マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:野球( 34 )


2004年 10月 22日

嘘だと言ってよ一場クン……

◆西武鉄道株式が「インサイダー」まみれでたいへんだ。「親会社」のコクドも含め企業統治の異常さは大昔からささやかれていたが、結局叩かれだしてから情報がボロボロ出てくる(笑)。こうなったら、異母兄の堤清二を見習って私財提供で弁償しては如何。それでも刑事問題は別だけど。
◆明治大学の一場投手、横浜入りかと思っていたら、またも「栄養費」問題で頓挫。阪神から貰っていたという話も出ており、実に香ばしいキャラである。業界雀はもともと「栄養費」なんて当たり前に思っているから、情報もれのほうを問題視しているのではないか。一場投手本人あるいはその周辺の脇が甘いことにきっと怒っている(苦笑)。有名な長嶋さんの二股話のごとくアマチュアの有力選手に小遣いを渡して囲っておくことは、スカウトの常套手段であり、スポーツ紙の記者はとっくに承知のことだろう。高橋ヨシノブ選手のような不動産がらみの大型案件は金持ち球団しかできないだろうが、「栄養費」程度ならたいていの球団がやっているはずだ。唯一無罪の球団があるとすればオリックスか(苦笑)。なにせスカウトが自殺す……(略)。かの広島でさえ巨人入りしたN岡選手に渡していたという。それで同選手は出身の広島で裏切り者視されているとか(笑)。これまで当事者が表立って認めなかっただけのことである。
 ドラフトの自由枠はもう撤廃すべきで完全ウェーバー制にすべきじゃないか。FAもあることだし。安定して強くなるには正攻法で補強するしかない、もう学習してもいい頃だ。
b0036803_1995645.jpgこの件で横浜のオーナーが引責辞任するとか、しかし球団オーナーっていったいなんだろう。野球機構の定款とか知らないのでなんとも云えないが、球団を所有する親会社の代表者ということだろうか。たとえ球団の「オーナー」を退いたとしても、親会社の実権をにぎっておればなんの痛痒もなく、オーナー会議には代貸しをたてれば済むことである。ナベツネさんは読売の代表取締役主筆で依然健在である。砂原氏もTBSの会長であることに変わりない。いったいオーナー辞任になにほどの意味があるのだろうか。
◆しかし、正直なはなしとしてこういった場外劇をけっこう面白がっている部分もある。オフシーズンでもいろいろ楽しませてくれてこそ興業、見世物ってなもんである。たとえば江川事件のときは連日の報道にときめく部分もあったことを白状しなければならない。当時スポーツ新聞の売れ行きもすごかった。だいたい野球なんて騙しあい競技で米メジャーにしてから、スピットボール、コルク入りバット、ドーピングと「素敵な」いんちきに満ち溢れている。もう青少年の健全な育成に寄与云々のきれい事なんてだれも信じていないんだから。サッカーも似たようなもんで、プロ・スポーツはそういった胡散くさいところも含めて面白いのではないか。あ、これを云っちゃおしまいか(汗)。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-22 19:27 | 野球
2004年 10月 17日

本日はマツイ・ディ

◆なんといっても本日はヤンキース松井。6打数5安打5打点ホームランは2発の大活躍、b0036803_2040538.jpgこれまでいまひとつ爆発力のないきらいがあったが、それをいっきに払拭した。イチロー選手の世界記録ほどの派手さはないものの、ゴジラ松井の活躍も大したものだ。大万歳しました。ニューヨーク本拠ヤンキースの4番となれば、プレッシャーもかなりのものだろう。個人成績のことだけ考えればシアトルのような地方都市のほうがやり易いかもしれないが、重圧を克服してなお年々成長している。加えて試合も休まない。毎試合後のインタビューへの真面目な対応といい、いまや好感度日本人の代表である。こういった海外で何の臆することもなく堂々と働いている若き日本人をみるとほんとうに勇気づけられる。
◆それにひきかえ………以下は「選良」諸氏の軽口録。ホンマに情けないかぎり。
 ◇小泉純一郎首相 14日、「他国の選挙に干渉したくないが、ブッシュ大統領とは親しいからね。頑張っていただきたい」(毎日新聞)
 ◇自民党の武部勤幹事長 15日午後、「ブッシュ大統領でないと困ると思う。例えば、ケリーさんなんか北朝鮮問題を(米朝の)2カ国でやろうなんて、とんでもない話だ」(共同通信)
 ◇細田官房長官 16日、「(北朝鮮は)核兵器をほぼ開発している。プルトニウム爆弾という長崎型原爆はできているから、必ずすぐに廃棄させなければならない」(朝日新聞)
 ◇町村信孝外相 16日午後、「(米軍ヘリ墜落事故の)被害が重大にならなかったのは(米乗員の)操縦技術も上手だったと思うが、よく最小被害にとどまった」(共同通信)
◆また、野球のはなしに戻るがヤンキースタジアム外野フェンスの読売新聞の醜悪な広告、巨人の評判悪いユニフォームロゴ「YOMIURI」を思い出させそうで、松井選手に対する嫌がらせとしか思えない。なんとかならんもんか(怒)。松井選手活躍の余波で日本シリーズがかすんでしまいそうだが、それをも読売首脳は喜んでいそうだ(嘆息)。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-17 20:48 | 野球
2004年 10月 06日

