マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 21日

がん患者の寂寥感

◆いわゆる「病気自慢」の母親である。会えば「どこが痛いここが悪い」、電話でも同じだ。毎月健康雑誌を買ってきては自分にあてはまりそうな症状を懸命に探している。年齢相応の老化で足腰は弱くなっているものの、食欲も旺盛で傍からみるとどこも悪いところはみられない。だから周りの誰もまともに相手にしない。当の母親はそれが不満げで、始終からだの不調を訴えている。こういうのを医者からみると「不定愁訴」というそうだが、つまるところ誰も相手にしてくれないという寂しさゆえのものだろう。訴えは父親が亡くなって数年後にはじまっており、初期の段階で、こちらがきちんと向きあってじっくりはなしを聞いてやればよかったのだろうが、忙しさにとりまぎれてしまったことが悔やまれる。
 そしていま、自分自身が病人になって、他人とのコミュニケーション・ギャップを痛感しているのだから皮肉なものである。病人にとりいちばん辛いのは肉体的な苦痛ではなく、精神的なストレスである。この世界でひとり取り残されるような寂寥感といってもいいかもしれない。「ただのぼやき」であっても、誰かにはなしを聞いてほしい気持ちはある。別に同情されたいということではない。現実には母親の例を挙げるまでもなく、病人のはなしを聞いてくれるひとはそういない。逆に「元気を出しなさい」なんて説教されかねない。だから堅牢なバリアーを築いて立てこもることになる。もともと宗教心が薄い性分であるが、いまそのことを悔やまぬこともない。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-21 23:59 | 病気
2004年 12月 20日

超ビンボー国家への道ひたすら

◆墨田区某病院の人殺し患者、ほんとに困ったものだ。犠牲者の方もまさか病院で殺されるなんて思っていなかっただろう(あたりまえだが)。まさにキ○○○に刃物。病院でたちの悪い患者と同室になると災難である。肝臓ガン末期の男性患者、テレビを夜おそくまでみるのは序の口で、喫煙場所まで車椅子をおしてくれとかたばこを買いにいけとか、ひんぱんに看護婦さんを煩わせていた。世話する家族や見舞いにくる人もおらず、もう先も長くないとかで看護婦さんはとことん優しかったが、自分ならとても我慢できないわがままぶりだった。ほとんどの病人は自分の死期を悟ると平穏になる、やけになって見苦しいふるまいをする病人は少数であろうが、いったい何が両者を分けるのだろう。世の中への恨み僻みがあっても、包丁振りまわす元気があるならまだ恵まれているほうだ。
◆昨日の予算案内示、とうとう国債発行残高が国内総生産(GDP)を突破するらしい。国と地方を併せた長期債務残高は774兆円、国民一人当たり6百万円余の借金だそうな。もう借金まみれ(泣)。ただ政府だけが悪いとはいえず、国民一般の“くれくれ体質”がこの惨状を招いたことも否定できない。たとえば自民党支持層の土木利権、公明党支持層の福祉利権である。年寄り連中は知らぬ顔であの世にいくかもしれないが、借金といっしょに残される若者はたまらない、いわゆるニート層が増える背景のひとつになっているのではないか。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-20 23:59 | 時事
2004年 12月 19日

