マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:身辺雑記( 54 )


2004年 10月 27日

グッ・ジョブへの憧れ

◆阪神大震災を経験したとき、大災害時に役立つ仕事を選んでおればと後悔したものだ。いま地震や台風であちこちがたいへんなとき、当時の「無力感」を再び感じている(おまけに体力的にも欠陥人間に成り下がっているときた)。被災地では水がない、電気がない、道路は寸断、さらに冷たい雨までふる。こういうとき、現地に駆けつけてなにがしかの役に立てるような職業、これこそGood Jobの最たるものじゃないですか。
 被災地で喜ばれる職業とはなにか?まず、医師に看護婦、医療技術者、これはまず必要な人材だろう。それと水道、電気、ガス、通信などのライフライン復旧保守。災害復旧ということで土木・建設のいわゆるガテン系の方も。被災直後から役立つ職種もあれば、しばらくたってから出番の職種もあるだろう。阪神大震災のときは、理髪師、美容師、調理師などボランティアでずいぶん活躍していた。だいたい「師」のつく職業はなんでもなじむようだ。いっぽう「士」のつくのはTPOによりけりかもしれない(例;会計士とか。いや職業差別ではないよ)。変り種では歌手や落語家も有用である。被災地であればこそ娯楽も必要だ。木箱ひとつあれば、ステージにも高座にもなる。亡くなった桂枝雀の落語で、噺家がいかに社会的に不用な存在であるかネタにしていたが、決してそんなことはない。まあたいていの職業はなんらかの役にたつだろう。では、逆にあまり役にたたないというかお邪魔虫が懸念される職業ってあるのか。
 答え:いい学校を出ていい会社(役所)に入った奴。いや僻み嫉みで云ってるんじゃないよ(笑)。司令部に人手がそう要るものでなし、マニュアルがある仕事でもない。打合わせとか会議で右往左往するばかりで、寝場所や食い代のムダになるだけの連中が多くなるんじゃなかろうか。実際に世の中を支える多種多様の人材を確保するという視点でみれば、今、世間一般の価値観はちょっと偏っているんじゃないかと懸念する。b0036803_2246755.jpg
◆【読書】ポートレイト・イン・ジャズ  和田誠・村上春樹著 新潮文庫
 字が大きくてしかもすかすかで読みやすい。若い時分なら割高感があったろうが、視力が弱ってきたのでとても助かる(苦笑)。読書といっても半分は和田誠の似顔絵を眺めているだけである。あとは村上春樹の文章を気ままにパラパラ。しかし両氏共ジャズにたんのうです。キース・ジャレットを除外していたりそれなりのこだわりがあって面白い。小生は雑食というか「イージーリスニング・ジャズ」でもこだわらない。根っからのジャズ人種にしてみれば恥知らずなんだろうな。きっと。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-27 21:28 | 身辺雑記
2004年 10月 24日

キャベツ千円、レタス八百円、買う人いるのかな

◆絶好の外出日和。海浜公園に出かける。老若男女、家族連れの人出多く、とくに釣り場はにぎわっている。惜しむらくは人工の砂浜が陥没事故のため閉鎖中であること。自然の産物を人工で復元することは実に難しいものだ。人工ビーチなんて不遜かもしれない。b0036803_20534890.jpg
◆新潟の地震、たいへんなことだが、これほどの災害になると、被災者は命さえ無事ならそれでよしと、さばさばしたある種あっけらかんとした気分になるものだ。それに今は誰も彼もみんないっしょである。だから、テレビでも案外明るい顔をしている。ほんとうに大変さを実感するのは、世間が忘れる頃になってからである。阪神大震災のときがそうだった。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-24 20:45 | 身辺雑記
2004年 10月 21日

禁煙のススメ

◆女性の喫煙者がいやに増えたように思う。とくに若い人が目立つ。喫茶店では一人客もグループもスパスパ、きのうは地下街で歩きタバコの女性をみた。若い男性の喫煙者は逆に減少しているようだ。「男女同等」の行きつく先なのだろうか。お嬢さん、タバコはよくないですよとそっと呟く。ほんとに注意でもしてキレられたら怖いからね(苦笑)。いや、なにも女だからと目くじらたてているんじゃない。かくいう小生も一日50本以上のヘビー・スモーカーだったので、批判する資格などありゃしない。それは十分承知している。ただ、病気になってタバコが体によくないことが身にしみて分かったので、老婆心ってやつ。それも大きなお世話か。
b0036803_21135169.jpg◆内臓の手術をしてから、タバコ嫌いになったのだが、退院後は臭いにも過敏になり、たとえばエレベータに乗りあわせた他人の服装に付着するタバコの臭いで気分が悪くなる始末だった。一夜にして嫌煙家になったのだ。とにかく体中の全細胞がタバコに対してモーレツに抵抗しているという具合であった。だから、タバコをやめてもう4年経つが、禁煙に苦労したとかはまったくない。お酒のほうは病気する前と変わらず飲みたくなるのと対照的である。このことから小生を苦しめている病気の主犯はタバコだったと確信している。いまは軽さを売り物にしたタイプのタバコが売れ筋であるが、ニコチンやタール以外にもホルムアルデヒドやヒ素などの化学物質が含まれており、軽いからいいとはとてもいえないそうだ。アメリカなどの禁煙先進国にならって、ヒステリックなぐらい禁煙に取り組むべきだと思う。日本は分煙も不徹底であるし、タバコ包装の禁煙警告にしてもまだぬるい。ブラジルなんかは過激でぎょっとするよ。それに自分の場合、健康維持の観点からは遅きに失した禁煙だったかもしれぬが、タバコ代が浮いたことで月々1万数千円ほどの経済的利益や、火事の心配種が減ったという精神的利益も大いにあったことをつけ加えたい。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-21 21:29 | 身辺雑記
2004年 10月 18日

贈る言葉

◆本日の米メジャーアメリカン・リーグのプレーオフはレッドソックスのサヨナラ勝利。他人事ながらよかった、よかった。松井選手を応援しているがべつにヤンキースのファンではない。心情的には、これまで不運続きのレッドソックスに肩入れしたい気分がある。いくらなんでも4連敗では気の毒とおもっていたので、本日の結果に満足した次第。なにより松井選手の試合がまだ見られるということである。勝ち負けだけではない試合もそれなりに面白さはあるもので、きのうのテレビ観戦ではヤンキース、シェフィールド選手の豪快なスイングにすかっとした。きょうは日中からインターネットの速報が賑わったのではないだろうか。
◆朝方の冷え込みを一段と感じるようになった。ちょうど1年前は病院のベッドでうんうん唸っており、どうみてもやばいというか悲惨な状態。そんなときに「大丈夫、必ず良くなるよ」と云われても気持ちにすとんとひびかない。それまでの闘病生活で何度も楽観気分をひっくりかえされて苦い思いをしているので虚しくなるだけである。そういった気休めよりも必要なのは精神面の緩衝材を備えておくことであって、それは最悪の場合も想定しておくということである。自分がいつこの世から消えても、残された家族がとまどうことのないよう、いろいろ段取りしておかねばならない。やっておかねばならないことややりたいことがいっぱいある。心情としてはむしろ忙しいくらいである。「これからはのんびりゆっくりしたらいい」なんて云われると、冗談じゃないよ、こちらは残り時間があまりないのだよと云いたくなる。まあ現実には何を云われても神妙に拝聴している。見舞ってくれた人に失礼だし、だいいちみんな善意の言葉である。病人に送る言葉というのは難しいものだ。当の病人になってそれを実感した。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-18 21:54 | 身辺雑記