マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 14日

共産党不破議長の遅すぎる退任

◆雨降り日和であるが、気温はぐんぐん上昇し、まるで春の先取りみたいな一日。スキーツアーのひとには申しわけないが、やれやれこんな日が続けばいいのにな。

◆さて、本日閉会した日本共産党大会で、不破中央委員会議長がとうとう退任した。1970年代から政界の第一線にずっといたのだから、日本の現役政治家のなかではおそらく最古参だろう。かつての共産党のプリンスであり、一時は国民的な人気もかなりあった。街頭演説でもかなり人が集まっていたように記憶している。
しかし、今となれば、それもすっかり色あせてしまい、辞めるのが遅きに失したという思いしかない。正直申し上げて晩節を汚したのではないか。

◆1970年代のそう遅くない時期に民主連合政府が誕生すると高らかに打ち上げた。しかし、いま振り返ってみれば惨憺たるものだった。わたしより年長の団塊世代のなかには、この民主連合政府構想にすっかり熱中してしまい、お金どころか人生そのものを共産党に捧げつくしてしまったようなひとがいる。ある意味で詐欺にあったようなものである。
現実は民主連合政府が実現するどころか、結果として自民党政権の延命に手を貸してきたありさまである。しかるにその最高責任者の首にダレも鈴をつけられなかったわけだ。これだけ選挙で惨敗がつづけば、普通はトップが責任をとって辞めるのがジョーシキというものだが、「善戦健闘」なるわけワカメな選挙総括で居座ってきたわけである。
それどころか、「衆議院小選挙区選挙供託金支援基金」を満場一致で採択したという。とても信じられない(苦笑)。ほんとによくやるよというしかないが、はっきり云って人事の不透明性や多様な意見の封殺は、ただ今将軍様巡業中の某国労働党と大して変わらない。いくらいいことを唱えていても、これではダメなのである。

◆と書いてきたら、なんと常任幹部会員には残るらしい、アジャパー、故いかりや長介じゃないが、ダミだこりゃ。
[PR]

by chaotzu | 2006-01-14 23:11 | 時事


<< 最高裁がインチキ金利に喝      【DVD】「アンドロメダ……」... >>