<   2004年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2004年 10月 30日

近頃号外が多すぎるんじゃない

◆本の仕込みでブック・オフへ行く。105円の文庫・新書専門である。なるべくきれいなものを選ぶ。図書館の蔵書は汚いので最近あまり利用していない。心のなかで著者はじめ出版業界の方々に申しわけないとお詫びする。「私はセコイ男です。だけど医者代がたくさん要るのです。どうか勘弁してください」
 買った本は
b0036803_23492978.jpg ・梅原克文「二重螺旋の悪魔」上下(角川ホラー文庫)、
 ・帚木蓬生「閉鎖病棟」(新潮文庫)、
 ・高村薫「半眼訥訥」(文春文庫)、
 ・真保裕一「黄金の島」(講談社文庫)下巻のみ、
 ・北村薫「夜の蝉」(創元推理文庫)、
 ・石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」(文春文庫)、
 ・逢坂剛「情状鑑定人」(文春文庫)、
 ・ローレンス・ブロック「殺し屋」(二見文庫)、
 ・週刊文春編「私の大好物」(文春文庫ビジュアル版)、
 ・小林章夫「ロンドンAtoZ」(丸善新書) の11冊〆て1155円也。
このうち、北村薫「夜の蝉」は前に買ったような気がして陳列台の前でしばし逡巡、えいや、どうせ105円だと購入する。恥ずかしながらダブリの買い物が多く、こういったことはしょっちゅうである。また、上下本もバラで買っているのでよく重複する。情けなや。
 北村薫の本、帰宅して本棚を調べると三作目の「秋の花」を先に買っていた。さっさと読んでおけばこんな混乱もないのだが、「円紫師匠シリーズ」は、先行き入院でもしたときの楽しみで読まずにおいている。どうも各冊共装丁とかの感じがよく似ているので、つい迷ってしまうようだ。それが版元の狙いだったりして。いや冗談です。
◆イラクの香田青年、きょうは死亡の号外まで出ていたが、夕刊宅配時刻に至り官房長官が「別人」発表。とんだフライングだ。それにしても朝の号外は手回しが良すぎるというか、前もって原稿を用意してあったとしか思えない。政府もマスコミと同じ心根なんだろうか。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-30 23:52 | 読書
2004年 10月 29日

米ちゃんといい紳助といいどこもかも根性なしだらけ

◆秋の園遊会において注目されたやりとり。
 米長元名人(東京都教育委員の資格で招待されたみたい):「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させるというのが私の仕事でございます」b0036803_22302465.jpg
 今上天皇:「やはり、強制になるということでないことが望ましいですね」
いゃー天皇陛下にビシッと切り返されています。それに対して米長氏「もちろん、それはそうでございます。」だって、このコンジョーなし野郎め(怒)、日頃の威勢はどこにいったか。「ごくろうさまです」とかのお墨付き返事を期待していたとしたら、情けないはなしだ。
◆断っておくが、小生、日の丸掲揚等の強制とかはもうどうでもよろし派。日の丸掲揚して健康になるのなら毎日でも揚げるけどね。呆れたのは、学校現場の国旗掲揚等でこれまで同氏が云ってきたこと、例えば「都教委の指導に逆らった都立校の校長は呼びつけ、おわびさせるべきだ」なんかと全然首尾一貫しとらんぞということ。これではいったいなにほどの信念か疑われる。だいたい、将棋指しの教育委員なんて、これほど似合わないものはない。かつて住み込みの内弟子であった先崎学は中学中退、林葉直子は中原「突撃」永世名人とのスキャンダル。これで教育委員なんてエラそうに務まるのか。そもそも勝負渡世の棋士が、他人に説教がましいことを云い出したらおしまいだ。一般庶民からみて「とてもあの奔放さ変態さは真似できません、だけどちょっとは羨ましいな」というあたりが勝負師のキモではないのか。ま、無頼になれとまではいわんけど。その意味では中原「突撃」氏のほうが将棋指しとしては余程まっとうな道を進んでいる。林葉嬢はちょっと道を外しすぎのようだが(苦笑)。
◆いっぽうで今上天皇のご発言は常識的というかきわめてまっとうである。あの手この手で皇室を利用しようとする勢力には、ことばを注意深く選びつつ毅然と対処しておられる。よほど昭和の皇太子時代にご苦労されたのだろう。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-29 22:45 | 時事
2004年 10月 28日