小林信彦曰く「戦後最悪の年」

◆小林信彦が週刊文春の連載エッセーで今年2004年を戦後最悪の年とし、度重なる災害発生に加えてコイズミ内閣を最低レベルと嘆息している。自分的には阪神大震災があった1995年が最悪の年であるが、たしかに大勢にとってはそうかもしれない。
 立川の自衛隊官舎ビラ入れ事件で無罪判決、当然というかもう目茶苦茶恣意的な起訴だった。検察は幹部による調査活動費の費消疑惑、警察も捜査費問題を抱えており、なりふりかまわずときの政権に迎合している。いったい恥ずかしくないのだろうか。警察では参議院選挙直前に国松警察庁長官狙撃事件で思わせぶりな茶番もあったし、どっか狂っている。しかしそれを許しているのも国民の一部である。b0036803_1730447.jpg
◆【ビデオ】「わが心のボルチモア」 1990年アメリカ映画
 おそらくユダヤ系東欧移民の家族を描いた年代記、淡々とはなしがつづく。こういったしみじみ家族愛ものもときによい。アメリカでも兄弟関係はだんだんと疎遠になっていくようだ。日本と同じである。最大の見せ場は息子の百貨店が開店当日に火事で全焼したとき、孫がおそるおそる火遊びを告白したときの息子のセリフ「勇気が要ることをよく云ってくれた」が泣かせる。自分ならばあの修羅場でどう対処できただろう。
 その孫を演じた子役が長じてロード・オブ・ザ・リングの主役になったとは後で知った話。
◆【ビデオ】「裸足の1500マイル」 2002年オーストラリア映画
 かつて「白豪主義」ということばがあった。1960年代あたりまでオーストラリアは有色人種の移民を制限していた。その当時は白人男性と原住民アポリジニの女性との間に生まれた混血児を母親から無理やり引き離して隔離する政策も実施していたそうだ。もうあからさまな人種差別である。その隔離された子供が施設を脱走して母親の元まで歩いて帰るはなし。実話だそうでその距離はなんと2400キロ、稚内から那覇ぐらいまであるそうだ、しかも砂漠が介在している。
 一国の文明度を測る尺度として、過去の恥部にどれだけ正面から向き合えるかというのがある。日本ははたしてどうだろうか。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-19 23:59 | 時事
2004年 12月 18日

ミステリ・ベストテン その2

◆きのうにひきつづき、海外ミステリ本年のベストテン。
[週刊文春]
 1.ダ・ヴィンチ・コード  ダン・ブラウン  角川書店
 2.荊の城  サラ・ウォーターズ  創元推理文庫
 3.魔術師(イリュージョニスト)  ジェフリ・ディーヴァー  文藝春秋
 4.犬は勘定に入れませんあるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎  コニ・ウィリス 早川書房
 5.奇術師  クリストファー・プリースト  ハヤカワ文庫
 5.誰でもない男の裁判  A.H.Z.カー  晶文社
 7.蛇の形  ミネット・ウォルターズ  創元推理文庫
 8.ダンテ・クラブ  マシュー・パール  新潮社
 9.イデアの洞窟  ホセ・カルロス・ソモサ  文藝春秋
10.赤い霧  ポール・アルテ  ハヤカワ・ポケット・ミステリ
[宝島社・このミス]
 1.荊の城(上下)  サラ・ウォーターズ  創元推理文庫
 2.魔術師(イリュージョニスト)  ジェフリー・ディーヴァー  文藝春秋
 3.ワイオミングの惨劇  トレヴィニアン  新潮文庫
 4.ダ・ヴィンチ・コード(上下)  ダン・ブラウン  角川書店
 5.ファイナル・カントリー  ジェイムズ・クラムリー  早川書房
 6.誰でもない男の裁判  A・H・Z・カー  晶文社
 7.ダーク・レディ(上下)  リーチャード・ノース・パターソン  新潮文庫
 8.蛇の形  ミネット・ウォルターズ  創元推理文庫
 9.犬は勘定に入れません または、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎  コニー・ウィリス  早川書房
10.奇術師  クリストファー・プリースト  ハヤカワ文庫F
 国内ミステリと同様まだ一冊も呼んでいない(汗)。ま、生きておれば先行きの参考にということである。云うまでもないことだが、評論家諸氏がおすベストテン作品が万人に面白いとはかぎらない。自分的には、好みの作家をみつけるための効率的なガイド役と思っている。さてベストテン作品だがトレヴェニアン久々の復活が目をひく。そしてフロスト警部の次作はいつになるのだろう。
◆日本共産党が北朝鮮の経済制裁容認に転じたらしい。内部からの突き上げが相当あったのだろう。なんせ「経済制裁が実施されたら直ちに強力な物理的手段で対応する」と恫喝するような相手だからな。○○○○に刃物を連想せぬでもない。
b0036803_8514042.jpg
◆神戸ルミナリエ、いちどは行きたいと思うのだが、寒そうでなかなか足を運べない。せめて写真だけでも貼り付けておきましょう。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-18 23:59 | 読書
2004年 12月 17日

