マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:読書( 48 )


2005年 05月 26日

【読書】 井上ひさし「不忠臣蔵」 かくも長き呪縛の不思議

◆集英社文庫、単行本初刊1985年12月。
 松坂といえば西武の松坂だけではない、本所松坂町、いわずとしれた忠臣蔵の被害者、吉良上野介屋敷跡がある。一度行ってみたが、公園みたいなただの空き地だった。高輪の泉岳寺にも行ったことがある。だからといって、別段赤穂浪士のファンということではない。だいいち、47義士ともて囃されているが集団強殺犯そのものである。いまならカルト団体で破防法適用だ(笑)。浅野の殿様も経営者とみれば無能かつ無責任きわまりない。一時の勘気による不始末のあげく部下を路頭に放り出した。まあ同情の余地なし。
 だけど、忠臣蔵はいまでも。日本エンターティメント史上最高の傑作とされている。なぜ、かくも奇天烈な倒錯話が、元禄以降の日本人にやんやの喝采だったのか。そこに興味がある。だから両国にも高輪にも行ったが、実のところいまだに理解できないままだ。
b0036803_0121569.jpg◆井上ひさしによる本小説、主人公は討ち入りに参加しなかった赤穂浪士たちである。だから不忠臣蔵。もともと松の廊下事件のとき、赤穂藩の家臣は300人ほどいたらしい。だから討ち入りに参加したのは六分の一もいない少数派である。なぜそんな少数派のレアケースが、日本人の行動の手本みたいに語られるのか、特殊な例をもって一般論を言っているようなところに危険さはないのか、それが執筆動機らしい。なるほど、たしかにそれに類した事例は他にもある。われわれ日本人はどうも忠臣蔵に洗脳されすぎているんじゃないだろうか。
◆作者が小説中で綴る、不義士の言い訳は、「万一失敗の場合に備えた第二陣で残ったのだ」「吉良屋敷偵察の目くらましのための放火実行部隊だった」「必死の外交努力を無にするバカ殿に愛想が尽きたのだ」……などいろいろ。もちろんほんとうかどうかは分からない。なにより作り事であって、それこそ虚実皮膜の間である。だけど47義士のドラマと同様、討ち入りに参加しなかった浪士についても、それぞれのドラマはたしかにあったのだろう。そしてそちらのほうこそ、日本人多数の物語なのである。
[PR]

by chaotzu | 2005-05-26 23:59 | 読書
2005年 05月 26日

【読書】 中島らも「今夜、すべてのバーで」 壮絶アル中ばなし

◆講談社文庫、単行本初刊は1991年3月。
 題名からグッドテイストな都会小説集かと思っていたが、とんでもない。壮絶なアル中オトコのはなしだった(苦笑)。b0036803_21414695.jpg
 おそらく作者自身の体験が投影されているのだろう。連日9時間もの飲酒、黄疸症状で入院前の半月に摂取したのはウイスキーとはちみつとミルクの「流動食」だけ、固形物は喉をとおらない。それでも入院当日にワンカップ2杯ひっかける。おしっこの色はもうコーラ色といった惨状である。よほどもともとの内臓が頑丈だったんだろう、たいていの人間ならば、とっくにパンクしている。
あの「明るい悩み相談室」の室長さん、実際は地獄絵図だったんだな。
◆それでも、この人の真骨頂は過剰なまでのサービス精神だろう。どんな悲惨な状態になってもギャグを繰り出さずにはいられない。トイレの蓄尿袋に水道水を流し込んでおしっこのみかけをごまかす、体温計を炙って
41度の体温で看護婦を驚かせる。いちおう小説であるが、この作者の場合、ほんとうにやりかねないなと思わせるものがある。だけど結局は、その過剰なサービス精神ゆえにアル中になって、あげく寿命を縮めてしまったんだろうな(涙)。
◆らもギャグ
「小学生のとき給食のおばさんがおれに嘘を教えたんだ。白い牛は白いミルクを出す、黒牛はコーヒーを出す、まだらの牛が出すのがコーヒー牛乳だってな。じゃあフルーツ牛乳はどんな牛が出してるんだ。」
◆オススメは巻末の山田風太郎との対談。「荒唐無稽に命かけます!」
 元祖アル中ハイマーとその後継者の対談であるが、そのご両名、いまは故人である、合掌。
[PR]

