<   2005年 04月 ( 48 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 18日

【読書】 小林信彦「物情騒然」

◆週刊文春連載中エッセー2001年分の文庫版である。連載中もときたま読んでいるが、文庫になるとついつい買ってしまう。なんともぶっそうな題名であるが、4年後のいまは「物情騒乱」のありさまで、さらにヒートアップしている。
 2001年、つまり21世紀の最初の年にどんなことがあったかというと、なんといっても、アメリカの9.11同時多発テロである。あとはイチロー選手の大リーグ1年目の活躍とか支持率8割以上の小泉首相、池田小学校事件、そして物故者では山田風太郎に古今亭志ん朝が採りあげられている。この本では、コイズミさんにはじめだいぶ期待していたのが、だんだんヤバいと思うようになっていくことや、志ん朝の死にショックを受けたことなどが述べられる。b0036803_2112346.jpg
◆それにしても、著者がいつのまにやら山本夏彦的ポジションにおさまってしまったこと、なにやら不思議な気がせぬでもない。周知のとおり、江戸川乱歩に頼まれて「ヒチコック・マガジン」の編集長に就いたことが、「文化人」としての出発点である。その当時の筆名は中原弓彦であるが、拳銃特集や映画紹介など、いまでいえばオタク雑誌であった(念のためつけ加えるとリアルタイムで読んだわけではない、古本屋でバック・ナンバーを買ったのである)。
どちらかといえば世間のひんしゅくをかうほうのポジションにいたわけで、それがいまや辛口爺さんであるのが、なんとなくおかしい。たとえば「肉じゃがはお袋の味」という発言にかなり反発している、肉じゃががいつからそんなに偉くなったんだという具合である。
 断っておくが、変節したということではない、ただ有為転変を感じるだけである。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-18 21:19 | 読書
2005年 04月 17日

【読書】 ドン・ウィンズロウ「歓喜の島」 ニューヨーク爛熟の1958年

◆1997年刊、角川文庫 後藤由季子訳。歓喜の島とはマンハッタン島のことで、1958年のクリスマス・イヴから大晦日まで8日間のドラマである。プロットが錯綜してなかなか筋を追いにくいところもあるが、小説の興趣としては、1958年末におけるニューヨークの風俗にある。もう半世紀近い昔であるが、アメリカがかつてしあわせであった時代のその絶頂期である。b0036803_2212951.jpg
 朝鮮戦争は過去になりキューバ革命やベトナム戦争は先のこと。黒人差別もまだ直視せずにすむ。とにかくつかのまの平和な時代だった。作中に出てくるのは、フレッド・アステア、レニー・ブルース、ミュージカルでは「ウエストサイド物語」、ヤンキースのマントルとマリス、アメフトではコルツとジャイアンツの名試合(これだけは知らん)……。カポーティの「ティフアニーで朝食を」もこの年だろう。そのほかセントラル・パークの馬車にジャズ・ミュージシャンを後援する富豪の「伯爵」夫人、だからもうストーリーなんかどうでもいいかもしれない。
◆各章の見出しはジャズのスタンダード・ナンバーである。プロローグが「なつかしのストックホルム」ときて、あと、「ブルー・モンク」「ホワッツ・ニュー」「イル・ウィンド」「スクラップル・フロム・ジ・アップル」といった具合。物書きにとって、ジャズのナンバーをタイトルに使うのはきっと気持ちいいだろうなと思う。自分もやってみたいが、しろうと日記で真似するととんだお笑いぐさになる(笑)。
◆いちおう、ジョン・F・ケネディ夫妻とマリリン・モンローであろうとおぼしき人物をめぐるあれこれの「謀略」がメインです。
 後に大統領に登りつめるケネデイ、人を惹きつける魅力たっぷりであるが、セックス中毒の女たらしでもある。ジャクリーン夫人がケネデイ家を離脱するのも無理からぬほどのゲス野郎。いっぽう、弟のロバート・ケネディ、この小説では冷徹な参謀格で兄貴の醜聞もみ消しに奔走している。政治家の女好きは洋の東西問わずなのか。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-17 22:13 | 読書
2005年 04月 17日

