マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 11日

もう51番目の州にしてくれ

◆ブッシュの大統領再選を見届けてからはじまった、米軍のファルージャ攻撃。いったいかの街はどうなっているのか。従軍記者がついているとしても、米軍の管理下で消毒されたお上品な報道しかできないだろう。かつてのベトナム戦争のときよりも情報操作のテクニックは格段に巧妙になっている。ブラック・ボックス状態のなかで米軍のやりたいほうだいになっているのではないか、そんな心配がある。いずれは兵士の証言でいろいろ分かってくるだろうが、それは先のことであって、ファルージャの一般市民にとって今欲しい助けにはならない。病気で死ぬことも辛いが、他国の軍隊に生活を蹂躙されたあげく命を失うのはもっと嫌なことだ。
◆クラスの番長が自分の力を誇示したくて、普段からなびかない同級生をいじめ倒しているようにみえぬでもない。はじめにちょっかいを出して番長を怒らせた奴は別のクラスに逃げ込んでいるし、教師は口先だけで無力である。そして、クラスのなかにはお金を貢いだり、いじめのお先棒かつぎをしたりで、番長のご機嫌取りをしているような奴もいるのである。
◆かたや某国(亡国?)宰相の珍語録
「自衛隊が活動している地域は非戦闘地域」「(米軍のファルージャ攻撃について)成功してほしいですね」現実に自衛隊が戦闘にまきこまれて犠牲者がでるようなことになったら、いったいどう取り繕うのだろうか。詭弁と屁理屈まみれで誠実さのかけらもみえてこない。いまの現状はアメリカの準州以下である。属州といってもよいかもしれない。いっそ、正式な州として加わったほうが、選挙権がある分まだましかもしれない。
◆読売新聞が地方テレビ局の株式を不適正に保有。コンプライアンス意識がまるでない売国新聞社。売国首相とお似合いである。
[PR]

by chaotzu | 2004-11-11 23:37 | 時事


<< ネット・サーフィン、勤務中はご...      おばちゃんアヤドの元気の素 >>