巨人もうボロボロ

 本日発売の週刊文春は「読売が高橋由伸選手実父の借金肩代わり」記事、入団当時からさんざん噂され今さらニュースかもしれぬが、不動産登記簿まで確認しており、疑惑段階から事実になった。ヨシノブ選手の親父さんがバブル期に土地担保で金融機関から借金していたのが16億円、そのうち11億円までを㈱よみうり(=読売巨人軍)が肩代わりしていたという内容。登記簿上の根抵当権移転はドラフト会議や入団のときではなく、入団2年目のオフになっている、ふーん、だからドラフト指名当時はしらを切っていたのかとへんな納得。ヨシノブ選手、アテネ・オリンピックではホームランを打って大歓喜でしたが、自軍の試合ではたいてい能面プレーだ。よほど屈託があったのだろう。米大リーグにいってほしいものです。そっちのほうが借金返済も早いしね。
 それにしても読売の凋落が甚だしい。イチローは癒してくれるがヨミウリは卑しいことかぎりなしでまことに情けない。巨人ファン歴うん十年、「巨人の星」に夢中だったわたしがこんなことを思いそして書くのだから、間違いありませんわ(泣)。試合観客数の激減やテレビ視聴率の低迷に歯止めがかからないなか、ナベツネ氏の「たかが選手」自爆発言から選手会ストのときの珍無類社説3日ぶち抜き(書いた論説委員は笑いものですが)、文春「楽天三木谷社長に参入哀願」記事に対する抗議に恥ずかしい墨塗り広告、その前には明治大一場投手への裏金問題、この前は唐突かつ不可解な長嶋氏のナベツネ訪問もあった。なんだか見苦しきこと甚だし。
 こんな薄汚い新聞が天下の公器を気取って改憲を連呼し、国民を教導気分である。かつて大阪社会部黒田軍団にみられた庶民感覚と弱者へのやさしい視点はどこにもなく、ほんとにあきれ果てるというか。頭のおかしくなった権力亡者とそれに媚びへつらう偽記者が横行するイエロー・ペ-パーb0036803_18354779.jpgといっても過言ではない。病気のわたしにこんなこと云われるなんて、読売グループもいったん大手術しないといけませんな。ナベツネはよ辞めろ。
 松井選手はアメリカに行ってほんとに正解でした。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-06 18:37 | 野球
2004年 10月 04日

有難う ICHIRO

 ここ何日間、世間というかマスコミはイチロー選手のことでもちきり。なかでもNHKの気合がすごい。今朝6時ニュースのトップであったがそれも含め30分ちょっとで4回も報じていた。ほとんど打席毎ってかんじで、もうリアルタイムも同然だった(笑)。今シーズンの最終戦ということもあったのだろうが、イチローがとうとう天下のNHKそれも地上波までジャックしたみたいだった。NHKのほうはいやに入れこんでいて、衛星への誘導もあろうがなんだか不祥事件のぼろ隠しみたいに見えぬでもない(笑)。
 まあそれだけイチロー選手の偉業がすごいということだろうか。わたしもこのひと月ほど同選手の成績に一喜一憂する日々だった。とうとう一昨日は米メジャー新記録達成のシーンに目がうるうるしたよ。
b0036803_21282664.jpgそれにしても、これほどの大選手がドラフト4位で無名の入団だから、人間の才能実力を見抜くというのは難しいもんだ。というか、最近の新人選手の実力はドラフト指名順位とあんまり関係ないみたい。ダイエーのリリーフエースも下位指名の新人だし。また、イチロー雌伏時代のオリックス監督だった巨人軍出身の土井氏は、一軍で使いこなせなかったがためにボロクソに批判されている。川上V9当時、いかに優秀な新人であってもテングにならぬよう二軍経験させろといった教育方針があったみたいで、これはこれでひとつの見識だろうが、イチロー選手のスケールはそれをも凌駕していたようだ。土井監督は巨人時代にしみついた感覚に囚われすぎたようで、なにやら今シーズン堀内巨人の凋落とも重なってくる。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-04 21:34 | 野球