マイ・ラスト・ソング

chaotzu.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2005年 02月 17日

【NHK・BS】「その男ゾルバ」 怪優クインの名演

◆1964年アメリカーイギリスーギリシア合作映画。子供当時から気をそそられるタイトルの映画で、てっきりスパイものか冒険活劇の類かと思っていた。いざみると全然ちがっておりました。
 原題は「ゾルバ・ザ・グリーク」で、ギリシア人ゾルバ。ひと言でまとめると西欧社会とは異質のギリシア人気質を描いた映画ということでしょうか。
 舞台はクレタ島、紀元前には文明興隆の歴史があるも、映画当時は貧乏きわまる島である。雰囲気風習も独特で、寡婦を集団リンチにかけたあげく殺してもお咎めなし、安ホテルを経営するフランス人女性が亡くなったとたん、婆さん連中が押しかけて略奪し放題などかなりえげつない場面がある。
 それでもギリシア人ゾルバは踊るのである。背景に苦難の歴史とそれでもめげないギリシア人魂があるのだろう。b0036803_2255018.jpg
 ラスト、鉱山の再建が結局失敗しても、あっけらかんとしてゾルバはイギリス人の雇い主(「幻の市街戦」のアラン・ベイツである、この人も怪優)に云う。
 「あんたにはひとつ欠点がある、冷静すぎるとこだ。時には我を忘れないと束縛から自由になれないよ」
 イギリス人が云う「ダンスを教えてくれないかい」ゾルバ「よし、いこう」「それにしても見事に失敗したもんだよな」そしていっしょに大笑いする。
 今までみたなかで最高の男同士のダンス・シーンだった。思わずこちらも踊りだしたくなってくるほどだ。
◆それにしても、アンソニー・クインはなんでもこなした役者だった。器用なのか不器用なのかよく分からないが、イタリア人(道)、アラビア人(アラビアのロレンス)、ギリシア人(ナバロンの要塞)を演じている、インディアンの役もあったのではないか。国籍不明の味のある役者さんでした。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-17 22:14 | 外国映画
2005年 02月 17日

ニフテイの思い出

◆ニフテイがとうとうパソコン通信を終了する。いちおう来年の3月末をもって終了の発表であるが、現在の利用者は2万人ということであり、最盛期の300万人を思えば事実上休止も同然なんだろう。あるいは“えっ、まだやってたの”と思われる方もいるかもしれない。実は小生もそうである。b0036803_21482883.gif
 10年ほど前はじめてパソコンを購入したとき、ついていたニフテイの無料券がパソ通体験のきっかけであるが、大半のひとも同様だったのではないか。時間制の課金負担があったので、ディープな利用者ではないROM専門で、専用の巡回ソフトが必需品だった。その頃がパソ通の全盛期だったかもしれない。あっという間にインターネットに代替わりしてしまったが、文字だけの情報にもそれなりの味わいはあった。パソコン関係のフォーラムにはだいぶ教えてもらったし、ほかにも優秀な常連さんがこまめに情報をアップしてくれるフォーラムもあった。フリーソフトの入手などそれなりに重宝したものである。また著名人が登場することもあった。唐沢俊一氏なんかは会議室も持っていたのではないか。
◆いわばインターネットにおける2ちゃんねるの先駆的存在だろう。しかし匿名の2ちゃんねるよりも、固有のハンドル名を使うパソコン通信のほうが節度はあったように思う。少なくとも「便所の落書き」みたいなコメントは少なかった。もっとも、会員間のバトルが勃発するのは同じであり、それを楽しみにするフォーラムや内輪のパティオもあったぐらいである。残念ながら、会員数の増加に比例してバトルも増えたあげく、ついには訴訟沙汰になるケースも出てきたりする。同時並行でインターネットへの移動も加速していき、フォーラムの勢いも衰えていくのである。この辺り「ニフテイ帝国衰亡史」としてまとめれば、面白い読み物になるかもしれない。実際に「電車男」をしのぐストーリーもあったのではないか。
◆パソコン通信のウリとして「オフ会」なるものもあった。フォーラムによっては、合コン的雰囲気もあったかもしれない。なにしろ女性の参加者が少なかったので、女性名のハンドルは大事にされていたようで必ず白馬の騎士気取りの奴が出てくる、実際は男だったかもしれないのに(爆笑)。
 オフ会には一度も参加したことがなくその気も全くなかったが、フォーラムによってはよく告知されていたようだ。いまから思えば、いちど覗いてみてもよかったかもしれない。会議室によっては気恥ずかしいハンドル名が跋扈していた。例えば「鬼畜」さん「縄極道」さん「浣腸」さん「○○責め」さんなんかが常連のオフ会なんかがあるとすれば、どう進行していたのだろうか興味がなくもない。「キャサリン」さんや「メーテル」さん、「オードリー」さんなんかは素顔を見ないほうがよかったかもしれん、いや怖いもの見たさもあるかな(笑)。
 いずれにしても、パソコン通信は一時代を画してそれなりの使命を果たしたことは確かだろう。まだ終わってはいないが、最後までまっとうされるシスオペ諸氏にはご苦労さまでしたと云いたい。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-17 22:04 | 時事
2005年 02月 16日