【読書】 デニス・レヘイン「闇よ、我が手をとりたまえ」 探偵スペンサーのサイコ版か

◆1996年刊、角川文庫 鎌田三平訳。「ミスティック・リバー」にさかのぼる著者第二作目であるが、骨格はよく似ている。少年のころあった事件が大人になってまたむしかえされる。少年(あるいは少女)たちのその後、そして陰惨なレイプ。b0036803_2282779.jpg
ステイーヴン・キングの「IT」にも似たところはある。道化師のイメージと甦るかつての悪に対決する成長した少年たち、あるいは同じボストンの私立探偵、スペンサーとその恋人スーザン、そして相棒ホークの物語とも通じるところがある。だから、はなしとしては面白い……はずなんだけどね。
◆あまりに殺伐としすぎなのだろう。血と狂気と暴力だらけである。タイトルの「ダークネス、テイク・マイ・ハンド」は犯人の述懐であるが、どこか壊れたような人物だらけである。
この街ではかのレクター博士でも常識人にみえるかもしれない(笑)。
 きわめつけは主人公の友人のブッバ、入り口にたくさんの地雷をセットした古倉庫に住みつく犯罪者であるが、いくらなんでもなあ。そのうち自爆しそうである。
 しかし、次の作品もブック・オフ105円本で仕入れているから、いずれ読まずばなるまい。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-17 22:09 | 読書
2005年 04月 16日

追悼 福士明夫 日韓野球の架け橋逝く

◆日本と韓国のプロ野球で活躍した福士明夫氏が亡くなっていた。まだ54歳だというのに、和歌山の南部でひっそりと逝ってしまった。
 昭和44年に鳥取西高校から巨人入り、甲子園準優勝投手の新浦寿夫(静岡商中退)と同じく外国籍はドラフト対象外というルール(当時)の間隙をついてドラフト外(自由競争)で入団した。なお、同期のドラフト1位は武相高校の島野修投手である。
この3人で将来の投手補強は万全とみられたが、結果として戦力になったといえるのは新浦投手ひとりだけ、4年間在籍すれど当時の川上巨人では芽が出ず、野村南海にトレードされた途端に開花した。その年の日本シリーズで古巣巨人相手に投げたのではないか。当初はレンタル移籍の含みもあったようだが、本人が巨人への復帰は拒否したという後日談もある。ふてぶてしくみえる投球とうらはらに繊細な一面もあり、巨人の環境ではやりにくかったようだ。
 その後は広島、韓国と移り、それぞれ活躍したのはご承知のとおり。とりわけ韓国野球1年目の30勝は大車輪の活躍である。ただ、ハンチョッパリ(半日本人)と云われて苦労もかなりあったらしい。韓国野球を引退してからはすっかり音沙汰なしのところの訃報であった。b0036803_0272575.jpg
◆日本で通算91勝、韓国でも54勝しており、いってみれば日韓野球の架け橋、大功労者といえる存在である。それだけにあまりに淋しすぎる最期に思えてならない。
 選手としての登録名もひんぱんに変っている。松原明夫→福士明夫→福士敬章→張明夫、韓国プロ野球時は別として、広島カープ在籍時に姓も名前も変えてしまったが、非常に珍しい例である。このときにいったいどんな事情があったのか。本日の朝日夕刊記事によると他人の保証人のかたで広島の自宅を手放すはめになり、実母宅に身を寄せていたらしい。妻子とも別居していたようであるし、野球をはなれてからの不器用な生き方がうかがえてもの哀しいものがある。
◆前述の新浦投手もその後韓国野球に渡って活躍したが、その時に糖尿病を発病し現在も闘病している。島野投手の後年はご存知阪急ブレーブスの“ブレービー”を務めていた。
昭和44年巨人入団同期の投手3人、それぞれの人生いろいろだが、50代ならぱまだまだこれからだし、あまりに早すぎる死である、合掌。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-16 23:59 | 野球
2005年 04月 16日

【ビデオ】「大いなる勇者」 寡黙なレッドフォードに瞠目

◆1972年アメリカ映画、録画ストックの蔵出しであるが、なんとも素晴らしい作品であった。
シドニー・ポラック監督とのコンビによる異色西部劇、いや西部劇じゃなく。西部開拓時代のロッキー山脈に住みついた男の一代記といったほうがいいかもしれない。
「ダンス・ウィズ・ウルブズ」の先駆をなす映画かな。厳しい自然、移りかわる四季のなかで、白人もインディアンも等しく描かれる。
b0036803_21552529.jpg◆映画のなかでインディアンがまともに描かれるようになったのは、だいたい1970年代に入ってからである。それまでの西部劇では、むやみに白人を襲撃し頭の皮を剥ぐ野蛮きわまる存在だった(率直に云うと、その手の古典西部劇もきらいではない)。
 インディアンが白人に降伏したのは19世紀末であるから、西部劇の世界において白人中心史観があらたまるのに、約80年ほどかかったことになる。だいたい人間の寿命と同じである。結局のところ、当時の空気を吸った人間が生きているかぎり、すなわち関係者の思惑利害がからむ間、歴史認識をあらためるのは難しいということかもしれない。
◆閑話休題、レッドフォードはこのとき35歳、俳優として脂ののり切った時期ではないか、翌年は「追憶」「スティング」に出演している。この映画の大半はひげ面のままであるが、途中「家庭」をもったときはひげを落としている。そこだけは、いっぺんに若くなりすぎて、へんな感じである(笑)。
 後半はほとんどしゃべらなくなるが、表情だけで雄弁に訴えること。怒り、後悔、そして喪失感。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-16 22:01 | 外国映画
2005年 04月 13日

