マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 09日

小津安二郎 ミュージック・アンソロジー

◆「東京暮色」のメインタイトルが耳にこびりついてはなれない。
映画の内容はとことん陰鬱なのに、音楽はどこまでも軽快である。いったいなんだ?
それで、とうとうCDを購入してしまった。もうバカとしかいいようがないよ。b0036803_19283092.jpg
・「小津安二郎 ミュージック・アンソロジー」。2枚組全89曲、
3800円(泣)。
ただし、サントラのマスター・テープが残っているのは「秋日和」「小早川家の秋」「秋刀魚の味」の3作だけで、残りの16作はフィルムの音声トラックからのリマスターである。
フィルムの原版もそうだが、かつての映画保存意識の稀薄さときたら……、今さら云っても詮ないことか。


◆お目当ての曲は、斉藤高順作曲の「サセレシア」、2分ほどの短い曲である。
これと「秋日和」(同じ斉藤高順作曲である)のサントラだけMDに録音して、BGMで流す算段だ。
正直に云うと、気持ちが落ち込んだときに聞くためである。

それで、ふと、テレビをみたらP&GのファブリーズのCMで、なんとこの「サセレシア」が流れている。ありゃりゃ、もしかすると既聴感覚があったかもしれません。
だから、日本人のほとんどは聞いているはずである。
それにしても、半世紀近い昔の映画音楽が、除菌商品の宣伝で使われているとは。
ほとんどの消費者はただ聞き流しているだろう、ワタシもそうだった。
おそらくCM製作のひとに個人的な思い入れがあったんだろうな、そう思う。
[PR]

by chaotzu | 2005-07-09 19:34 | 映画周辺


<< 【DVD】 「続へそくり社長」...      【DVD】 「お早よう」 テレ... >>