期待どころか不安いっぱい神戸空港

◆中部国際空港がいよいよ明日(2/17)開港する。実は神戸空港も開港まであと1年(2006年2月16日)なのであるが、期待度の低さを反映してか、世間一般の関心は悲惨なまでに乏しいようだ。
 そりゃあたりまえだろうと思う。関西国際空港、伊丹空港が既にあって、近畿圏都市部で三つ目の空港だ、多すぎますって。おまけに関空二本目の滑走路新設ともろにぶつかっている。狭いところで空港が四つといってもいいかもしれない。どうみても足のひっぱり合いで共倒れ必至だろう。
 韓国の仁川空港、中国上海の浦東空港という強力なライバルとの国際間競争の時代であるというのに、わざわざ空港の人的物的インフラを分散させて隣近所で競争しましょうというのだから実に馬鹿げたことである。
b0036803_0153744.jpg◆地方空港としての神戸空港の需要予測は、来年の開港時は319万人、その10年後には434万人を見込んでいる。ちなみに平成15年度の国内線乗降客は伊丹空港1900万人、関西国際空港が550万人であるから、つまるところ、大半は伊丹の客をあてにしているのだろうが、はたしてうまくいくものか。
 発着回数は初年度54回/日を見込んでいるが、今のところスカイマークが羽田便8往復程度、ANAが約10往復、そしてJALが「早い段階で」10往復程度の表明であり、全部オッケーとしても、まだ26便足らないなんとか達成する。航空会社が様子見するのは、前記の事情からも当然であろうし、とらぬ狸の皮算用になりはしないのか。なにより歴史のある伊丹空港に比べれば、空港の利便施設もまだまだ貧弱だろうし、ただ滑走路だけあったらいいというものではないのですよ。
◆へたすると、但馬空港の二の舞になる心配がある。同空港は内陸部の空港では乗降客国内最小(平成15年度23千人)の悲惨さであり、着陸料収入は年間僅か約三百万円。兵庫県が航空会社に年間約1億円を超える赤字補てんをし、地元市町が利用客に助成金(大阪まで1万円が4千円になる)を出したりして、一日2往復だけの大阪便をなんとか維持している現状である。
 但馬の方には申し訳ないがはっきり云って赤字垂れ流し空港。だいいち地元の人も神戸に行くのは車(高速道)のほうが便利と云ってるほどである。神戸空港も同じ轍を踏む可能性大であり、その場合、赤字は神戸市民が背負うことになるのか。
◆大阪市役所職員の厚遇問題が話題であるが、神戸市に対しては、もう空港なんか造らんでもいいから、職員の厚遇をずっと維持してくださいと陳情するほうが市民の負担がずっと少なくなるかもしれん。こうなるともうほとんどシュールな世界です。
[追記]
 発着回数の件、往復便のカウントで勘違いしていたようだ。カッコ悪いが見え消しで修正しておく。それでも新空港に対するトホホ感はどうにも変らない。いやはやなんとも。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-16 23:30 | 時事
2005年 02月 16日

