マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 10日

架空請求詐欺団 バトル・ロワイヤル特区案(嘘!)

◆アツいアツい、とにかくアツい。梅雨が来る前に真夏日到来である。寒さもいやだが、暑いのもたまらない。あまりのアツさに妄想がつのること。
◆かつて我が家にまで配達された法務省認可法人(財)日本債権管理回収事務局からの「電子消費料金請求書最終通告」、同じかどうか定かではないが、同様の差出人グループ、つまるところ詐欺団が内紛状態らしい。もう4人ほど仲間割れで殺害されている。おおかた詐取した金の分配で揉めたのであろうが、もうお好きなようにどんどんやってくれである。どうせ生きていてもろくなことはしないだろう。
もっとも、最後まで警察当局の手を煩わせており、とことん納税者に余計な負担をかける連中である。
 いっそのこと、どこかの無人島にでも集結させ、そこは当面治外法権にでもして、好きなふうに分捕り合戦やらせてみればどうだろうか。もちろん、最終ウィナーに課税するのは当然だ(笑)。
◆いってみれば「架空請求団BR特区」である。文字通りキル・ビル(請求書)だ。
沖ノ鳥島がもうちょっと広ければ、東京都知事が申請してくれるかもしれん。いや5畳もあれば十分だろう。執行責任者はちょうどハマウズさんがヒマになるじゃないか。けん銃ふり回すの好きそうだし適任だ(笑)。
 それにしても、つまらんことにアタマを浪費して、ゲーム感覚でお金を騙し取って、あげくしょーもないことで命をなくして、なんたる無駄遣いの人生してるんだろうか。コイツラは(嘆)。

◆いっぽう、中野新橋のほうのバトル、49日もすまぬうちから、はやまっさかりである。週刊誌に夕刊紙、真贋不明の情報が乱れとんで何がなにやらである。おきまりの元家政婦が出てきた。ライターが出てくる。相撲界の関係者がでてくる。あげく朝早くから本人も出てくる。不撓不屈の精神でバトってどうするんだろう?もうどうでもいいですよ(苦笑)。ぶちまけるほどにひいてしまう。
 横綱は技量のみならず人格識見秀でた関取を推挙するなんて、かつて真顔で信じていたが、もう撤廃する時期なのかな。
このところ朝ショーリューが立派にみえること。
[PR]

by chaotzu | 2005-06-10 22:49 | 時事


<< 【DVD】 「喜劇・駅前団地」...      【ビデオ】 「大阪物語」 漫才... >>