年末恒例のミステリ・ベストテン その1

◆年末恒例のベスト・ミステリが出揃ったので、この一年を記憶するために掲記しておく。まずは国内ミステリのベストテン。
b0036803_1942789.jpg[週刊文春]
 1.犯人に告ぐ  雫井脩介  双葉社
 2.生首に聞いてみろ  法月綸太郎  角川書店
 3.暗黒館の殺人  綾辻行人  講談社ノベルス
 4.アヒルと鴨のコインロッカー  伊坂幸太郎  東京創元社
 5.チルドレン  伊坂幸太郎  講談社
 6.残虐記  桐野夏生  新潮社
 7.幻夜  東野圭吾  集英社
 8.THE WRONG GOODBYE ロング・グッドバイ  矢作俊彦  角川書店
 9.修善寺・紅葉の誘拐ライン  若桜木虔  ジョイ・ノベルス
10.紅楼夢の殺人  芦辺拓  文藝春秋
[宝島社・このミス]
 1.生首に聞いてみろ  法月綸太郎  角川書店
 2.アヒルと鴨のコインロッカー  伊坂幸太郎  東京創元社
 3.天城一の密室犯罪学教程  天城 一  日本評論社
 4.THE WRONG GODDBYE ロング・グッドバイ 矢作俊彦 角川書店
 5.銀輪の覇者  斉藤 純  早川書房
 6.硝子のハンマー  貴志祐介  角川書店
 7.暗黒館の殺人(上下)  綾辻行人  講談社ノベルズ
 8.犯人に告ぐ  雫井脩介  双葉社
 9.臨場  横山秀夫  光文社
10.紅楼夢の殺人  芦辺 拓  文藝春秋
 6作品が両方ともベストテン入りし、計14作品。実は一冊も読んでいない、まだ前世紀あたりのベストテン作品でうろちょろしていて、新しいものにはとても追いつけそうもない。図書館でもなかなか借りられないしね。伊坂幸太郎なんか面白そうだけど。

◆【読書】「処刑宣告」 ローレンス・ブロック 田口俊樹訳 二見書房
 「元アル中」探偵マット・スカダー・シリーズ13作目、なんと3つの事件をスカダーが解決する。ミステリとしては出来すぎの感あるも相変わらず抜群の語り口、翻訳もうまい。題名とはそぐわないが、見事なクリスマス・ストーリーでもある。ラストはちと感動。
 作中からの引用をふたつほど。
 「ニューヨークで最も嫌われている男は誰か分かるか」
 「それはウォルター・オマリーじゃないかな」
 つぎは、ドロシー・パーカーの詩
 「剃刀は痛い
 川は濡れる
 酸はしみができる
 薬は痙攣する
 銃は不法
 ロープはほどける
 ガスはくさい
 まだ生きていたほうがいい……」
[PR]

by chaotzu | 2004-12-17 19:45 | 読書
2004年 12月 16日

ことしのラスト感動はザスパ草津

◆きのうのサッカー天皇杯、JFL3位のザスパ草津がJ1優勝の横浜マリノスを破ったが、三軍が一軍に勝ったようなもので欣快至極。しかも草津は9人で延長戦を戦っている。ザスパ草津といえば、ありていに云ってJリーグの落ちこぼれである。もう選手を引退してもいい。それが草津温泉の旅館従業員などをしながら。なおサッカーをあきらめずに頑張っている。昨年の天皇杯では高校生チームに負けた。平均の月収は13万円、その「負け犬」が日本のトップチームに勝ってしまった。ゴールキーパーの小島選手は38歳で頭はだいぶ白くなっている。同選手が傷めた足をひきずってプレイするシーンには思わず涙をこぼしそうになった。世の中こういうことがあるからまだ捨てたもんじゃない。b0036803_18585421.jpg
 サッカーでは中国であったアジアカップ対ヨルダン戦のPK合戦もすごかった。それに比べプロ野球の体たらくはなんだろう、別に草津の月収13万円を見習えとは云わないが、経営者も選手もなにか呆けているとしか思えない。ことしはうならせる試合はあまりなく、スト騒動とナベツネの放言がいちばん目立ったが、長年の野球ファンとしてさびしいものがある。長嶋一茂のなんとか補佐就任ってなんだろね、ピンボケの経営感覚としかいいようがない。もう企業がプロ・スポーツを丸抱えする時代ではないことに目覚めるべきだ。
◆【読書】「夜より暗き闇」 マイケル・コナリー 古沢嘉通訳 講談社文庫
 ハリー・ボッシュもの7作目、「わが心臓の痛み」の元FBIマッケイレブとの共演だから、ボッシュ外伝になるかもしれない。8作目の早川書房「シティ・オブ・ボーンズ」が先に出版されているが、未刊行の9作目はまた講談社らしい。もういい加減にしてほしいよ(苦笑)。翻訳者が変わらない分まだましかもしれないが。
 こんどはあまりロス市警は表に出ず、おなじみボッシュと内部監察との確執もなし、恋愛要素もなしであるが、それでも達者なものだ。ダ・ビンチと同時代の画家ヒエロニムス・ボッシュの絵がテーマになっているが、主人公と同名だしいつか出てくると思っておりました。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-16 19:09 | 時事
2004年 12月 15日

