2005年 10月 06日

ゆかりとさつき

◆特別国会たけなわというのに、タイゾーくんがまたお騒がせである。学生時代の国民年金保険料未納とかオンナのコを妊娠中絶させた過去を発掘されまくっている。マスコミにしてみれば、思わぬ鉱脈発見だから有頂天で大はしゃぎである。いやそう見えてしまうのだが。
しかし、こうなったら、タイゾー、イイゾー!もっとやれやれである(苦笑)。
たしかに歯医者のどら息子というか、苦労知らずのおぼっちゃまくんの行状は誉められたものではない。
しかし、中川大臣の国民年金未納歴のモノすごさと比べてみよ、そして山崎“飲尿”センセイの変態ぶりと比べてみよ、まだ可愛いもんではないか。タイゾーくんが触媒になって、自民党に思わぬ化学反応を引きおこすかもしれないぞ。

b0036803_2256069.jpg◆いわゆる「小泉チルドレン」のなかで、タイゾーくんより、もっと胡散臭い連中がいる。この前も同じようなことを書いたがまあいっか、きょうは感情任せだ(苦笑)。
「ゆかり」といえば、坂角の海老せんべい、本来大好物なのである、ところが「ゆかりしてね」の佐藤ゆかり、この新人代議士の舞い上がりようはどうだろう。もしかすると政治を為すことよりも、政治家になることが目的だったかもしれない。選挙区では負けているくせにである。ついでに不倫の始末はどうつけたんだといいたい。
「ゆかり」よりもっと気分が悪くなるのが、片山さつき。マスゾエ氏の元嫁といったらもう旧いか。元ミス東大のふれこみだそうだが、あのタカピーな雰囲気はいったいなんだろう。
“わたしは答弁書を何年も作ってきたのよ”
“議員会館なんて慣れたもんよ”
もう、「そこらの新人議員といっしょにせんといて」ビームを放散しまくっている感じなんだが、なんだかおっさん議員みたいにみえてしまう。人間を外観で判断してはいけないのだろうが、年輪を重ねて滲み出すその人なりの魅力がサッパリうかがえない。まるで権力欲の権化みたいで醜悪である。いったい、官僚時代になにを学んだのだろうか。出世の知恵だけ仕込んだといったら云い過ぎか。土下座も辞さない計算高さのいっぽうで、庶民の哀歓、生活の実相なんてあまりご存知ないだろう。まあテレビで拝見すると不愉快になるいっぽうだ。
コイズミさんは自分がつくった大量の新人議員にいずれ足をひっぱられるだろう。
[PR]

by chaotzu | 2005-10-06 22:59 | 時事


<< 【DVD】「デブラ・ウィンガー...      プロ野球戦力外通告の季節 >>