<   2005年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 10日

タンジェリン・ドリーム 「タイガー」

◆そろそろ昔からのプログレ者であることを告白しなければならない。といっても、プログレッシヴって、いったい何よ?と訊かれたら困るけど。翻訳的には前衛的ということなのだろうが、ジャンル分けの実情は曖昧である。イエス、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、エマーソン・レイク&パーマーなんかがプログレッシヴ・ロックの代表格といわれているが、ジェネシスムーディ・ブルースなんかも入ることがある。中古CDショップの分類なんかみるともう混沌状態(笑)。ヴァンゲリスが入っていることがある。イエスのジョン・アンダーソンつながりなんだろうけど、それにしてもね。さらに“最も商業的に成功したロックバンド”と云われるピンク・フロイドがなぜプログレなんだというごもっともな主張もあるぐらいで、要するにきりがない。まあことばの意味で真のプログレ・バンドとなればビートルズになるだろう。一般に膾炙されるプログレ・ロックとはブリティッシュ・ロックの一派あるいはシンフォニック・ロックと言い換えてもいいかもしれない。日本でも元アリスの堀内孝雄は演歌歌手扱いになっているし、似たような事情はある。
 プログレ入門のきっかけは、ミケランジェロ・アントニオーニの映画「砂丘」をみたこと。もう旧いはなしで、少年の背伸び鑑賞ゆえ映画はさっぱり理解不能であったが、音楽担当がピンク・フロイドだった。それで興味をもって「原子心母」をついジャケ買いしてしまった。そうそう前年にはかの「クリムゾン・キングの宮殿」もあった。それから熱心なELPファンの友人もいたりして、まあなんだかんだで深入りしてしまった次第である。b0036803_2153787.jpg
◆さて、マイ・ラスト・ソングには迷うところ。Pフロイドの「あなたがここにいてほしい」やクリムゾンの「エピタフ(墓碑銘)」もいいが、タイトルがいかにも直截すぎる。ではジョン&ヴァンゲリスの「イタリアン・ソング」なんかどうだろうとかいろいろ考える。実はこういうときがいちばん愉しいときである。結局のところは、ドイツ・プログレの雄、今なお現役タンジェリン・ドリームの「タイガー」。このグループとしては珍しいボーカル(女性ゲスト)付きで、サビのフレーズが印象にのこる曲である。なぜ選んだかというと、作詩のウィリアム・ブレイクのファンだからである。ブレイクは18-19世紀のイギリスの幻想画家兼詩人で、20世紀になってから“ブレイク”したという不運な異才。アルフレッド・ベスターの古典SF「虎よ、虎よ!」はこの詩にインスパイアされたものである。また、トマス・ハリスの「レッド・ドラゴン」はブレイクの画がモチーフになっている。

 ♪虎よ、虎よ、輝き燃える 夜の森のなかで
   いかなる神の手、あるいは眼が
   汝の怖ろしい均整をつくり得たのか

◆【DVD】「アメリ」2001年フランス映画b0036803_21101019.jpg
 前に酷評した「エイリアン4」のジャン・ピエール・ジュネ監督作品であるが、まるで打って変わったファンタジー。まあフランス人はいろいろ思いつくものだが、ルーツは「地下鉄のザジ」に通じるところがある。ヒロインのアメリは変わり者女の子ふうに撮られているが、実際は江角マキ子の20代バージョンというかなかなか可愛いよ。思っていたよりは面白かった。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-10 21:22 | 音楽
2005年 01月 09日