ふたたび災害について

b0036803_23484577.jpgきのうきょうと長岡の皆川さん母子救出報道。母娘死亡は気の毒だが、ひとり生存していた男児の救出シーンには昂揚するものがあった。救命の仕事はたいへんだが、間違いなくGood Jobの上位ですね。
◆いっぽう、新潟県で避難民10万人、孤立集落が28箇所なんてニュースをみると、治山、治水、道路などこれまでの公共事業っていったいなんだったんだろうと考え込む。まして、被災地は故田中角栄氏のお膝元であったから、他より手厚く公共事業の予算が投下されてきた地域である。それがいまの惨状をみるにつけ、巨額の予算を投じた成果が一瞬の天災で吹き飛んだのかと思うとどうも釈然としない。そもそも公共事業には国民生活の安全保障という目的があるのではないのか。もちろん、想定を超えた規模の地震だったということもあるかもしれないが、それにしてもである。それとも、もともと人が住むことが難しくなってきているところまで、公共事業の力で無理やり住めるようにしてきた~この辺り誤解をおそれずに云うと「過疎の温存」になるが、それが結局は自然の威力の前に破たんしたということなのだろうか。う~ん。
◆いまイラクで人質の香田「ニート」青年、もう20歳を越えた大人であるというのに、ホンマにア○かと云いたいところ。しかし、責めるのは後からでも出来ることですし、いまはただ無事救出を祈るのみ。政府はあらゆる手を尽くすべしだ。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-28 23:40 | 時事
2004年 10月 27日

グッ・ジョブへの憧れ

◆阪神大震災を経験したとき、大災害時に役立つ仕事を選んでおればと後悔したものだ。いま地震や台風であちこちがたいへんなとき、当時の「無力感」を再び感じている(おまけに体力的にも欠陥人間に成り下がっているときた)。被災地では水がない、電気がない、道路は寸断、さらに冷たい雨までふる。こういうとき、現地に駆けつけてなにがしかの役に立てるような職業、これこそGood Jobの最たるものじゃないですか。
 被災地で喜ばれる職業とはなにか?まず、医師に看護婦、医療技術者、これはまず必要な人材だろう。それと水道、電気、ガス、通信などのライフライン復旧保守。災害復旧ということで土木・建設のいわゆるガテン系の方も。被災直後から役立つ職種もあれば、しばらくたってから出番の職種もあるだろう。阪神大震災のときは、理髪師、美容師、調理師などボランティアでずいぶん活躍していた。だいたい「師」のつく職業はなんでもなじむようだ。いっぽう「士」のつくのはTPOによりけりかもしれない(例;会計士とか。いや職業差別ではないよ)。変り種では歌手や落語家も有用である。被災地であればこそ娯楽も必要だ。木箱ひとつあれば、ステージにも高座にもなる。亡くなった桂枝雀の落語で、噺家がいかに社会的に不用な存在であるかネタにしていたが、決してそんなことはない。まあたいていの職業はなんらかの役にたつだろう。では、逆にあまり役にたたないというかお邪魔虫が懸念される職業ってあるのか。
 答え:いい学校を出ていい会社(役所)に入った奴。いや僻み嫉みで云ってるんじゃないよ(笑)。司令部に人手がそう要るものでなし、マニュアルがある仕事でもない。打合わせとか会議で右往左往するばかりで、寝場所や食い代のムダになるだけの連中が多くなるんじゃなかろうか。実際に世の中を支える多種多様の人材を確保するという視点でみれば、今、世間一般の価値観はちょっと偏っているんじゃないかと懸念する。b0036803_2246755.jpg
◆【読書】ポートレイト・イン・ジャズ  和田誠・村上春樹著 新潮文庫
 字が大きくてしかもすかすかで読みやすい。若い時分なら割高感があったろうが、視力が弱ってきたのでとても助かる(苦笑)。読書といっても半分は和田誠の似顔絵を眺めているだけである。あとは村上春樹の文章を気ままにパラパラ。しかし両氏共ジャズにたんのうです。キース・ジャレットを除外していたりそれなりのこだわりがあって面白い。小生は雑食というか「イージーリスニング・ジャズ」でもこだわらない。根っからのジャズ人種にしてみれば恥知らずなんだろうな。きっと。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-27 21:28 | 身辺雑記
2004年 10月 25日