【NHK・BS】「自転車泥棒」 やるせない哀しさ

◆1948年イタリア映画。イタリアン・ネオ・リアリズムの不朽の名作と評されるも、子供の頃、テレビでちらっとみてあまりに暗いイメージであったゆえ、これまで敬遠してきた映画である。b0036803_20561191.jpg
 物語は父親と息子の絆が軸であるが、大戦後のイタリア社会の実相も容赦なくえぐっている。ひとことで云うとやるせないほどの「貧乏映画」。ほんとうにやりきれないというか辛い内容だ。自転車を盗んだ若者を偶然見つけて追及するも、そこは「泥棒集落」で住民総出の反撃をくらってしまう、貧乏な主人公より更に底辺の人間がいるといった具合である。また、一部の富裕階級や教会、共産党らしい組織?まできちんと描いている。
 唯一の救いといえば、自転車の持ち主が子供に気づいて父親を警察につきださなかったことぐらいであるが、群集にこづきまわされる父親の姿はあまりに哀しい。
 この当時、アメリカの映画やテレビドラマは最新の文化的生活を謳歌した憧れの対象であるも、あくまで別世界であった。その点同じ敗戦国であったイタリアの映画にはまさに日本と重なる人々の姿や風景があった。自分はかろうじてその辺りの理解ができる世代であるが、さて、いまの若者がみるとどうだろうか。
 自転車がいっぱい駅前にゴロゴロ放置されているいまのご時世であれば、さっぱりうけないかもしれない。それどころか、ちゃんと施錠していないから悪い、みっともなくダサいこんな父親嫌だなんて思い切り突き放した見方をするかもしれんな(苦笑)。
 この映画には続編があると思う。それは父親の流す涙をみた幼いブルーノくんの後日譚であるが、みたひと各々が頭のなかで紡ぎだす物語である。きっと、しっかりした大人に育っているだろうと思う、そう思いたい。少なくとも寝屋川の小学校で教師の背中を包丁でぶすりと突き刺した少年みたいにはならんだろう。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-16 21:05 | 外国映画
2005年 02月 15日

ホリエモンはトリックスター?

◆フジテレビvsライブドアの「仁義なき戦い」、株価動向をみるかぎり、買占め側のホリエモン(以下「ホ氏」)が苦境にたったようだ。ホ氏に対する世評も芳しくない。リーマン・ブラザースからのリスキーな資金調達手段(MSCB)や時間外取引を使った奇襲攻撃的な株式取得手口の評判がよくないようである。さらに乗取り屋、虚業家の声もある。たしかに行儀がよくない面はあるかもしれない。b0036803_2233740.jpg
しかし、東証マザース上場会社の経営者に月並みな社会通念を期待してもな(笑)。それに社会が変革していくなかで、ホ氏のような「かき回し屋」も時に応じて必要かなと思わぬでもない。
 ことの発端はフジテレビとニッポン放送のいびつな株式関係にある。過去に財界の重鎮がフジ・サンケイグループの私物化を狙って、ニッポン放送に持ち株会社の役割も担わせた。いってみればそれをここまで放置してきたことのつけが回った側面もあるのではないか。
いまプロ野球がニリーグ12球団を維持できているのもホ氏の「功績」だろうし、誰か応援してやる人はいないのかな。
◆最近痛感することであるが、「もっとお金が欲しい」「女にもてたい」とかの生臭い欲求が実際に社会を動かすうえでの原動力かもしれない。「世のため人のため」とか「世界人類の幸福を願って」なんて美辞麗句は後からついてくるもので、天の岩戸を開けるときは、行儀の良し悪しなんて云ってられない。いや、別にホ氏をそうきめつけているわけではないんだけど。
◆省みて自分のこれまでの人生はというと、実にちっぽけなものでなさけない限り。せいぜいお酒関係の業界に少々の「寄与」をしたかもしれないが、家族からはひんしゅくものであった。それに比べて、自分よりはずっと若いホ氏のほうが、よほど社会を動かしている。
 うろ覚えであるが、ホ氏の元共同経営者(名前忘れた)の人は20何億円の莫大な私費で宇宙旅行をするそうだ。ホ氏も株式公開で一攫千金のIT長者で悠々自適の身であろうに、なお商売意欲をたぎらせている。自滅するかもしれないがそれはそれで見上げたものだと思う。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-15 22:13 | 時事
2005年 02月 14日