by chaotzu | 2005-05-26 23:59 | 読書
2005年 05月 09日

【読書】「世にも美しい数学入門」藤原正彦/小川洋子

◆数学はダメなくせに数学読み物が好きである。この点、お茶の水女大の藤原教授はかねてより数学者の必要条件として美意識や文系の素養を挙げている。数学オンチにとってなんとなく有難いお言葉であるが、それで著書を毎度買わされている(苦笑)。b0036803_21573448.jpg
 本書は数学に関する対談本、2005年4月刊ちくまプリマー新書。藤原先生は文章も巧いが喋りも達者なので、通勤の往復であっという間に読了。かねてからの自説開陳であり、とくに目新しいネタはないが、小川洋子とのキャッチボールという新機軸で、小難しくないお気楽読み物に仕上げている。
◆なんといってもインドの天才数学者ラマヌジャンの紹介である。朝起きる都度新しい数学の定理を5つも6つも見出してくる。常人には思いもよらない思考回路(ナーマギリ女神のお告げだそう?)で着想した定理、当時はなんの役にも立たないと思われていたものが、何十年か後に脚光を浴びる。
イギリスに渡ったものの、戒律ゆえフイッシュ&チップスなどの英国料理になじめず、栄養不良がたたって32歳で死んでしまう。時代のはるか先を走り抜けて夭折した大天才である。
 また、東大助教授となって来月結婚というときに自殺した31歳の谷山豊、後年フェルマーの定理の証明に寄与した「谷山=志村予想」の発想者である。婚約者も1ヵ月後に後追い自殺するという悲劇、いったい何があったのだろう。
 数式以上に数学者の人間ドラマには惹かれるものがある。
◆親戚の子弟に数学の大学院生がいるが、藤原先生曰く「当面何の役にもたたないのが数学」である。学問としての非有用性ゆえに偉いのだそうだ。それだけに院生の将来は茨の道じゃないが、なんだかたいへんそうである。なにせ、「たいていの数学の問題なら見た瞬間にぱっと解いちゃう超スピード回転アタマの持ち主はいっぱいいてさして驚かない」世界である。博士崩れになるとまともな社会復帰は最早望めそうもないから、はやく真人間に更生してほしいと周囲は気を揉むことしきり(笑)。
 
[PR]

by chaotzu | 2005-05-09 22:04 | 読書
2005年 04月 26日

【読書】 後藤正治「ベラ・チャスラフスカ 最も美しく」

◆ある年代以上の日本人にとって、1964年の東京オリンピックは特別に感慨深い思い出である。とりわけベラ・チャスラフスカ(チェコスロヴァキア=当時)は、単なる体操の選手を超えた存在だったように思う。こどもの目にも成熟した女性のかっこよさがやきつけられたものである。b0036803_23121013.jpg
 本書はそのチャスラフスカ選手を軸に、冷戦のはざ間で歴史に翻弄されるチェコの人々、そして対立国であった旧ソ連の女子体操選手やルーマニアのコマネチ選手たちの有為転変を綴ったノンフィクションである。ただし、残念なことに目玉のチャスラフスカへの直接取材はできていない。事情やむを得ないことだろうが、そのために群像ドラマの色彩が濃くなっている。
◆ベラ・チャスラフスカ、現在63歳。1968年6月、「プラハの春」を象徴する二千語宣言に賛成署名、その2ヶ月後にワルシャワ条約軍がチェコを侵犯、署名を撤回せず以後21年間の苦難がつづく。東京五輪陸上1500M銀メダリストの夫も離れていく。
「(あなたはなぜ二千語宣言への署名を撤回しなかったのですか)→節義のために。それが正しいとする気持ちはその後も変らなかったから。」
「私は自分のなかにある気持ちに忠実にありたいと思ってきました。人は自分の信条をどんなにはやく裏切ってしまうものであるか、政治体制は人の心をどんなにたやすく折り曲げることが出来るかを知りました。プラハの春が過ぎ去って以降も、私と以前同じようにつきあって友好関係を保持していってくれた人は片手の指を数えるに過ぎません」
 そして、身内の「不幸な事件」を契機に重度のうつ病を発症し、表舞台から消えていく。しかし、彼女の栄光とその後の迫害、復活そして失意と連なる波乱の人生には胸をうたれるものがある。
「人生は大きな苦しみである。ただ、私はいまも少しだけ信じている。いつかすべてが良きものとなるときがくることを。そして小さな幸せを招いてくれることを」
◆ナタリア・クチンスカヤ、現在55歳。メキシコ五輪当時、旧ソ連のトップ選手だった。おそらく美人度では歴代ナンバー・ワン、明るい人柄とあいまって、ソ連は不人気でもこの選手だけは人気バツグン。1991年から94年まで、体操コーチで大阪・泉佐野に滞在していたそうだ。現在は夫婦でアメリカに移住しシカゴ郊外に住んでいる。旧ソ連の解体など大波は受けたが、チャスラフスカとは対照的な柔構造の人生。
◆ナディア・コマネチ、現在44歳。モントリオール五輪で10点満点を連発した史上ナンバーワンの完璧な体操選手。この人もルーマニア革命の直前にアメリカに亡命、アメリカ人の体操コーチと結ばれ、オクラホマ州ノーマンに住んでいる。チャウシェスク息子との風聞で叩かれるなど、この人も歴史に翻弄されてきた。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-26 23:16 | 読書
2005年 04月 25日