【DVD】「リバー・ランズ・スルー・イット」 家族劇がいちばんドラマチック

◆1992年アメリカ映画。
 若い頃、家族がテーマの映画は敬遠していた。サスペンスもロマンもない退屈なしろものという思い込みがあった。ところが年を経るにつれ、家族ドラマが面白くなってきたというか心に沁みるのである。現実の家族はもう手を離れてしまったというのに、皮肉なものだ。
 本作はロバート・レッドフォードの監督3作目。アメリカ北西部、カナダに近いモンタナ州田舎の長老派教会の牧師4人家族の物語である。とにかく自然が美しい。ロッキー山脈に広大な青空、そして鱒が釣れる川、もう最低限食えるだけの仕事があればいいや、余暇をフライ・フィッシングで過せたらサイコーだなと思わせる風景である。キャスティングの釣り糸の流れるような映像は釣り好きのひとにはたまらないだろう。b0036803_2232411.jpg
 物語はいちおう賢兄愚弟ものに分類されるが、ブラッド・ピットが実に愛される弟役を演じており、兄貴役のクレイグ・シェーファー(好演)は割を食っている。少年時代の冒険や恋愛などのエピソードを積み重ねて、ラスト弟の死という悲劇に至るが、実に淡々と語られる。まさに「川がそこを流れるように」である。泣かせどころもとことん抑制しており、それだけ胸にしみいるのである。レッドフォード監督うまいわ。そして父親の最後の説教が実に泣かせる。
「愛するものが苦しんでいるのを見て神に問う。愛する者を助けたいのです、何をすれば?本当に助けとなることは難しい、自分の何を差し出すべきか。あるいは差し出しても相手が拒否してしまう。できるのは愛すること、人は理屈を離れ 心から人を愛することができる」
 家族をテーマにした映画であと思いつくの、「ゴッドファーザー(堂々たる家族ドラマ)」「鉄道員」「わが谷は緑なりき」「ギルバート・グレイブ」「阿修羅のごとく」「晩春」、まだまだたくさんありそうだ。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-09 22:09 | 外国映画
2005年 01月 08日

【映画】 「ターミナル」

 ターミナルといえば昔は鉄道の駅であったが、今は空港かもしれない。家ならば玄関口であり、その国のイメージを代表する施設である。そして小さな都市機能を備えているから、そこに棲みついている人がいたとしてもおかしくはない。前にも「パリ空港の人々」という映画があった。
 スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の本作、いつもながらの手慣れた出来である。トム・ハンクスが英語のできない外国人を演じているが、何を演っても達者なものだ。クラコウジア国ってクラミジアとまぎらわしいが、それはまあいっか(汗)。b0036803_1849337.jpg
 それより、泣き笑いを観客におしつけすぎるのではないか。さあ泣いてください、さあ笑ってくださいが目につきすぎる。主人公がスッチーのゼタ・ジョーンズと会食するシーン、インド人の芸なんて余分じゃなかったかな。サービス精神の過剰ゆえかもしれない。もっともこれは個人の好みだけど。
 なにより気になるのは主人公の「約束」というかアメリカに来た目的がもうひとつ弱いこと、「なんだこの程度の目的だったのか」と思わなくもない。○○○ファンならば納得するかもしれないが、それは主人公その人じゃないし。監視カメラを意識する様子からはかつての共産圏育ちをうかがわせるので、その辺から派生するエビソードがあって、もっと切実な目的にできなかったものか。
 まあそれでも安心して観られるハート・ウォーミング・ストーリーではある。クリスマス時分に観ればもっと良かったかもしれない。お客さんはけっこう入っていた。
 それはそうと、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、まだ30代半ばと思うが、オバサン化というか「うつみみどり現象」が進んでいやしないか、ちょっと気になる。「エントラップメント」のときなんか目を見張ったけどね。マイケル・ダグラスなんかとくっついたからだと毒づいてみるか。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-08 18:54 | 外国映画
2005年 01月 07日