いつまでも長嶋さんじゃないのに

◆年々、プロ野球に対する興味が薄れつつある。昔はキャンプ報道など熱心にみて、新戦力への期待などわくわく感があったものだが、見事なほどさっぱりしたものだ。せいぜい興味をひいたのは沖縄久米島の楽天キャンプぐらいか、久米島の人たちの熱い期待がブラウン管ごしに伝わってくる。宮古島や石垣島に比べて地味な島が、全国ニュースになった、喩えはわるいが島民にとっては太平洋戦争以来の出来事ではなかったか。
◆そんななかで、脳梗塞リハビリ中の長嶋巨人軍「終身名誉」監督が、地震復興支援のチャリティーオークション出品に直筆でサインしたとのニュースをスポーツ紙がでかでかと報じている。しかし、いつまでナガシマさん頼みをするつもりかね、プロ野球は。とくにヨミウリは、息子の一茂氏にも頼って代表補佐に仕立てているが、人気の世襲化なんて勘違いも甚だしいのではないか。
b0036803_2345422.jpg◆ナガシマさんが日本プロ野球史上有数の名選手であることは否定しないが、はっきり云って指導者としては無能であった。「名選手必ずしも名監督に非ず」の典型である。読売新聞もそれは十分承知していたのだろう。長嶋さんが巨人監督にカムバックした年(1993年)にドラフトの逆指名制度(現在の自由枠)やFA制度をゴリ押しで導入している。誰が監督であっても優勝できる陣容を目指したのであろう、お金にまかせて手当たり次第に既成の有名選手を獲得していった。結果として在任9年間に3回優勝しているが、同期間ヤクルトは4回優勝しており、コスト・パフォーマンスはかなり悪い。巨人の選手自身も球団に愛着をもっているか疑問であり、松井選手が去ってしまうなどで、今日のテレビ視聴率の低下や観客減少の遠因にもなっている。それだけならば一球団の損失で済むだろうが、年俸の高騰を招いたあげく、とうとう近鉄球団は消滅し、看板選手の中村ノリは日本におられず米ドジャースとマイナー契約といった事態である。しかし、ここに至っても日本のプロ野球はなお構造的な問題を放置したままである。
 ナガシマさんの回復具合もたしかに明るいニュースであろうが、はたして大きくとりあげるものなのか。直筆なるサインを見てもむしろ痛々しく感じてしまう。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-14 23:09 | 野球
2005年 02月 14日

やったね、藍ちゃん

◆南アフリカでの第1回W杯女子ゴルフ、北田瑠衣(23歳)と宮里藍(19歳)の日本人コンビが、通算3アンダーで見事優勝、快哉である。とくに宮里選手は最終日67のベストスコアである。まだ高校卒業して一年目であるというのにびっくりだ。女子プロゴルフは「お嬢さん芸」の延長みたいにみられたところがあって、一時人気低迷していたが、実力若手の出現で完全に盛り返している。(ローラ・ボーもまた懐かしいけど、それはそれ)b0036803_2243323.jpg
◆かつて、男子プロの尾崎将司が日本国内では無敵であるのに、海外試合ではさっぱりで内弁慶と云われたことがあった。同選手はいつも取り巻きを引き連れた「ジャンボ軍団」の大将格で豪傑イメージが売りであったが、海外ではほんとに弱かった。
 こう云ってはなんだが、仲良し仲間と群れたがる選手ほど肝心の勝負時に弱い傾向があるように思う。野球の世界では巨人の清原選手もよく似ている。
 突き放した云いかたをすれば、クラブ活動の延長線上で職業野球をやっているようにみえてしまうのだ。この点、メジャーに行ったイチローや松井選手は大違いである。いわば個を確立しているかどうかの違いではないのか。そういう点では藍ちゃんは受け答えもしっかりしておりたいしたものである。
◆土曜日の朝日朝刊、横峯さくら選手が父親への思いを語る記事も感動ものだった。うんと若い時分から半端な気持ちで取り組んでいないのである。性根がすわっているというか卓球の福原愛ちゃんもそうだ、惜しくも準優勝で終わったが、勝負師的な厳しい表情を垣間見せるときがある。クラブ活動とか体育会のスポーツにはみられない必死さであって、自分にはこれしかないんだの一途さがあらわれているようだ。
 それはそうと、北田瑠衣選手のインタビューもきちんと放送するべきだと思う。コンピで優勝したというのにちょっとかわいそうだ。二日目のチップ・インなかりせばじゃないのか。
◆別のはなし。昨夜のサンデースポーツ、元ボクサー東洋チャンピオンのカシアス内藤(55歳)に関する話題にも感じるものがあった。新進気鋭で一時はかなり期待されたボクサーであった。リング名のカシアスの由来はカシアス・クレイ(=モハメド・アリ)といってももう旧いはなしか。昨夜は念願のジムを横浜石川町でとうとう開業したというはなし。ところが当人は咽頭ガンに侵されているらしい。なんということだろう。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-14 22:59 | 時事
2005年 02月 12日