空港にみる地域エゴ

◆大阪空港(伊丹)の格下げに地元市が抵抗しているが、これこそ身勝手というものである。かつて昭和50年ころ、伊丹駅前に「空港撤去宣言都市」の大きな看板があった。当時は空港の存在がどれだけ地元民の生活を脅かしているか、もっぱらそんな意見ばかりだった。それが関西空港の建設と平行してそろりそろり方向転換し「地元民が空港利用者の犠牲になるのはまっぴら」が「空港利用者の利便も考えましょう」になっている(苦笑)。これでは交付金や騒音対策費などのお金を国から引出すための口実と言われてもしかたない。たしかに関西空港よりも便利な場所ではあるが、あの民家密集地の上空でみる着陸態勢の旅客機はどうみても異様だ。目先のお金よりも空港跡地のほうがよほど大きな財産になるのではないか。神戸空港の地元エゴもかなりひどいものがあるが、神戸のほうは関西空港と高速船で30分程度と近いので、2空港の一体的な利用が期待できる。もっとも、これも地域エゴをどれだけ抑制できるかにかかっている。
 京阪神で空港が3つ、本州と四国との橋が3本、もういいかげんにせんとあかん。
◆【読書】「さよならは言わないで」 ロバート・ゴタード 扶桑社海外文庫
 かつて駆け落ちの約束までして裏切った人妻にかけられた殺人容疑を、贖罪心にかられた主人公が救うというはなし。しかし主人公がてんでアホなので、感情移入できない。優柔不断で思慮浅く行きあたりばったりは、イライラする。悪い奴らのほうがよほど手が込んだ「努力」をしている。結局主人公を助けるのは偶然である。なんも活躍しとらん。ゴダード作品にはこういう情けない主人公ものがある。ストーリーが先走るあまり、血肉のついた人物像がおろそかになっているからだ。それでも投げ出さずに読了したのは、卓抜したストーリーテリングゆえか。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-15 18:00 | 時事
2004年 12月 14日

買い物するのも命がけってか

◆まだ調子が悪い。大阪市職員の全労済公費加入とか腹立つニュースで熱が上りそうだ。
◆横浜の「振り込め詐欺」、47百万円の被害とは驚いた。あるところにはあるもんだが、まっとうなお金なんだろうか。こうなると所得の平準作用かなと思わぬでもない、神の見えざる手(暴言陳謝)。
 いったい、ふつうの家庭で即座に用意できる現金って、いくらぐらいだろう。小生などは100万円どころか10万円でもたいへんである。キャッシングすれば別だろうが情けないはなしだ。詐欺師連中からの電話がうちにあればいろいろ遊べるかもしれない(笑)。さっさと切られちゃうだろうけど。
 しかし、これほど被害が続出しているのに、プリペイド携帯の規制は生ぬるい。厳格な本人確認とかいっても悪い奴は必ず裏道を考える。プリペイド携帯からの発信であることがはっきり分かる手立てとか着信規制など技術的な悪用防止措置をとらないかぎり、販売禁止にすべきじゃないか。b0036803_1745141.jpg
◆ドン・キホーテの火事、放火した奴がいちばん悪いのだろうが、店の商品陳列も問題だ。「圧縮陳列」とかいうそうで若いひとには宝探し感覚で受けるかもしれないが、小生はいちど行ってコリゴリだった。迷路みたいで商品を探しづらいことこのうえない。ドン・キホーテ商法としてもてはやされたかもしれぬが、どうみてもやり過ぎだ。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-14 23:59 | 時事
2004年 12月 12日