【読書】 山田風太郎「あと千回の晩飯」「コレデオシマイ。」

◆朝日新聞社刊「あと千回の晩飯」(1997年)b0036803_21192027.jpg
 1994年に朝日新聞に掲載(週一?)されたエッセーをまとめたもの。タイトルがとりわけすばらしい。あと3年ほどの余命見込みについて、これほど分かりやすい言い回しはなかなかない。現実は連載開始時から7年ばかり生きており、「あと二千回の晩飯」になったわけだが、これも作者らしい(笑)。
中島らもの「明るい悩み相談室」とならぶ朝日新聞の名連載であった(しかし、ご両人ともすでに故人である)。
◆新聞でも読んでいたが、あらためて読むとやっぱり面白い。老人の大氾濫予防法や「アル中ハイマー」、武者小路実篤晩年の文章、尿瓶の黄金水をかかげて夜明けの乾杯シーンなど、人を喰った風太郎節にもう抱腹である。
 もしかすると、朝日の文芸担当は作者独特の死生観がもう少し穏やかに展開されるものと期待していたのだろうか、間違っても風太郎大先生にそんな期待をすべきでないよ(笑)。最初の頃は話の逸走に嘆息して、はげしく後悔したかもしれないが、途中から、パーキンソン病や糖尿病の発覚により、病人もの主体に落ち着いたのでさぞやひと安心したのではないかといった内容である。
◆角川春樹事務所「コレデオシマイ。」(1996年)
 エッセーではなくて、風太郎先生が自由にしゃべったものを編集したもの、タイトルは先生が絶賛する勝海舟の辞世のことばである。もう好き放題の語りであり、ここは章ごとのフレーズを紹介すれば十分だろう。
  <酒もたばこもやめて長生きしても仕方ない。>
  <僕の小説にはすべて、女は美人しか登場しない。>
  <やりたくないことはやらないのが、僕の人生のモットーかな。>
◆別のはなし
 たいへんな事故がおきてしまった。JR福知山線尼崎駅近くの脱線事故、ショッキングな映像である。
山田風太郎曰く「人生の大事は、大半必然に来る。それなのに、人生の最大事たる死は、大半偶然に来る」 それであっても、突然の死はなんともいたましい。
犠牲者の方はほんとうにお気の毒である。当方はネットで囀り散らして、なお生きのびており、なんだか申しわけないことだ。謹んでご冥福をお祈りしたい。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-25 21:30 | 読書
2005年 04月 18日