【NHK・BS】永遠のフォークソング名曲集

◆冒頭に西岡たかしを見かけたので、ついつい最後まで見てしまう。おかげで9時からのNHKスペシャル「司法大改革」を見そびれた。五つの赤い風船の「遠い世界へ」はやっぱり名曲だなと思う。「血まみれの鳩」もやってほしいけどちょっと無理か。トワエ・モワの「ある日突然」、そして元赤い鳥の山本潤子さん「翼をください」、相変わらずいい声している。フォークルの「帰ってきたヨッパライ」、泉谷しげるの「春夏秋冬」(これも名曲)、村下孝蔵の「初恋」などのレア映像も流れる。これにはっぴい・えんどの映像もあればもう目がうるうるするかもしれん。b0036803_2349639.jpg
考えてみれば30年以上も前の唄である。かつて、フォークやロックは若者の歌であったが、いまやじいさん・ばあさんの懐メロだ。NHKもそれを狙っているのだろう。西岡たかし60歳、小室等61歳、高田渡56歳(元祖四畳半フォークのひと、意外に若い)、イルカ54歳(童顔だけどもう孫がいるんだな)、山本潤子55歳、ムッシュかまやつ氏はなんと66歳だ。昔は演歌のほうが年寄りの唄のイメージがあったが、氷川きよしが登場したりですっかり逆転しているよ(苦笑)。
 出演のみなさんは元気そうであるが、映像出演の村下孝蔵、河島英吾は既に亡くなっている。「花嫁」の坂庭省吾も昨年亡くなった。残念なことだ。端田宣彦なんていまどうしているのだろう。さっぱり見なくなった。
◆ふりかえると、60年代フォーク・ブームの背景にはベトナム戦争や米ソ冷戦の影響がものすごくあったと思う。いまテロとイラク戦争の時代であるが、遠い世界に旅にでようか~♪なんて唄うと、自己責任でビシバシ責められそうである。それだけ世の中がせちがらくなったのだろうか。それとも方向感覚を喪失しているのだろうか。

  ♪これが日本だ私の国だ
   若い力を体に感じて
   みんなで歩こう長い道だが
[PR]

by chaotzu | 2005-02-12 23:54 | 音楽
2005年 02月 12日

創価学会と楽天球団?