おそろしや旧ソ連の亡霊

◆ウクライナの野党指導者ユシチェンコ氏、前はハンサムだったらしいが凄まじい面相になっている。b0036803_1735773.jpgかねて毒を盛られたとの噂があったが、やっぱりというか、ダイオキシンを食事に盛られたようだ。与党側は自作自演と反論しているが、いったい誰が好き好んでダイオキシンを摂取するだろうか。それも通常人の1000倍という濃度。同氏の寿命は残り少ないかもしれない。これほど非道なことができるというのは、旧ソ連時代のKGBなど秘密組織の残党がまだ中枢部に生き残っているということだろう。チェチェンの学校占拠事件のときも女性ジャーナリストが意識不明になる毒を盛られたというし、なんともおそろしいことだ。こんなダーティな工作を仕掛ける連中もテロリストじゃないか、いま潰しておかないと後世たいへんなことになるだろう。
◆【読書】「シティ・オブ・ボーンズ」マイケル・コナリー 古沢嘉通訳 早川書房
 ハリー・ボッシュもの8作目、エレノアとの件が気になって前作につづいて特急読み(笑)。しかし、エレノアは全然出てこない。ニューヨーク9.11同時テロ後の作品であり、おそらく同事件の影響があったのだろう。タイトルである「骨の街」もそれを連想させる。なんと本作は20年以上前に起きた少年の殺人事件である。同時テロの被害者もありきたりにある殺人事件の被害者も等価との主張があるようだ。結末、ボッシュに一大変化があるがこのシリーズもとうとうここまできたか。
 それはそうと、とうとう出版社が変わった。この前の作品は講談社文庫になっているし、コナリーもゴダードみたいになってきた。しかし、版権争いのあげく価格のつりあがった単行本をいったい誰が買うのだろう。図書館あるいはブックオフ待ちになって結局売上はおちるのではないか。こんな自由競争は読者にとってはた迷惑だ。最初に手がけたというか発掘した出版社に優先権があってもいいのではないか、編集者のプライドはないのかね。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-12 23:59 | 時事
2004年 12月 11日

実はコイズミ自民党補完勢力の共産党

◆北朝鮮について、いまだに話しあいが必要云々を唱えている「有識者」がいる。この2年間同じことの繰り返しだったではないか。いったい何度金正日に騙されたら気が済むのだろう。なかでも日本共産党はこの前の衆院拉致特別委における「政府に経済制裁の検討を求める決議」も棄権し、なお対話路線の継続を主張している。対話を否定するものではないが、対話専一の外交がきく相手ではない。まるでサル以下の学習能力だ(苦笑)。そもそも国会で拉致問題に先鞭をつけたのは共産党であり、いちばん北朝鮮に強硬姿勢であった。それが北朝鮮党指導部との和解を契機に態度を転向し拉致問題を追及した職員を除名するまでに至っている。まるで党利党略そのものだ。民主集中制を撤廃しないかぎりこのままでは自壊一途だろう。b0036803_17255441.jpg
 いっぽうで日本の核武装を堂々と求める声もでている。これは若い人に多いようだ。軍事力がないとなめられっぱなしでどうにもならんという思いだろうが、恐ろしい発想で将来原爆体験世代が亡くなった後が心配だ。共産党がコイズミ自民の補完勢力になって、北朝鮮(および黒幕の中共)が核武装論者を援護している。「敵の敵は味方」の世界でまるでマンガじゃないか。
◆【読書】「堕天使は地獄に飛ぶ」 マイケル・コナリー 古沢嘉通訳 扶桑社ノベルズ
 ハリー・ボッシュもの6作目、図書館で借りて一気読み。それにしても2200円は高すぎ、版権が高くついたのだろうか。後ろの解説もしょぼいというかお粗末。なかみは「人種差別」がらみの微妙な題材をたくみにさばいており面白い。原題は「エンジェルズ・フライト」、殺人現場であるロサンゼルス街中にあるケーブルカーの呼び名であるが、二重の意味がこめられている。それにしても、レギュラー出演アービング副本部長の役割がまだよく分からない。ボッシュの仇敵であり理解者のようでもある。子飼いの部下が再三不始末をしでかしても安泰だし、不思議なキャラだ。それより、エレノアとはどうなるんだろう、こっちのほうがよほどミステリかもしれない。
[PR]

by chaotzu | 2004-12-11 23:59 | 時事