マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 29日

おめでとうございます!阪神優勝

b0036803_2326412.jpg◆自民党の選挙勝利はほとんど詐術同然といってよいが、こちらは正々堂々たるものだ(いや負け惜しみじゃないですよ)。
勝つべくして勝った試合、まるで大相撲千秋楽、朝青龍と栃東の対戦みたいであった。
岡田監督、なかなかやるもんだ、これまで星野氏の存在感が大きすぎて気の毒な面があったが、これでだいぶ払拭したのではなかろうか。他球団経験と二軍指導者、これがこれからのプロ野球監督の必須条件だろう。そうなってほしいものだ。

◆それにしても、巨人の不甲斐ないこと、立会いから呑まれてしまっている。選手は悔しくないのだろうか、負け試合でヘラヘラ笑っているような監督では仕方ないか。
強いチームをつくるのは時間がかかるが、弱くするのは一瞬である。コイズミさんが自民党をぶっ潰したかどうかはまだ分からないが、野球チームとしての巨人軍は完全にぶっ壊れた。その貢献者はナベツネのおっさんとナガシマ名誉監督、そしてホリウチさんだろう。A級戦犯ひとり挙げるとしたら、人事権のあるナベツネ氏か。このおっさんが退場しないかぎり、フロントのコバンザメも居残るので、巨人の長期凋落傾向に歯止めはかからない。いや、ふつうの球団になればいいことだ。

◆いっぽうパリーグのほう、もしかしたら、通算勝率で5割に満たない西武がバリーグ・チャンピオンそして日本シリーズの覇者にもなるかもしれない。短期決戦は強力な先発投手を擁しているところが有利である。西口、松坂の2枚看板がフル回転すれば、どうなるか分からない。しかしちと不条理すぎはしないか。89勝もしたソフトバンクがプレーオフというのは、どうも釈然としませんな。
[PR]

by chaotzu | 2005-09-29 23:33 | 野球


<< 【DVD】「桃色の店(街角)」...      【DVD】「サイドウェイ」人生... >>