◆今週発売の週刊文春は深層レポートと称して“楽天三木谷オーナーと創価学会「最強タッグ」で球界支配の野望”。
b0036803_1905518.gif 内容は創価学会の信者であるコーチがいて、それは小野投手コーチ、山下バッテリーコーチ、広橋守備コーチの3人。広橋コーチの娘婿であるエースの岩隈投手も熱心な学会信者である、さらに三木谷オーナーの母方の祖父(故人)は学会の神戸支部長で功労者であったことなど。
 なるほど、エースの金銭トレード決着とか読売ナベツネ氏の楽天への肩入れなど球界地下水脈の存在がうかがえる記事ではありますが、これでもって球界支配の野望とはかなり羊頭狗肉の感がある。プロ野球に浸透しているといっても、それは野球の実力があってのはなしだろう。いくらなんでも深層レポートはおおげさ(笑)。
 記事で仰々しく採りあげるまでもなく、プロ野球における創価学会信者の存在など公然化しており、秘密でもなんでもない。すでに創価高校や創価大学から何人もプロ入りしているし、そもそも創価学会最初の国会議員であった故白木義一郎氏は東急フライヤーズのエースであった。だいいち宗教団体と野球の因縁を云い出せば、PLや天理高校、智弁学園なんかはどうなんだとなりかねない、それこそきりがないことだ。
 もっとも、創価学会は宗教団体どころかカルト利権団体である、全国あちこちにある豪壮な池田記念会館を見よと云われたら、また別のはなしになるかもしれない。
◆正直云って創価学会は嫌いである。かつては底辺の貧しき人々が肩を寄せ合って支えあう組織であったことはたしかであるが、いまは現世利益を追求する利権団体に成り下がっている。球界支配の野望云々よりも、地方行政支配の実態のほうをもっと追及したらどうか。たとえば公明党が与党におさまっている地方自治体の公務員とか教員採用のことなど、突っ込んでみろよといいたい。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-12 19:05 | 時事
2005年 02月 11日

故瀬戸川猛資氏のこと

◆評論家の瀬戸川猛資氏が肝臓ガンで亡くなってから、もうすぐ6年になる。享年50歳、あまりにはやすぎる死だった。活字と映画の双方において大きな影響をうけた評論家兼水先案内人であったので、いまだに惜しまれてならない。健在であれば、まちがいなくエンターティメント評論の分野において小林信彦的な存在になり得る人であったろうと思う。だから忘れぬうちにこの日記でも書きとめておくこととしたい。
◆ミステリマガジンで「夜明けの睡魔~名作巡礼」の連載が開始されたのは1980年、これは目からうろこの画期的なミステリ評論だった。
 ・ロス・マクドナルドは本格ミステリ作家である。
 ・ホーガンのSF「星を継ぐもの」は本格ミステリの快作である。
 ・スタンリイ・エリンに異色作家のレッテルを貼るのはまちがいである。
 ・ほとんどSF的にクレージーなヴァン・ダインの「僧正殺人事件」
……いま振りかえれば、著者が30歳そこそこ時点での評論であり、怖いもの知らずの切り込みであったろうが、当時はそれがとても小気味よく感じられたものである。いわば新鮮なショック感。その10年後には同じミステリ・マガジンで「夢想の研究」を連載している。本(活字)と映画(映像)をリンクさせた評論集でこちらも斬新な試みであった。「12人の怒れる男」の解読なんかは絶品だと思う。司馬遼太郎唯一のミステリ小説「豚と薔薇」を紹介したりで、よくこんな全集未収録の珍品を発掘するなといったところもあった。また、「鉄欠乏性の貧血」で入院したことなども連載中に明らかにしている。この時点から病魔が忍び寄っていたのだろうが、あるいは当人はもう全部承知していたのかもしれない。
 上記2作は早川書房から単行本になったが、現在はなぜか東京創元社の文庫になっている。今でも多分入手できるだろう(ただし文庫本にしては少々値が高い)。
 その後も映画やミステリの評論で独特の切れ味をみせていたが、ミステリ・マガジンにおける座談会の写真が異様に黒い顔色でどうもおかしいなと思っていたところに、逝去の記事であった。
b0036803_2364348.jpg◆瀬戸川氏の業績でなにより特筆すべきことは、映画評論家の双葉十三郎がスクリーン誌に連載した「ぼくの採点表」を全5巻の単行本にまとめあげたことである(その後キネマ旬報社が1巻追加して現在は全6巻)。このためにトパーズ・プレスという出版社も立ち上げている。双葉氏の採点に加えて製作年次、原題、監督、出演者、あらすじ紹介まであるので、かなり値ははるが、映画ファンにとってはかなり重宝する本である。ちなみに双葉氏の採点☆が3個以上の作品であれば、観ても時間の無駄にはならない。
 若すぎる死ではあったが、かくも素晴らしい「作品」を遺していったこと、ときにうらやましく感じることもある。
[PR]

by chaotzu | 2005-02-11 23:16 | 読書