マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 04日

ローマ字入力が嫌いな100の理由

◆日本語ワープロのかな入力歴が20年以上というか、もう年金モノである。NECの文豪をはじめ東芝のルポ、キャノンの書院などワープロ専用機が出回りだした頃~いま思えばちゃちな性能であったが~は、まだローマ字入力と並立していた。まあ「二大入力方式」と呼べる時代があった。いや富士通の親指シフトもあったから、「三大入力方式」か(いったい、なんじゃ、それ)。いまはローマ字入力が主流というかすっかりデフォルトみたいになっている。はっきり申し上げて不満である。「あれ、かな入力なんですか(笑)」って、毎度奇異に見られる時代になるなんて、ついぞ思わなかったよ。そのうち白眼視されるかもしれない。もうほっといてくれや、ほんま。b0036803_21301970.jpg
◆だいたい、訓令式のローマ字ってなんかへんじゃないか。そもそも街中でみられるのはヘボン(=ヘプバーン)式の表示だしね。「ざ、じ、ず、ぜ、ぞ」が「za、zi、zu、ze、zo」なんて、わたし的にはちょっと耐え難いものがあるぞ。ダサいし、英語の勉強にもならん。実際足をひっぱっていると思う。それに日本語の文章を綴るのに、いったんローマ字に変換するというのも無駄なことだ。入力スピードが速い、ブラインド・タッチが出来るなんていっても、スビード上げて文章が達者になるもんでない。スピードならばかな入力のほうが相当速いぞ。たいてい一発で打てるしね。
……以下えんえんとローマ字入力の不合理さを訴える声がつづく。
[PR]

by chaotzu | 2004-11-04 21:33 | 身辺雑記


<< 新札切り替え、持てる者の悩み      ブッシュ氏再選でこれからどうなる >>