シューマッハに座布団10枚、サウジは座布団なしだ

◆スマトラ沖被害について、現在把握しうる範囲であるが、各界の支援金は以下のとおり。金額は概数で1ドル≒100円。
【各国】
オーストラリア:816百万ドル、ドイツ:680百万ドル、日本:500百万ドル
アメリカ:350百万ドル、ノルウェー:182百万ドル、イギリス:96百万ドル
イタリア:95百万ドル、スウェーデン:80百万ドル、カナダ:80百万ドル
デンマーク:77百万ドル、スペイン:68百万ドル、フランス:66百万ドル
中国:60百万ドル、韓国:50百万ドル、台湾:50百万ドル
オランダ:34百万ドル、サウジアラビア:30百万ドル、カタール:25百万ドル、スイス:24百万ドル、アラブ首長国連邦:20百万ドル、クウェート:10百万ドル
おまけ
北朝鮮:0.15百万ドル
 まあ別にコンテストじゃありませんが、同じイスラム国のインドネシアが被災したというのに、サウジアラビアなど中東石油国の冷淡さがひときわ目立つ、せこすぎるというか(呆笑)。一方でサウジの王族がスペインのバカンスで100億円近く使ったとかカジノで何億円もすったとかのニュースがある。真底から腐敗している。建前イスラム教、本音は利権国家、だからアルカイダが生まれるのだろう。
【著名人】
ミヒャエル・シューマッハー(ドイツ・F1レーサー):1000万ドル
ビル・ゲイツ(アメリカ・IT長者):300万ドル
スティーブン・スピルバーグ(アメリカ・映画監督):150万ドル
サンドラ・ブロック(アメリカ・女優)):100万ドル
レオナルド・ディカプリオ(アメリカ・男優):100万ドル
松井秀喜(日本・野球選手):50万ドル
ぺ・ヨンジュン(韓国・男優):30万ドル
マリア・シャラポワ(ロシア・テニス選手):1万ドル(約100万円)
おまけ
デンマークのホームレスの方:約0.36万ドル
 これも金額の多寡ではないのだが、シューマッハ選手の10億円はやはりすごい。高額の寄付行為といえば自分の財団あての「自作自演」ばかりだったので、個人による正味の寄付としてはこれまでの最高額かもしれない。そして松井選手も実に立派だ。著名人は名前を出してこそ意味があると思う。こういった売名行為は歓迎。
あと匿名の寄付なんかでマネー・ロンダリングを合法化すれば、もっと集まるかもしれないけど、まあ無理か(笑)。b0036803_1144344.jpg
【DVD】「ミスティック・リバー」2003年アメリカ映画
 デニス・ルヘイン原作の後味がもうひとつだったのでパスしていたが、キネ旬の外国映画1位ということで、いちおう観ておこうかと。結論を云うとやっぱり後味の悪い映画。同時期に公開された「ニューオーリンズ・トライアル」のほうがはるかに面白かった。少年へのレイプ事件が背景にあるから日本人にはあわないかもしれない。もっとも将来はわからない。タイトルは「犯罪をおおい隠す川」という意味か。アメリカの抱える病理を訴えているのだろう。それでもショーン・ペンとティム・ロビンスの演技合戦をみる値打ちはある。そして最後までだらけずに観られるのは監督クリント・イーストウッドの才腕。原作のテイストはよく生かしている。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-07 23:59 | 時事
2005年 01月 06日

