2004年 10月 19日

ブーブークッションって、そりゃなんだ

◆この17日に滋賀県草津市で、ブーブークッションに何人同時に座れるか「世界記録」への挑戦があり、3795人のギネス世界新を達成したとのこと。ちなみにこれまでの記録は、今年3月19日につくられた米国での3614人。
フーンそれがどうかしたかって、どうでもニュースの典型ですな。いや、なんか参加した人に水かけるみたいで申しわけないが。べつにこういったトライを馬鹿にしているのではない。それなりに家族で楽しめてよかったじゃんとは思う。個人や仲良しグループがギネス記録に挑戦というのなら微笑ましいものだ。ただ、草津市の市制50周年記念事業だってことに違和感がバリバリである。なにもそこに役所が入るなよってこと。なんちゅうか、ギネス記録ってのはアイルランドのビール会社のおまけみたいなもんで、もともとは酒場の与太話用というか面白半分のところがみそでしょう。ところが日本人はなんでも真面目というか、どこか町おこしのイベントでギネス挑戦ものが流行れば、どこもそれにとびつく始末、そら、手間かけて人さえ集められればなんとかなる「世界記録」があるだろう。地域活性化が錦の御旗になり、なんでもオッケーてなもんで、役場の担当者がギネスブック日本語版に首っ引きの有様が目に浮ぶ(苦笑)。動員された人はごくろうさまです。たしかにそのときは面白かったかもしれないけど、年取ってから「じいちゃんは昔こんな世界記録つくったんだぞ」って孫に誇れるようなもんかな。いや忘れてるか。なんせ、ブーブークッションだ。 b0036803_2052426.gifなおブーブークッションってのはゴム製の風船で、空気を入れて座布団の下などに忍ばせておいて、人が座ると「ブーッ」とおならの様な音が出るいたずら玩具だそうです。はじめて知りました。まあそんなんにまで役所が公費使う企画かなって疑問です。いや、べつに市民じゃないんだけど、大きなお世話かな。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-19 20:53 | 時事


<< 暗証番号で4989      贈る言葉 >>