【読書】 小林信彦「物情騒然」

◆週刊文春連載中エッセー2001年分の文庫版である。連載中もときたま読んでいるが、文庫になるとついつい買ってしまう。なんともぶっそうな題名であるが、4年後のいまは「物情騒乱」のありさまで、さらにヒートアップしている。
 2001年、つまり21世紀の最初の年にどんなことがあったかというと、なんといっても、アメリカの9.11同時多発テロである。あとはイチロー選手の大リーグ1年目の活躍とか支持率8割以上の小泉首相、池田小学校事件、そして物故者では山田風太郎に古今亭志ん朝が採りあげられている。この本では、コイズミさんにはじめだいぶ期待していたのが、だんだんヤバいと思うようになっていくことや、志ん朝の死にショックを受けたことなどが述べられる。b0036803_2112346.jpg
◆それにしても、著者がいつのまにやら山本夏彦的ポジションにおさまってしまったこと、なにやら不思議な気がせぬでもない。周知のとおり、江戸川乱歩に頼まれて「ヒチコック・マガジン」の編集長に就いたことが、「文化人」としての出発点である。その当時の筆名は中原弓彦であるが、拳銃特集や映画紹介など、いまでいえばオタク雑誌であった(念のためつけ加えるとリアルタイムで読んだわけではない、古本屋でバック・ナンバーを買ったのである)。
どちらかといえば世間のひんしゅくをかうほうのポジションにいたわけで、それがいまや辛口爺さんであるのが、なんとなくおかしい。たとえば「肉じゃがはお袋の味」という発言にかなり反発している、肉じゃががいつからそんなに偉くなったんだという具合である。
 断っておくが、変節したということではない、ただ有為転変を感じるだけである。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-18 21:19 | 読書
2005年 04月 17日

【読書】 ドン・ウィンズロウ「歓喜の島」 ニューヨーク爛熟の1958年

◆1997年刊、角川文庫 後藤由季子訳。歓喜の島とはマンハッタン島のことで、1958年のクリスマス・イヴから大晦日まで8日間のドラマである。プロットが錯綜してなかなか筋を追いにくいところもあるが、小説の興趣としては、1958年末におけるニューヨークの風俗にある。もう半世紀近い昔であるが、アメリカがかつてしあわせであった時代のその絶頂期である。b0036803_2212951.jpg
 朝鮮戦争は過去になりキューバ革命やベトナム戦争は先のこと。黒人差別もまだ直視せずにすむ。とにかくつかのまの平和な時代だった。作中に出てくるのは、フレッド・アステア、レニー・ブルース、ミュージカルでは「ウエストサイド物語」、ヤンキースのマントルとマリス、アメフトではコルツとジャイアンツの名試合(これだけは知らん)……。カポーティの「ティフアニーで朝食を」もこの年だろう。そのほかセントラル・パークの馬車にジャズ・ミュージシャンを後援する富豪の「伯爵」夫人、だからもうストーリーなんかどうでもいいかもしれない。
◆各章の見出しはジャズのスタンダード・ナンバーである。プロローグが「なつかしのストックホルム」ときて、あと、「ブルー・モンク」「ホワッツ・ニュー」「イル・ウィンド」「スクラップル・フロム・ジ・アップル」といった具合。物書きにとって、ジャズのナンバーをタイトルに使うのはきっと気持ちいいだろうなと思う。自分もやってみたいが、しろうと日記で真似するととんだお笑いぐさになる(笑)。
◆いちおう、ジョン・F・ケネディ夫妻とマリリン・モンローであろうとおぼしき人物をめぐるあれこれの「謀略」がメインです。
 後に大統領に登りつめるケネデイ、人を惹きつける魅力たっぷりであるが、セックス中毒の女たらしでもある。ジャクリーン夫人がケネデイ家を離脱するのも無理からぬほどのゲス野郎。いっぽう、弟のロバート・ケネディ、この小説では冷徹な参謀格で兄貴の醜聞もみ消しに奔走している。政治家の女好きは洋の東西問わずなのか。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-17 22:13 | 読書
2005年 04月 17日