拉致のキーパースンよど号犯妻

◆高沢皓司著のノンフィクション「宿命」はよど号ハイジャック犯の数奇な人生を辿った「スコぶる面白い」ノンフィクションである。へたなミステリ小説顔負けといってもいい。いまから30数年前、日航機よど号が平壌郊外の空港に着陸したときは、日本赤軍派の北朝鮮への亡命事件と思っていた。ところがそれは序章に過ぎず、ヨーロッパでの日本人留学生の拉致事件に関わってくるのである。この本では有本さんは実名であるが、石岡さんと松木さんはそれぞれIさん、Mさんになっている。
 いまの韓流ブームを思えば信じ難いことであるが、よど号事件当時は韓国のほうがカルト国家視されていた。朴軍事政権の人権抑圧問題が取り沙汰され、1973年には後に大統領になる金大中を東京で拉致する事件まで起こしている。一方北朝鮮のほうは1960年代から千里馬運動の「成功」を高らかに宣伝しており、まったく好対照にみえる両国であった。今では北朝鮮が楽園を偽装した収容所国家であることは知れ渡っているが、当時の日本人の多数はすっかり北のプロパガンダに騙されていたのである。岩波新書の「韓国からの通信」がベストセラーになり、韓国批判は盛り上がっても、北朝鮮の批判はさほどなかった。なにせ学校の先生が北朝鮮の発展を賛美する時代であり、わたしも欺かれていた。そうした今とはまったく異なる時代の空気の下で赤軍派の学生たち9人が“明日のジョー”を気取って軍事訓練を目的に北朝鮮に行ったのである。その後3人が死亡したとされ、1人は日本で服役中、1人は出所済み、そして4人がなお北に残っている。若者の挫折した冒険譚で終わるならばそれもよしであろうが、物語はいまも続いており、その残った4人の妻子等家族6人がこの夏までに日本に帰国するそうである。b0036803_22225147.jpg
 このうちよど号犯の妻である森順子と若林佐喜子は拉致事件にからむ重要容疑者だ。拉致被害者のことは頬かむりして、自分らが先に帰国するとは身勝手きわまりない行為である。将来の金王朝の崩壊を見越した行動であろうが、黙秘して旅券法違反の軽罪で切り抜けられると思っているとしたら、人間として恥ずかしくないのだろうか。
 さて、冒頭紹介の著者高沢皓司は本件の取材で知り合ったよど号犯の元妻八尾恵と内縁関係になり、今は病床にあって八尾恵の看病を受けているらしい。続編を期待していただけに残念なことであるが、これもまた数奇な物語である。
◆冷え込みがきびしく、暖房していても寒くて震えがとまらない。使い捨てのミニかいろを4個肌着に貼り付けて出勤する。なんともはや、かつてのプレイボーイも台無しだね(苦笑)。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-06 22:32 | 時事
2005年 01月 05日

イラクはいったいどうすんのよ

◆すっかりインド洋大津波のかげになってしまった感もあるが、「イラク戦争」おさまる気配はみじんもありません。この月末に実施予定の国民議会選挙をひかえて、抵抗勢力のテロがますますさかんになっている。米軍の死者が1千人を突破したそうだが、イラク人の犠牲は10万人を超えるという報道もある。津波被害と同様に途方もない数字であって、とりわけ女性や子供の犠牲者が多いというから、こちらも悲惨きわまりない事態である。
 ふつうここまできたら、まともな選挙の実施などとうてい無理だろう。常識人の感覚で理解できないのだろうか。それどころかアメリカが勝つなど無理、ドローに持ち込めたらそれこそ僥倖ものである。イラクの民心はもう離反している。ユダヤ・ロビーの口車と戦争ビジネス屋の打算で仕掛けた戦争が大間違いだったわけだ。地勢や宗教など現地情勢の専門家ではないのでえらそうなことはいえないが、いったん米軍が退いてリセットするしかない。それには津波の救援が休戦のいい名目にならないだろうか。イラクの戦費もばかにならない、救援費用に回すほうがはるかに有用である。米軍撤退後の内戦、混沌状態を心配する意見もあるだろうが、いまでも相当なジェノサイド状態なのである。居座ればもっとひどくなる可能性があって、いずれは撤退せざるを得ない。過去にもソマリアなんかではさっさと撤退している。
大国のメンツがもたらす不条理な死、理不尽な死はもうごめんこうむりたい。ベトナムのように大量の難民が出るだろうが、それは仕掛けた国が引き受けるしかないだろう。
 アメリカはかつてガン戦争を唱えていたが、そっちのほうで大いに戦ってほしいものだ。
◆実習中の32歳司法修習生が東京地裁の女子トイレに侵入した容疑で逮捕された。隠しビデオカメラを設置していたそうだ。苦学の末、合格を果たしたはずなのになんともったいないこと。判事か検事に任官して刑事事件を担当すれば飽きるほど「証拠物件」を堪能できるじゃないか。国際弁護士になってもよい。たしか「アリー・マイ・ラヴ」の舞台であった弁護士事務所のトイレは男女共用だったはず。いや、そんな問題じゃないか(汗)。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-05 23:59 | 時事
2005年 01月 04日

