マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 06日

巨人もうボロボロ

 本日発売の週刊文春は「読売が高橋由伸選手実父の借金肩代わり」記事、入団当時からさんざん噂され今さらニュースかもしれぬが、不動産登記簿まで確認しており、疑惑段階から事実になった。ヨシノブ選手の親父さんがバブル期に土地担保で金融機関から借金していたのが16億円、そのうち11億円までを㈱よみうり(=読売巨人軍)が肩代わりしていたという内容。登記簿上の根抵当権移転はドラフト会議や入団のときではなく、入団2年目のオフになっている、ふーん、だからドラフト指名当時はしらを切っていたのかとへんな納得。ヨシノブ選手、アテネ・オリンピックではホームランを打って大歓喜でしたが、自軍の試合ではたいてい能面プレーだ。よほど屈託があったのだろう。米大リーグにいってほしいものです。そっちのほうが借金返済も早いしね。
 それにしても読売の凋落が甚だしい。イチローは癒してくれるがヨミウリは卑しいことかぎりなしでまことに情けない。巨人ファン歴うん十年、「巨人の星」に夢中だったわたしがこんなことを思いそして書くのだから、間違いありませんわ(泣)。試合観客数の激減やテレビ視聴率の低迷に歯止めがかからないなか、ナベツネ氏の「たかが選手」自爆発言から選手会ストのときの珍無類社説3日ぶち抜き(書いた論説委員は笑いものですが)、文春「楽天三木谷社長に参入哀願」記事に対する抗議に恥ずかしい墨塗り広告、その前には明治大一場投手への裏金問題、この前は唐突かつ不可解な長嶋氏のナベツネ訪問もあった。なんだか見苦しきこと甚だし。
 こんな薄汚い新聞が天下の公器を気取って改憲を連呼し、国民を教導気分である。かつて大阪社会部黒田軍団にみられた庶民感覚と弱者へのやさしい視点はどこにもなく、ほんとにあきれ果てるというか。頭のおかしくなった権力亡者とそれに媚びへつらう偽記者が横行するイエロー・ペ-パーb0036803_18354779.jpgといっても過言ではない。病気のわたしにこんなこと云われるなんて、読売グループもいったん大手術しないといけませんな。ナベツネはよ辞めろ。
 松井選手はアメリカに行ってほんとに正解でした。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-06 18:37 | 野球


<< 仙台ジェンキンスって      高橋真梨子の「ランナー」 >>