2006年 02月 21日

挨拶もできないろくでなし

◆渥美清、晩年の寅さん映画では徹頭徹尾無愛想だったらしい。カメラの回っていないところでは無表情で、ファンに手をふるどころかサインもすげなく拒絶した。後から思えは、ただ俳優の仕事を全うすることだけに精魂尽くしたのだろう。他のものは全部そぎ落とした。そんな寅さんほどの壮絶さはないが、いまの自分も不機嫌な横柄人間にみられているだろうなと思う。ただ深謝するのみ。

◆【NHKBS】「エルマー・ガントリー」 1960年アメリカ映画
録画ストックの消化、女性も愛しているがジーザス・クライストも大好きというキリスト教原理派の“セールスマン”をバート・ランカスターが好演、いやよく喋ること。アメリカ宗教界の内幕が興味深い。

◆【読書】「招かれざる客のビュッフェ」クリスチアナ・ブランド
一ヶ月以上かかってやっと読了。単一作家のミステリ短編集としてはおそらく最高峰、一見ふつうのおばちゃん作家が、次から次に異常なことを着想する。イギリス人はつくづく「変態」だと思う(笑)。
[PR]

by chaotzu | 2006-02-21 22:10 | 身辺雑記


<< 東大卒、元大蔵官僚って      ゴハンのように薬を呑む >>