マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 23日

神戸市長選投票率はぎりぎり30%

◆日本シリーズはロッテがまたも大勝、いやほんとにロッテは強い。ホークスとの修羅場決戦を経てさらに強くなったようだ。だけど、1点差でも10点差でも負けは負け。
阪神ファン“千葉ではこの辺にしといたるわい”(泣)

◆さて、本日投票の神戸市長選、予想通りの現職再選である。開票開始直後に当選確実のアナウンス、まだ公式の開票率が0%というのにどうなっているんだ。ほんとにトホホである。ちなみに投票率は30.23%で前回選挙よりも8%低下した。もしかすると、神戸市役所とその外郭団体の職員家族、そして取引業者筋が投票者の大半かもしれない(苦笑)。なんといっても市役所が市内最大の事業所である。そして残る7割の棄権者はすっかりしらけている。
しかしこれで来年2月に開港予定の新空港が再度信任された理屈になる、市民の血税投入にはずみがつくだろう。今度は「もう出来てしまった施設だからムダにするのはもったいない」という理屈が堂々とまかりとおる。まさに作ってしまったもん勝ちである。建設事業費の穴埋めに加えて運営費の赤字補てんまで、市民はずっと余分に搾取されることになりかねない。
それにしても、対立候補の42歳起業社長氏、「市政の民営化」をスローガンにしていたが、かつて「株式会社神戸市」ともてはやされた歴史があることを承知で云っていたのかどうか。株式会社に擬せられて調子にのって突っ走ったあげくが今日の惨状である。そして阪神大震災がそのポロ隠しになった。

◆来月は大阪市長選である、民主党はもう同じ轍を踏むべきではない。辞任した関市長が芦原病院への無担保貸付130億円問題のみそぎをもくろんでいることはみえみえである。やっと大阪市問題の本丸のひとつ=同和利権が表面化してきた。芥川竜之介の「蜘蛛の糸」みたいな醜態なり暗闘がこれから展開されるだろうが、利権と一蓮托生の勢力と手を組むようなことがあれば、もう政党としての将来はない。それは間違いない。
[PR]

by chaotzu | 2005-10-23 23:30 | 時事


<< 【DVD】「美しき諍い女」 画...      下北沢のマンガ読み屋 力丸さん >>