2004年 10月 07日

仙台ジェンキンスって

◆プロ野球新規参入を巡ってただ今激突中の楽天とライヴドア。ただ、東北楽天ナントカズというのもどうも緊張感がない→楽天に楽勝、楽天に落胆なんて見出しがもう目に浮びますわ。チームに企業名を取りこむのはもうやめては如何。いっぽうのライヴ・ドア、新球団の名称をネット公募したところ、まともな作品がろくにないというか、おちゃらけばかりでとうとう公開をやめたそうだ。2ちゃんねらーの仕業らしいが、「確かに女は金で買えるけどもう少し空気嫁」とかクマの文字絵を出現させようとしたりでなかなか手がこんでいる(笑)。
 目にとまったのは。その時点の栄えある公募名第一位「仙台ジェンキンス」、ほかにも「曽我サターン」なんてあったから、これは北朝鮮拉致被害者の曽我さんファミリーを揶揄しているってことだろう。たしかにジャカルタ空港での熱烈チュー以来の出来事は正直いって違和感が拭えない、病気で実際悩んでいる立場からすればいい加減にせえよです。それでもネットでみる曽我さんやジェンキンス氏に対する罵詈雑言にはえげつないものがあって、ちょっとひいてしまう。某有名掲示板なんかは「批判派」と「擁護派」がバトルしているが、批判派、擁護派ってそれいったいなんじゃいと思ってしまう。b0036803_18543829.jpg
 「批判派」ただ今の主張は拉致被害者援護法を「悪用」しているということ。永住意思決定後の支援金は5年間で打切りなのに、それ以前の滞在援助金ならば期間無制限だそうだ。だから永住声明しないことで、月30万円ほどの滞在援助金の支給期間を作為的に引き延ばしている、もう北朝鮮に戻ることなんてありえないのになんて欲張りな人だってこと。だけどこれって、支援室の役人のアドバイスもあってのことだろうな。役人からみれば十分合法だし、まして「支援」するのが仕事だってもんで。ま、20何年も自由がなかったんだから、それと同年数ぐらい支給してもいいんじゃないかと思う。担当役人や警備とかの人件費のほうがよっぽど大きいよ。
 だけどここまで曽我さんファミリーへの批判がはびこったというのは、官房支援室の仕事が失敗したということですな。そもそもは小泉首相が参議院選挙対策の人気取りに利用したってことからまっとうな支援のあり方ではなかった。打算した側からすれば、ジェンキンス氏の玉が悪さが誤算だったようですが。

◆金融庁がUSJ銀行を刑事告発、大蔵省時代の検査なら有耶無耶で済んでいただろうが、その旧い感覚のままだった銀行幹部の甘さきわまれり。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-07 23:43 | 時事


<< 間違いを認めないマスコミに喝!      巨人もうボロボロ >>