【読書】 デニス・レヘイン「闇よ、我が手をとりたまえ」 探偵スペンサーのサイコ版か

◆1996年刊、角川文庫 鎌田三平訳。「ミスティック・リバー」にさかのぼる著者第二作目であるが、骨格はよく似ている。少年のころあった事件が大人になってまたむしかえされる。少年(あるいは少女)たちのその後、そして陰惨なレイプ。b0036803_2282779.jpg
ステイーヴン・キングの「IT」にも似たところはある。道化師のイメージと甦るかつての悪に対決する成長した少年たち、あるいは同じボストンの私立探偵、スペンサーとその恋人スーザン、そして相棒ホークの物語とも通じるところがある。だから、はなしとしては面白い……はずなんだけどね。
◆あまりに殺伐としすぎなのだろう。血と狂気と暴力だらけである。タイトルの「ダークネス、テイク・マイ・ハンド」は犯人の述懐であるが、どこか壊れたような人物だらけである。
この街ではかのレクター博士でも常識人にみえるかもしれない(笑)。
 きわめつけは主人公の友人のブッバ、入り口にたくさんの地雷をセットした古倉庫に住みつく犯罪者であるが、いくらなんでもなあ。そのうち自爆しそうである。
 しかし、次の作品もブック・オフ105円本で仕入れているから、いずれ読まずばなるまい。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-17 22:09 | 読書
2005年 04月 08日

【読書】山田風太郎「戦中派動乱日記」

◆小学館刊、時代は昭和24~25年、まだ医学生も兼ねていた風太郎27、28歳当時の日常日記。備忘録のような簡明スカスカな日記だから読みやすいこと。創作と読書の記録がメインの内容であるが、瑣末なところが面白い。b0036803_22412198.jpg
 とにかく読書量はものすごい、モンテクリスト伯なんか2日で読了している。ただ感想めいたものはあまりない。それと連日お酒をよく呑んでいる、小説の収入があったので、20代青年としては金回りがよかったのだろう。昭和24年当時で50万円を超える年収を得ており、スーツ1着を1万3千円で誂えている。また、悪所通いもちゃんと記録している。後に夫人となる「啓子ちゃん」もひんぱんにでてくるというのに、まああっけらかんとしたものだ。今の時代よりはるかに自由を謳歌しているようである。
◆ちょうど朝鮮動乱の時期であるが、筆者のアメリカへの感想は実に鋭い。
 「アメリカはあまりにも全世界の富を独占していはせぬか。自分だけひとりゼイタクをして、他国の苦しんでいるのを、乞食でもみるように施してイイ気になっているきらいはないか、施されるのは決して愉快ではない。施されなくてもよい世界をつくりたい。そう全世界が考えるのも当然ではないか。この反省なきところ、驕慢児アメリカは、いつの日か悔いのホゾをかむことがないとはいえまい。」~50年以上経ったいまでも通用する。
◆執筆作品のなかには、ものすごい題名がある。
 「うんこ殺人」 「接吻反射」 「尻喰え如来」 「陰茎人」
 うーん、さすが風太郎というべきか。とても常人では思いつかんよ。
 生地である但馬関宮のひとはどこまで山田風太郎の小説を読んでいるのだろうか。ある意味で変態猟奇世界の最高峰を極めた作家なんだが。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-08 22:40 | 読書
2005年 03月 26日

【読書】 アンドリュー・ヴァクス「ブルー・ベル」 さらば愛しき大女

◆ハヤカワ・ミステリ文庫 佐々田雅子訳。ヴァクスの作品を読むのは初めてである。幼児虐待を忌み嫌うアウトロー探偵バーク・シリーズの3作目。b0036803_215425100.jpg
おはなしの主軸はバーク・ファミリーと子供をさらう「幽霊ヴァン」一派との対決であるが、自分的にはバークと薄倖のストリッパー、ブルー・ベルとの恋愛物語である。
 大女で心優しいベル 「あたしは自分のレースを走ったの。最後まで走ったの」ラストは格別に泣かせてくれる。
 それと犬のパンジイ、ナポリタン・マスチフという大型犬で、土佐犬の親玉みたいなやつ。この犬もなかなかの役者である。
◆それはそうと、きわどい性描写がたくさんある。もうありすぎるぐらい。女性の翻訳者さんもたいへんである。声に出して読めないどころか、文字にするのも恥ずかしくなる日本語だらけ。編集者との打ち合わせもたいへんだろうな、もう合法セクハラそのもの(笑)。
 しかし、作品としては、余分で冗長な気がせぬでもない。性描写をそぎ落としても十分成り立つ小説だと思う。
[PR]

by chaotzu | 2005-03-26 21:59 | 読書