マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 28日

東横イン“チキ”ホテル 某トップ流弁明術

◆東横インの西田某なる社長の釈明会見、実に噴飯ものであった。ああ日本人の品性、とうとうここまで落ちたのかと嘆かしめるほど、まさに恥も外聞もない言訳である。だけど、この国ではいちばん偉い人、国民の規範になるべき人が、詭弁、屁理屈、すり替えをいっぱいつかって、それが堂々まかり通っているのだ。上に立つ人間の物言いがそうであるならば、やがて一般世間にも同様の追随が波及するだろうことは免れない。魚は頭から腐るという。

◆「まあ、そんなに責めなくてもいいじゃないですか。そりゃ、たしかに違反はしました。だけど60キロの制限速度のところをちょっとオーバーしたようなもんですから。ソーケンさんが指導しているホテルに比べたら、耐震強度もしっかりしてますし、ずっとまともなんです。それとはあくまで別問題ですから。
それにうちはね、ネット環境がかなりいいって、マスコミの皆さんにもずっとほめられていたんですよ。現実にお客さんにも好評だったんですよ。だから、そんなたったひとつの問題じゃないですか。なにを皆さんそんなに怒っているんですか、そう急に手のひら返しされても理解できませんねえ。
直せばいいんでしょう、いや、そう云われるならば、批判は社長として甘受いたしますよ。だけどね、うちはね、これまでお客さんの要望に応えてきたつもりできたんですよ、それが結果的にこうなっちゃったということで……。
ね、人生いろいろ、ホテルもいろいろなんですから」
[PR]

by chaotzu | 2006-01-28 22:41 | 時事


<< 【映画】 「博士の愛した数式」...      【DVD】 「続拝啓天皇陛下様... >>