【読書】 豊崎由美「それ行けトヨザキ!!」

◆出勤時、朝方の冷気に一瞬身震いする。そろそろ衣替えしなくてはね。もう着ることもないだろうと思っていたスーツに再び袖を通せるというのは、正直うれしいことだ。
◆ホークス球団の高塚前社長が強制わいせつ容疑で逮捕。夕刊紙には「舌入れ」「胸もみ」とあって、たしかにセクハラどころではない犯罪そのものだ。おまけに自分の著書を会社に大量に買わせたりしてもうやりたい放題である。「抱擁力」という著書もあるが、そのまんまじゃないか(苦笑)。こんな男がなぜ企業再建請負人などと立志伝中の人扱いなのか。ひとつは年寄りキラーの才能、ダイエーの中内氏やリクルート江副氏など年長経営者への取り入りが上手なこと、もうひとつはマスコミ対策(すなわち接待による懐柔)が巧みであったことではないのか。こういったタイプほど社内的には恐怖政治を布いて、最後はそれに反撃されることになる。2ちゃん的なねたはまだいろいろ出てくるだろう。
b0036803_2314251.jpg
◆【読書】「それ行けトヨザキ!!」豊崎由美 文芸春秋刊
図書館で借り出したお気楽のひとつ、スポーツ誌Numberの名物コラムで5年ほど前に単行本化されたもの。女であるが「ワシ」と自称する著者の饒舌かつ攻撃的な文体が炸裂。各種スポーツのルポよりも担当編集者とのやりとりのほうが面白い。現在著者は海外ミステリの読み手としても著名であり、あれだけ読める体力がうらやましいでございますよ(byブンペー調)。担当編集者のユズエ氏ってどんな漢字をあてるんだろう。気になってしかたがないっす(byユズエ調)。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-25 23:05 | 読書
2004年 10月 24日

キャベツ千円、レタス八百円、買う人いるのかな

◆絶好の外出日和。海浜公園に出かける。老若男女、家族連れの人出多く、とくに釣り場はにぎわっている。惜しむらくは人工の砂浜が陥没事故のため閉鎖中であること。自然の産物を人工で復元することは実に難しいものだ。人工ビーチなんて不遜かもしれない。b0036803_20534890.jpg
◆新潟の地震、たいへんなことだが、これほどの災害になると、被災者は命さえ無事ならそれでよしと、さばさばしたある種あっけらかんとした気分になるものだ。それに今は誰も彼もみんないっしょである。だから、テレビでも案外明るい顔をしている。ほんとうに大変さを実感するのは、世間が忘れる頃になってからである。阪神大震災のときがそうだった。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-24 20:45 | 身辺雑記
2004年 10月 23日

阪神のオーナーも辞任、クマ受難の年や

◆マイ・ラスト・ソングの曲数はCD-R1枚に収納可能ということでだいたい15曲程度を予定している。体調も小康状態であり曲の選定があんまり早く終わってしまうのもなんだから、今のところとくだん急いでいない。買い込んだCDで聴きこんでいないのもあるし、検討作業がけっこう愉しいということもある。体調をうかがいながら、まあゆっくりボチボチいこかといったところ。
◆【読書】宮部みゆき「平成お徒歩日記」(新潮文庫)
作者初のノンフィクション、東京周辺のお散歩エッセーである。小説執筆の反動だろうか、肩の力の抜け具合がよい。読むほうも気楽に読める。
 もう10年以上前になるが、小生も東京に短期滞在した折は東京の下町をよく歩き回った。この本の深川や両国お徒歩編などとだいたい同じ時期である。その時分は池波正太郎の小説にはまっており、「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕置人梅安」など読みふけったが、正直云ってその感化である。深川飯も実際に食べたぐらい(それほどでもなかったが)。b0036803_20453135.jpg
 コースは築地から勝鬨橋を渡って月島、佃、新川から永代橋を渡って門前仲町、深川、清澄、両国などなど。芭蕉記念館、(ロボットみたいな)閻魔堂、清澄庭園、深川江戸資料館、そして東京江戸博物館など憶えている。相撲部屋もたくさん見た。本所松坂町も行った。その他、物好きにも大森の鈴ヶ森刑場跡にも足を運んでいる。あの頃は健脚だったなあ(遠い目)。タイムマシンがあれば、もう一度門前仲町の居酒屋で呑んでみたいものだ。
◆本日は夕方から新潟県中心に震度6クラスの地震が何度もありなんだか落ち着かない気分。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-23 21:00 | 読書
2004年 10月 22日

