マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 28日

内藤洋子~かつて「白馬のルンナ」のレコードを買った

◆昼休み、テレビをのぞくと内藤洋子が出演している。いや、いまは喜多嶋洋子か。テレビCMなどで部分的に復帰したとは聞いていたが、ワタシがリアル映像をみるのは35年ぶりである。
若いひとにとっては、内藤洋子・フー?かな、喜多嶋舞の母親と説明したほうが手っ取り早いかもしれない。55歳、まだおばあさんにはみえない。
◆40年ぐらい前、青少年のハートをわしづかみにした存在だったのである。テレビドラマ「氷点」の陽子、映画では「伊豆の踊り子」や「赤ひげ」などに出演、美少女の域を超えた「聖少女」的存在だった(汗)。少年少女雑誌のグラビアにも毎月登場、今どきのアイドルの百倍は人気があったのではないか。b0036803_07453.jpg
歌も出している。「白馬のルンナ」、これが大ヒットしたのである。
♪ルンナ 月の浜辺の ルンナ
 ルンナ 星を見つめている ルンナ
作詞は松山善三、今となれば気恥ずかしい唄でもあるが、友だちとよく聴いたものである。もうええのう、ええのうの連発、内藤洋子は便所なんか絶対行かんじゃろと、田舎のこどもは純情かつ大真面目であった。

◆それが、20歳になるかならずかで突然結婚して姿を消してしまったから大ショック。「拉致」したキタジマ某というミュージシャン、まことにけしからん輩であるとあちこちで悲憤慷慨のアラシだったが、今おもえば、ファンによる過剰なまでの偶像化に嫌気がさしたのかもしれない。まことに国民的アイドルというのは楽ではない。吉永小百合は実に偉大である。
そうか、あれから、もう35年になるのか。

◆絵本作家としてデビューするそうで、テレビ出演はそのプレゼンテーションのようである。
それにしても、伝説あるいは神話がほとんど完成しつつあったのである。35年も経てば昔日の聖少女オーラはさすがに退色する。なんだかもったいなく思わないでもない。
まあかつてのファンの身勝手な思いであり、大きなお世話そのものなんですが。
[PR]

by chaotzu | 2005-07-28 00:10 | 映画周辺


<< 【DVD】 「社長洋行記」(正...      【DVD】「社長道中記」 ♪カ... >>