“TSUNAMI”についてあれこれ想う

◆本日より仕事始めなり、うっとうしい気分もあるが、体調のためには生活のリズムも早めに戻さなければいけない。いつまでも遊んでられないし。
◆実際のところ、正月気分はあまりない。ここ数日来、インド洋の“TSUNAMI”についてあれこれとりとめもない思いが交錯する。過去に三陸沖の大津波があったといっても旧いことで教科書一行程度の知識であった。昨年末、クリスマス翌日の災害初報時は、年末年始それも早めの年末から遊びにいける人なんてけっこうな身分だよな、だからバチがあたるんじゃないのといった不謹慎な発想がアタマをかすめたことを吐露しなければならない。自分よりも不運な人をみつけて安心するといった下卑た考えでもある。それが直近の報道では「犠牲者は少なくとも15万人以上」となり、まさに顔色をなからしめる事態になっている。
 医者から「もう有効な治療手段はありません、ホスピスの手配も考えておいてください」と云われた自分がまだ生き粘って、何ごともなく平和に暮らしていた万単位の人々が突然に生命を奪われている。これってなんて不条理なんだろうなと思わざるをえない。もしかすると有史以来最大規模の自然災害による惨禍に直面しているかもしれない。しかも初めて見るという映像付だ。「ノアの洪水」の再来ではないかしらと粛然たる思いになる。
 おりしも阪神大震災からまもなく10年になる。あの震災について自分なりの回想をこのブログに残しておこうかと思う。それでどうなるものでもないが、自分の気持ちを落ち着かせる意味ぐらいはあるかもしれない。
 さて現実世界の対応であるが、日本の救援活動が素早かったことや5億ドルの無償支援声明、素直によかったと思う。しかし政治のリーダーシップによるものではない、みんな役人のお膳立てである。阪神大震災以降の経験が生きているのだろうが、首相が映画見物したり高輪のホテルで休んでいても、行政はそれなりに機能している。なんだかんだ云っても日本の役人は基本的には有能である。社会保険庁をつぶしてしまえとかやれ大阪市役所はどうしょうもないとか批判はあるが、それは一部のことであろうし、不眠不休で仕事しているひともいる。やはりいいことは認めねばならない。国際的にみても清廉なほうであるといったら誉めすぎかな。中国の官吏なんてひどいものだし。日本の問題は天下りにみられるような政官の癒着と行政組織そのものの制度疲労だろう。例えば予算使いきりの無駄とかであるが、それはまたいずれ。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-04 23:59 | 身辺雑記
2005年 01月 03日

お正月は落語で免疫力アップ

◆初詣に行く、毎年すいている神社に出かけているつもりだがそれでも人出は多い。しんどいのでもうやめようかと思うが、去年の破魔矢を返納しなければの責務にかられてつい行ってしまう。毎年初穂料を納めて神さまから記念の品を「授与」されるわけで、ビジネスモデルとしてみればほんとによく出来ている。実に悔しい(苦笑)。コンピュータ・ソフトの会社ともどこか似ているようだ。マイクロソフトがその最たるもので、出来が悪いくせに商売だけ達者な新興宗教みたいなもんだ。
b0036803_8582149.jpg◆新年の初笑いといえば落語、元日の夜に録画しておいたNHK教育「日本の話芸」を視る。霞ヶ関イイノホールでの新春落語会の総集編のようだが5時間もある。残念なことに関西では常設の寄席がない、前売りのチケットをわざわざ手配してホール落語というのもおっくうだし、なにより演者の表情が見づらい。手頃なスペースのスポット寄席はたいてい夜中だ、それでテレビオンリーになってしまう。
 さて録画のほう、とても5時間通してみられず半分ほどみる。林家木久蔵が演じる師匠(林家彦六)の物真似が面白かった。“師匠、餅ってなんでこんなにカビが生えるんでしょうね”“そりゃおまいさん、早く食わねえからだよ”こんなのテキストでは面白さは伝わらないだろうな。ああナマでみたいもんだとしばし嘆息。しかし「蛇含草」ってほんとシュールな噺だね。桂歌丸の「紙入れ」、マクラのバレ噺(艶笑噺)、きわどい語りだが思わぬNHKの許容範囲に変な感心をしてしまった。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-03 23:59 | 身辺雑記
2005年 01月 02日