嘘だと言ってよ一場クン……

◆西武鉄道株式が「インサイダー」まみれでたいへんだ。「親会社」のコクドも含め企業統治の異常さは大昔からささやかれていたが、結局叩かれだしてから情報がボロボロ出てくる(笑)。こうなったら、異母兄の堤清二を見習って私財提供で弁償しては如何。それでも刑事問題は別だけど。
◆明治大学の一場投手、横浜入りかと思っていたら、またも「栄養費」問題で頓挫。阪神から貰っていたという話も出ており、実に香ばしいキャラである。業界雀はもともと「栄養費」なんて当たり前に思っているから、情報もれのほうを問題視しているのではないか。一場投手本人あるいはその周辺の脇が甘いことにきっと怒っている(苦笑)。有名な長嶋さんの二股話のごとくアマチュアの有力選手に小遣いを渡して囲っておくことは、スカウトの常套手段であり、スポーツ紙の記者はとっくに承知のことだろう。高橋ヨシノブ選手のような不動産がらみの大型案件は金持ち球団しかできないだろうが、「栄養費」程度ならたいていの球団がやっているはずだ。唯一無罪の球団があるとすればオリックスか(苦笑)。なにせスカウトが自殺す……(略)。かの広島でさえ巨人入りしたN岡選手に渡していたという。それで同選手は出身の広島で裏切り者視されているとか(笑)。これまで当事者が表立って認めなかっただけのことである。
 ドラフトの自由枠はもう撤廃すべきで完全ウェーバー制にすべきじゃないか。FAもあることだし。安定して強くなるには正攻法で補強するしかない、もう学習してもいい頃だ。
b0036803_1995645.jpgこの件で横浜のオーナーが引責辞任するとか、しかし球団オーナーっていったいなんだろう。野球機構の定款とか知らないのでなんとも云えないが、球団を所有する親会社の代表者ということだろうか。たとえ球団の「オーナー」を退いたとしても、親会社の実権をにぎっておればなんの痛痒もなく、オーナー会議には代貸しをたてれば済むことである。ナベツネさんは読売の代表取締役主筆で依然健在である。砂原氏もTBSの会長であることに変わりない。いったいオーナー辞任になにほどの意味があるのだろうか。
◆しかし、正直なはなしとしてこういった場外劇をけっこう面白がっている部分もある。オフシーズンでもいろいろ楽しませてくれてこそ興業、見世物ってなもんである。たとえば江川事件のときは連日の報道にときめく部分もあったことを白状しなければならない。当時スポーツ新聞の売れ行きもすごかった。だいたい野球なんて騙しあい競技で米メジャーにしてから、スピットボール、コルク入りバット、ドーピングと「素敵な」いんちきに満ち溢れている。もう青少年の健全な育成に寄与云々のきれい事なんてだれも信じていないんだから。サッカーも似たようなもんで、プロ・スポーツはそういった胡散くさいところも含めて面白いのではないか。あ、これを云っちゃおしまいか(汗)。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-22 19:27 | 野球
2004年 10月 21日

