2005年 10月 05日

プロ野球戦力外通告の季節

◆社会人の人事異動は4月が多いが、プロ野球の選手となれば10~11月が人事の季節である。ドラフト指名で来るひともいれば去るひともいる。かつてのスター、夢破れたドラフト1位、故障に泣いた選手、ついこないだのルーキー……、スポーツ選手の悲喜こもごもである。プロ野球のコアなファンならば、こういった人事往来にも興味ひとしおだろう。
しかし、ほとんどの男児なら単なる夢で終わったことを、いちどは実現したのである。プロに入ったことだけでもたいしたことだ。ダレでも滅多に出来る経験ではない。けっして「負け犬」なんかじゃないのだから、第二の人生は胸をはってガンバレよと云いたい。

◆戦力外通告といっても、いろいろあるだろう。
・そもそもプロ選手としての体力・才能がなかった。スカウトのメガネ違いの場合もあるかもしれない、このケースでは見切りをつけるのは早ければ早いほどいい。若いうちならいくらでも人生のリセットは可能である。高卒で4年間、大卒等で2~3年間一軍出場がなければ、もう見切りをつけたほうがいい。ただ、なかには球団との相性が悪かった場合もあるかもしれない(後述)。
・治癒困難な故障あるいは健康上の疾患を抱えた選手、運が悪いのひと言である。しかし、人生は長い、再起の機会がないとはかぎらない。
・素行不良の選手あるいは自己管理ができない選手、これはもうどうしょうもない。いかに才能があろうが切るしかない。二軍等の成績からみて不自然なクビがあれば、このケースだろう。
・指導者との折り合いが悪い。実はこういう場合も少なからずあるのではないかと気になっている。たまたま最初に入った球団との相性がなかったのだ。これがいちばん辛いケースじゃなかろうか。

◆選手と指導者との確執?ということでは、今をときめく阪神タイガース今岡選手と野村監督(当時)の折り合いを思い出す。今岡選手にしてみれば入団3年目、バリバリの主力にのしあがろうかというときで不幸な出会いだった。はじめは些細なことがきっかけだったのだろうが、相性が悪いとどんどんこじれてくる。おまけに相手は粘着質で名高い監督である。しまいに監督があちこちで「アイツは何を考えているのか分からん」「気迫が感じられない」とまでしゃべりまくる。わたしのみるところ、これは野村監督のほうが悪い。一見マスコミを利用して選手の発奮を促しているみたいであるが、実のところは小遣い稼ぎの講演会でも「今岡ネタ」をさんざんつかっていた。
“このタイガースという球団は、選手がなにを考えているのかホンマ分からないんですわ、たとえば今岡という選手がおるのですが……” 身振り手振りを交えて面白おかしくしゃべる。どうみても選手に対する愛情が感じられないのだ。
今になって、「好き嫌いで選手起用する監督は最低ですよ」とかいっているが、あれだけアチコチでしゃべりまくったら、選手のほうが不信感をもつのは当然というものである(苦笑)。
もっとも、ノムラさん自身も阪神球団との相性が悪かったといえるかもしれない。
この今岡選手の場合はドラフト1位選手だからクビがもったのである。下位指名の選手だったら、さっさと自由契約になっていただろう。

◆新入団した選手が最初に接触するのが二軍の指導者である。ある意味で、既にプレースタイルが完成した選手の相手をする一軍指導者以上に重要なポストであると思うが、現実は待遇も位置づけも一軍より格下にみられている。実際には社会人としての教育も職務範囲だろう。だからこそ一軍のコーチよりも高待遇の二軍コーチがいてもおかしくないと思うのだが、あまりみかけない。
一、二軍の指導者の役割分担なり適正は全く異なるものであると思うが、そのことがどれだけ理解されているか。今なお二軍コーチに「降格」なんて人事もまかりとおっているぐらいだ。辛口でしじゅう難癖ばかりつける、悪いところばかりみてすぐいじりたがる、そんなコーチにずっとボロクソに云われつづけて、あげく開花することなく見切られる選手もいるのではなかろうか。
前述今岡選手のケースは一軍にいたから周知のことになったが、二軍となれば、ブラックボックスなのである。

b0036803_2214359.jpg◆去るひともいるが、戻ってくるひともいる。巨人は原監督が3年ぶりに復帰した。この前の退任はいったいなんだったんだろうとつい思ってしまうが、それはおいとくとして、いい顔つきになっている。やっぱりこのひとしかいないかな。
[PR]

by chaotzu | 2005-10-05 22:29 | 野球


<< ゆかりとさつき      節度が大切、郵便局の投信販売 >>