中島みゆき「肩に降る雨」

◆同時代の歌手といえば荒井(松任谷)由美や亡くなった河島英吾が挙げられるが、代表格といえば中島みゆきである。最初の頃の感想は歌の暗いイメージとラジオDJでのはしゃぎようとのあまりの開差にとまどいがあって、ユーミンのほうがはるかに鮮烈な印象があった。それが長い間聴きつづけているうちにいつのまにか逆転していた。結論からいうと、中島みゆきの持つ音楽埋蔵資源の大きさに驚嘆しきりである(ユーミンファンの方にはごめんなさい)。デビューした1975年に生まれた人がもう30歳になる、「夜会」はばあさんになっても続けそうだし、もうおそれいりましたの気持ちである。
 阪神大震災当時の「誕生」、映画学校Ⅲの主題歌でもある「瞬きもせず」など自分の心をずしりと直撃した歌である。これ以外にも好きな歌はたくさんあるが、この場ではとてもきりがない。それで好きなアルバムをひとつと云われたら、夜会のテーマ曲を集めた「10WINGS」と答えたい。「泣かないでアマテラス」や「ふたりは」などを聴くと、中島みゆきが音楽を担当する和製ミュージカルの登場を期待せぬでもない。今後、日本のアンドリュー・ロイド・ウェバーになりうる人だと思うのだがどうでしょうか。b0036803_18125937.jpg
 さて、マイ・ラスト・ソングは1985年発表のアルバム「missM.」(きっと「みゆき嬢」なんでしょうな)から「肩に降る雨」。よく失恋ソングの女王と評されるが、これは失恋超越ソングというか、泣きあかして悲嘆にくれたその先にある再生を歌い上げた生命讃歌でもあると思う。失意のとき、落ち込んだときにじっくり聴きこみたい歌だ。

   ♪肩に降る雨の冷たさも気づかぬまま歩き続けてた
    肩に降る雨の冷たさにまだ生きてた自分を見つけた
[PR]

by chaotzu | 2005-01-02 18:13 | 音楽
2005年 01月 01日

2005年はじまる

◆いつものことだが年末年始は本もなかなか読めないしビデオも観られない。子供が帰ってくるせいかもしれぬが、それでとくに忙しいということもない。なんとなく気分が落ち着かないのだろう。離散家族が久々に集うといっても実際は淡々たるものである。まあみんな健康なのでそれでよし。
 夜、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート、NHKBSの中継を視る。指揮者はロリン・マゼール、恒例のラデッキー行進曲はなかった。インド洋大地震の惨禍をみれば観客もパチパチ拍手で参加するこの曲はさすがにやり難いかもしれない。避寒に行ったヨーロッパ人が多数犠牲になっているらしい。とくに人口900万人のスウェーデンなんかは犠牲者1千人の見込みというからすさまじいものがある。
b0036803_11322854.jpg◆一日バックして昨夜の紅白は、お目当ての「マツケンサンバⅡ」だけ。とにかく災害の1年だったから、これぐらいド派手に演らんとね(観客参加の「ラデッキー行進曲」とはまた違う)。病気で余命宣告された後、はじめて瞠目したのがこのパフォーマンスだった。松平健のえらいのは、照れもせずに10年来堂々と続けてきたこと、さすがプロというか。金ラメ入りの着流しで鬘をかぶってサンバなんて、そりゃはじめはゲテモノ扱いで、お客もひいただろう(笑)。何ごとも継続は力なり。
 たまたまその前の波田陽区もみたが、「紅白の勝ち負けなんて誰も気にしちゃいませんから」いや、まったくその通りで思わず笑う、この人の芸で初めて笑った(苦笑)。洒落に流せる度量があればNHKもまだ捨てたものじゃないのだが。
◆さて、このブログも続けられるかぎりがんばろう、マツケンさまを見習って。
[PR]

by chaotzu | 2005-01-01 23:59 | 身辺雑記