プロジェクトX「経済成長を支えた談合戦士たち」(嘘)

◆最近叩かれっぱなしのNHK「プロジェクトX」、もう隠れ企業ヨイショ番組であることがバレバレなんだから、いっそ開き直って企業礼賛番組に改編したらどうだろうか。ちょうどうってつけのテーマがある。「談合の星」だ。
b0036803_2149274.jpgたまたまそのポジションにいたがため罪に問われたが、サラリーマンとして一生懸命会社のため尽くしてきたのである。同じことをやっても、昔なら重役になり悠々自適の人生が今や刑事被告人である。まさに“崖の上のジュピター”“水底のシリウス”みたいなものだ。志なかばで倒れた企業戦士を悼んで、なんの不都合がありましょうか(笑)。

◆(ナレーション)悲痛な叫びだった。このままでは業界が共倒れになってしまう。いや弱肉強食でいずれ大手の寡占状態になってしまう。なんとしても赤字入札はやめさせねばならない。
 ひとりの男が立ち上がった。話し合いが必要だ! 業界行脚がはじまった。
 業界の異端児といわれる八坂工業には名物オトコがいた。ヤサカのジンゴだ。何ごとも胸襟を開けば分かってくれるはずだ。
 「オール・フォー・ワン、ワン・フォー・オール。一社は業界のために、業界は一社のために。なにごとも共存共栄だ」 みんながその気持ちにうたれた。
◆ゲスト出演元××橋梁△△専務さんの述懐(落葉会の元代表幹事)
“私どもだけの努力じゃとてもとても、役所や公団のご担当の方のご理解ご協力を賜りましての業界秩序です”
“これまでも公取さんにはだいぶご理解いただきました、たまに行儀の悪いもんがおって課徴金もありましたけど、まあそれは一部のことでして”
“どこの世界でも不平分子の文句たれはおります、まあ検察さんが取り合わないでしょうけど。それだけに、こんどの(摘発の)件は意外ですねえ。経団連の偉い方も認めてるし、国民の多数も肯定してるんじゃないですかねえ。だいたいダンピングの不良業者に大事な工事任せられますか”
“いちばん難儀なんは政治家のセンセイの横ヤリですわ、献金出してそれ以上に無理云うてきますから”
“なんちゅうても和が大事ですね。聖徳太子さま以来の日本のよき文化ですから。これからも頑張って守りきってもらいたいですね”
◆(エンディングテーマ)
♪ヘッドライト・テールライト 談合はまだ終わらない
 ヘッドライト・テールライト 談合はまだ終わらない
 もう好きなだけやってくれ(笑)。
[PR]

by chaotzu | 2005-05-30 21:55 | 時事


<< 【DVD】 「喜劇・駅前茶釜」...      【DVD]】 「喜劇・駅前飯店... >>