2005年 06月 20日

【DVD】 「デュエリスト-決闘者」 ストーカー映画巨匠の処女作

◆1978年イギリス映画。イギリス人のリドリー・スコット監督の第1作は、ハリウッド俳優によるフランスが舞台の物語である。皇帝ナポレオンの時代、決闘オタク(ハーヴェイ・カイテル)につけ狙われて、何度も決闘するはめになる気の毒な同僚将校(キース・キャラダイン)のはなし。b0036803_2211220.jpg
◆実はカイテルが同僚のキャラダインを好きだったという隠れ設定だったかもしれない。だけどキャラダインは鈍感というかいつまでたってもつれない。そこで、自分の存在をみつめてほしいというわけで、とうとう「決闘」をだしにしたストーカー行為に及んだというわけである。いわば究極の愛の表現だ(嘘)。
その結果、15年間で5回(たぶん)も決闘することになる。200年前の昔は、愛情のやりとりも命がけの行為だったのであろうか。現代人の感覚でみればキ○ガイ沙汰であり、とても理解できないだろう。

まあ、そんな映画である。ストーカー男も最後はさすがに虚しさというかバカバカしさに気づかざるを得ない(笑)。そして、観てるほうはもっとムナシくなる。映像が美しいのが救いである。
◆参考までに付記すると、R.スコット監督の2作目もストーカー映画である。こんどは未来世界でなんと宇宙船のなかという密室設定である。何にも考えていない人格障害的なストーカーが登場する。ただ女の子を追いかけ回す不気味な奴だ。そしてヒロインのショーツに指先がかかる寸前まではいく。しかし一部観客の応援もむなしく、ラストはあっけなく宇宙空間に放り出されてしまう。ストーカー映画の金字塔として評価する向きもある。
 さらに、同監督の3作目もストーカーを描いた映画である。こうなると監督の趣味というか病気かもしれない(笑)。おまけにストーカーの対象は人間ではなく人間型のロボットだ。これもけっこう名作評価が定着している。
 こうなると、柳の下にドジョウが三匹もいたということになる。

 ふーっ、あんまりアツいから無茶苦茶書いてしもた。
[PR]

by chaotzu | 2005-06-20 22:18 | 外国映画


<< 【DVD】 「神阪四郎の犯罪」...      沖縄県民、かく戦えり >>