マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 27日

【DVD】 「夫婦善哉」 頼りにしてまっせ、おばはん

◆1955年東宝映画
ムカシみたとき、こんな甘えたぼんぼんの放蕩ばなし、どこがオモロいねん、自業自得やんけ思いましてんけど、いまあらためてみますと、胸にしみまんなあ。
ほんま年いってみたほうがだいぶよろしおまっせ。あんさんもそうしなはれ。
ラストの雪のちらつく法善寺横丁でふたりが寄り添うとこは名シーンだ。
いや、ほんま男女の愛情ちゅうもんは奥深いもんでんなあ。
b0036803_21292292.jpg◆まえ、テレビで「東京ラヴストーリー」ちゅうドラマがおましたけど、これは織田作センセイの「大阪ラヴストーリー」でんなあ。だいぶドンくさいけんど。元祖「(ゼニを)取れんディ・ドラマ」や。
森繁はんの若旦那柳吉、甘えたでワガママの道楽モンやけど、根は優しいんでっせ。お景ちゃんの芸者蝶子はそこに惚れまんねん。そやけど手代の長助みたいなワルもおる。柳吉をそそのかしてつけこみよるなんて、ほんま何してけつかんねんだ。そいでオナゴはんにはいいとこみせたいんやけんど、うまくいかへんもんでどんどん屈託してまうんですわ。
きょうびの大阪にはこういうお人よしはもうおまへんな、船場のぼんいうたら、いまや村上ファンドの社長さんでっせ。あとは長助みたいなタカリばっかりや(嘆)。
そやけど、オトコ本位のムシのいい映画やありまへんで、弱いオトコのどうしようもないやりきれなさ、もう堪忍してえなあちゅうとこですわ。そいでオナゴはんはとことん強いでんなあ、昼間っから障子閉めるとこなんか、そらあんさん、ぎょっとしましたがな(汗)。
◆まあ森繁はんと千景はんの関西弁を堪能しとくんなはれ。
蝶子が自殺未遂を図ったとき、あわてふためく柳吉の関西弁なんかオモロイでっせ。
「生きる」の八段活用してますわ(笑)
“生きてまっせ”
“生きているかな”
“きっと生きてるねん”
“どないしよ生きてるがな”
“生きてるか”
“生きてまんな”
“生きてまっせ”
“ほんまに生きてんねん”
◆柳吉の勘当がとけへんで代わりに婿養子に入る京一、憎たらしいやっちゃが、なんと山茶花究でおますわ(笑)。なんかイヤミな役者がおった思てましたけど、駅前シリーズの軽みとは、別人でんなあ。なんせ“キチガイみたいなきれい好き”と陰口を叩かれてまっせ、もうソーレン屋みたいな根クラなやっちや。コメディアンが冷血人間やると怖いいいまっけど、ほんまそうでんなあ。
まあこの人も変わった役者さんでおました。
[PR]

by chaotzu | 2005-06-27 21:36 | 日本映画


<< 追悼 遠井吾郎      【NHK】 「日本のこれから〰... >>