マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 04日

有難う ICHIRO

 ここ何日間、世間というかマスコミはイチロー選手のことでもちきり。なかでもNHKの気合がすごい。今朝6時ニュースのトップであったがそれも含め30分ちょっとで4回も報じていた。ほとんど打席毎ってかんじで、もうリアルタイムも同然だった(笑)。今シーズンの最終戦ということもあったのだろうが、イチローがとうとう天下のNHKそれも地上波までジャックしたみたいだった。NHKのほうはいやに入れこんでいて、衛星への誘導もあろうがなんだか不祥事件のぼろ隠しみたいに見えぬでもない(笑)。
 まあそれだけイチロー選手の偉業がすごいということだろうか。わたしもこのひと月ほど同選手の成績に一喜一憂する日々だった。とうとう一昨日は米メジャー新記録達成のシーンに目がうるうるしたよ。
b0036803_21282664.jpgそれにしても、これほどの大選手がドラフト4位で無名の入団だから、人間の才能実力を見抜くというのは難しいもんだ。というか、最近の新人選手の実力はドラフト指名順位とあんまり関係ないみたい。ダイエーのリリーフエースも下位指名の新人だし。また、イチロー雌伏時代のオリックス監督だった巨人軍出身の土井氏は、一軍で使いこなせなかったがためにボロクソに批判されている。川上V9当時、いかに優秀な新人であってもテングにならぬよう二軍経験させろといった教育方針があったみたいで、これはこれでひとつの見識だろうが、イチロー選手のスケールはそれをも凌駕していたようだ。土井監督は巨人時代にしみついた感覚に囚われすぎたようで、なにやら今シーズン堀内巨人の凋落とも重なってくる。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-04 21:34 | 野球


<< 高橋真梨子の「ランナー」      ブログ、はじめます。 >>