マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 23日

【マンガ】「のだめカンタービレ」 天然異才娘の成長物語

◆ここ何年来ずっと禁煙、禁酒(除くワイン少し)そして禁マン?、鉄壁の3原則でやってきたつもりであったが、あっさりと鉄の一角を破ってしまった。毎度のコンジョなし男である。ぎゃぼ~っ!
同居人が読んでいるマンガ、二ノ宮知子の「のだめカンタービレ」、いい年こいたオバハンがひとりげらげら笑っている。みっともない、ナニみとるんや。NHK教育の音楽番組で紹介されたらしい。
かなり前から評判のマンガだったそうだが全然知らんかった。どれどれと一冊とってみたのがウンの尽き、あっという間に12冊読んでしまう。

b0036803_2125845.jpg◆いやオモシロイです、始めのうちは「動物のお医者さん」に似たような印象、だけどギャグはパワーアップしており、もう腹を抱えて大笑いする。免疫力がだいぶアップしたかもしれない。
セクハラ親父にしかみえない合コン大好きのホルスタイン先生、大きなコントラバス抱えた小柄な貧乏女子学生の恋、打楽器の女王?の登場。そして学園祭でヒロインのマングース・コスプレに腹を抱える。憧れの千秋先輩へのバレンタイン・チョコは福引で当てたアニメキャラのペロテイチョコ、先輩が“こんな程度だったのか”とショツクを受けているが本人は意に介さず、卒業試験の曲がリストの「村の居酒屋の踊り」だと聞いて大笑いの追いうちをかけたりするのである。だけど、その先輩も友人宅の中華料理店「裏軒」でクラブ・サンドとエスプレッソコーヒーを平然と注文したりしている。さらにその中華オヤジもなかなかのナイス・キャラであるといった具合。とにかく奇人ぞろいだが、ワルい奴はほとんどいない。

◆もっとも、ギャグは本線にあらず。正統なクラシック音楽の紹介漫画であり、かつ音大生であるピアニストの卵の野田恵(のだめ)とその先輩で指揮者を志望している千秋真一の成長物語である。
ヒロインの“のだめ”、音大のお嬢さんと思いきや、楽譜読みは苦手、部屋はゴミ捨て場、入浴嫌いでアタマが臭い、同級生の弁当をかっぱらう、そして憧れの千秋先輩にストーカーまがいの突撃をかまして勝手に夫婦気取りをする、天然変態?娘。
それが一度聴けばなんでもたちまち弾ける並はずれた音感の持ち主で、天才ピアニストの原石なのに幼稚園のせんせい希望という設定である。おじさんはこういう若者の成長物語にはとりわけ弱い。見果てぬ夢はダレかがかなえてほしい。

◆担当教授の計らいによる千秋先輩との連弾、ハリセン先生と二人三脚のピアノコンクール出場などたくさんの演奏シーンが登場するが、みんな作中の音楽がどこかから聞こえてきそうである。ラフマニノフ、ブラームス、ドビュッシー……、スコアのひとつから一場面一場面をていねいに描きこみ、かつコマ割りも「音響効果」を細心に計算しているのだろう。
ひさしぶりに集中してクラシックを聴きたくなったぐらいだ。

◆おすすめは番外編「リカちゃん先生の楽しいバイエル」、のだめの子供時代のはなしである。「ウンコ」「オナラ」ばかり絶叫して、ろくにピアノを弾こうとしないのだめとリカちゃん先生の感動的なエビソードである。
このマンガはいずれドラマ化されると思う。まちがいなしデスよ。
[PR]

by chaotzu | 2005-08-23 21:31


<< 【NHK・BS】「運が良けりゃ...      【ビデオ】 「濹東綺譚」 偏屈... >>