禁煙のススメ

◆女性の喫煙者がいやに増えたように思う。とくに若い人が目立つ。喫茶店では一人客もグループもスパスパ、きのうは地下街で歩きタバコの女性をみた。若い男性の喫煙者は逆に減少しているようだ。「男女同等」の行きつく先なのだろうか。お嬢さん、タバコはよくないですよとそっと呟く。ほんとに注意でもしてキレられたら怖いからね(苦笑)。いや、なにも女だからと目くじらたてているんじゃない。かくいう小生も一日50本以上のヘビー・スモーカーだったので、批判する資格などありゃしない。それは十分承知している。ただ、病気になってタバコが体によくないことが身にしみて分かったので、老婆心ってやつ。それも大きなお世話か。
b0036803_21135169.jpg◆内臓の手術をしてから、タバコ嫌いになったのだが、退院後は臭いにも過敏になり、たとえばエレベータに乗りあわせた他人の服装に付着するタバコの臭いで気分が悪くなる始末だった。一夜にして嫌煙家になったのだ。とにかく体中の全細胞がタバコに対してモーレツに抵抗しているという具合であった。だから、タバコをやめてもう4年経つが、禁煙に苦労したとかはまったくない。お酒のほうは病気する前と変わらず飲みたくなるのと対照的である。このことから小生を苦しめている病気の主犯はタバコだったと確信している。いまは軽さを売り物にしたタイプのタバコが売れ筋であるが、ニコチンやタール以外にもホルムアルデヒドやヒ素などの化学物質が含まれており、軽いからいいとはとてもいえないそうだ。アメリカなどの禁煙先進国にならって、ヒステリックなぐらい禁煙に取り組むべきだと思う。日本は分煙も不徹底であるし、タバコ包装の禁煙警告にしてもまだぬるい。ブラジルなんかは過激でぎょっとするよ。それに自分の場合、健康維持の観点からは遅きに失した禁煙だったかもしれぬが、タバコ代が浮いたことで月々1万数千円ほどの経済的利益や、火事の心配種が減ったという精神的利益も大いにあったことをつけ加えたい。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-21 21:29 | 身辺雑記
2004年 10月 20日

暗証番号で4989

◆銀行でATMを利用するたびに暗証番号の変更を画面上で示唆される。銀行の責任逃れのための警告であることはみえみえなんだが、毎度しつように迫られると、なんか預金者が脅かされているみたいだ。たしかにスキミングとか新手の犯罪が報じられるご時世であり、悪いやつはATM操作の背後で覗き見するのは序の口で、遠隔操作の小型カメラをこっそり取り付けるなど、あの手この手で暗証番号の入手に熱心だそうだ。ま、その情熱をなぜ正業に活かせないのかとの疑問はおいといて、人様に云うのも恥ずかしい零細預金ではあるが自衛策として銀行様の云うとおりにしとこうかと思うものの、そこで確実に記憶しておける4桁数字の在庫があまりないことに直面する。身近な番号である家族の誕生日、電話番号、車のナンバーなどは類推されるからダメということで、個人情報とは無縁の4桁数字を3~4種類ぐらいもっていて、それを使い回していけばいいのだろうが、正直云ってまったく脈絡のない番号を何通りも覚えておける自信がない。以前3回連続入力間違いをやらかしてカードが機械に吸い込まれたという情けない経験もしているので、これは実証済みである(泣)。手帳に書きとめておくのは論外だし、パスワード方式になれば、今より事態がもっと悪化しそうだ。これじゃ高齢化社会が進む将来は切実どころか深刻な問題じゃないか、そんなこんなで結局4桁の数字だけで個人を識別するのは出来の悪いシステムだ、預金者に面倒をおしつけるななど考えがループしてどうにもならない。もっともクレジットカードなんかさらにいい加減である。即日発行ありで顔写真もなし、署名だけの識別であるのに誰もそんなの見ちゃいない。
b0036803_20281010.jpg◆そんな思いでいたときに、東京三菱銀行が「手のひら静脈」認証カードの取扱いを開始したということで、問い合わせしてみた。現在はクレジット(VISA)兼用カードの1種類だけを予約中とのこと。ただし年会費が1万5百円で、キャッシュカード偽造盗難補償最高1億円、海外旅行傷害保険自動付帯最高5千万円、さらに空港ラウンジサービス付きということだから、こりゃ金持ち様囲い込みのサービスだった。貧乏人が訊くんじゃなかったと反省しきり。本命である庶民向けのカード(キャッシュカード偽造盗難補償は最高1百万円)は来春発売予定だそうで、将来的には他の金融機関も追随するだろう。これでも100%安全とは断言できないが、4桁の数字だけの識別よりははるかにまし。切断した手でだますというなんかミステリじみた殺伐手法も思いつくが、血流検知しているそうでその懸念はないそうだ。なお、暗証番号も併用だそうで、念のため。
[PR]

by chaotzu | 2004-10-20 20:41 | 時事