山拓「朝立ち」に思わず赤面

◆本日の朝日朝刊の中見出しに「山崎氏、初当選以来の朝立ち」。
 「エロ拓」の愛称まであるヤマタクさん。なんだか思わせぶりな表現である。うーん、68歳のリベンジで、昔日の元気が回復したのかなと、つい思ってしまうほどだ。なにせ外国にまで「手弁当=愛人」持参で出かける絶倫なお方である。
 絶対意図的だと思う→朝日のデスク、AERAにいたのか(笑)。
◆衆院補選、最大の注目はやっぱり福岡二区。前回は変態vsさわやかテニスボーイと思っていたら、結末は病的変態vsインチキ学歴ダーテイ男になっていた。ありていに云って、ものすごく野次馬根性をかきたてられる選挙区である。いや福岡のみなさんに申しわけないが。
 告示された立候補者は6人、うち政党公認はヤマタク氏と民主党、共産党の新人両氏の3人である。ヤマタク氏の同姓同名さんは結局立候補しなかった、残念なり。いくら、もらっ……(以下略)。
b0036803_2292893.jpg◆よそさまの選挙区にえらそうなことはいえないが、共産党が候補者をたてず自主投票にすれば、まず民主党の新人さんが当選するだろうと思う。前回の総選挙で共産党候補者は1万5千票余得ており、接戦になればこれがものを云う。そういう見方にたてば、共産党はヤマタク氏にとって心強い援軍である。
 しかし、女好きの同類政治家ならたくさんいるだろうが、ヤマタク氏は「飲尿強要」といい「母娘3P提案」といい、政治家にとどめるにはあまりに惜しいキャラである。政界よりも性界、捲土重来はぜひお得意の分野で果たしていただきたい(笑)。
共産党もよく考えてほしいもの、供託金を没収される可能性大であり、かつ話し相手の欲しいコイズミさんを喜ばせるだけである。実のところ、日本の政党のなかでは共産党がいちばんましなことを云っていると思わぬでもない。それでも民主集中制を撤廃してかつ指導部が責任をとる体制にしないかぎり、いつまでたっても、自民党実質支援&供託金大半没収のダメ政党のままだろう。
 自民党はくれぐれも信濃町と代々木方面に足を向けて寝てはいけない。
◆いっぽう、民主党の新人平田「車椅子」氏、小沢一郎さんの系列だそうだが、現段階では未知数の人であり、率直に云ってヤマタク氏が当選するよりはましかなという程度の認識である。37歳で米国留学歴とアメリカ資格弁護士のふれ込みであるが、韓国籍からの帰化歴をつつかれているようだ。意図的に隠しているわけではなかろうし、その点は別段かまわないと思う。なにより、いちばんの国際交流策になる。
 それより、聖徳太子のむかしから単一民族でやっていける国ではないというのに、いまだ偏狭な考えがはびこるほうがよほど危険である。そのことはプロ野球を例にみれば一目瞭然だろう。ただ、近場で竹島問題が起きたから感情レベルになれば微妙かもしれない。
 福岡はアジアにいちばん近い日本の都会であり、天神の百貨店では中国語や韓国語のアナウンスも聞かれる。
 その福岡市民の判定はどうなるでしょう。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-13 22:28 | 時事
2005年 04月 13日

【ビデオ】 「ララミーから来た男」 珍しいJ・スチュアートのタイマン演技

◆1955年アメリカ映画。NHK・BSは昔の西部劇を流してくれるのがありがたい。このジャンル、作品数のわりにレンタルが少ないのである。
 さて、ワイオミング州のララミーといえば、ある年代の日本人にとっては、たいへんなつかしい地名である。1960年代はじめに「ララミー牧場」という米テレビ・ドラマが大ヒットした。ドラマについてほとんど記憶はないが、なぜかサヨナラおじさんの淀川長治だけは憶えている。♪ララミィー、ララミィー……にはじまり、「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」で終る。主役のロバート・フラーにはみんな熱狂したそうだ。
 閑話休題、この映画でいうララミーは白人による西部開拓の最前線であって、騎兵隊の砦があった。だから主人公の設定を紹介するタイトルになっている。b0036803_21544810.jpg
◆J・スチュワートの西部劇を全部みたわけではないが、ジョン・ウェインものとちがって、単純な善玉悪玉式の勧善懲悪映画は少ないように思う。この映画のなかでも、牧場主のどら息子は別として根っからのワルは出てこない。どこか後年の「大いなる西部」を思わせるストーリー展開である。
見どころはスチュアートとアーサー・ケネデイの取っ組み合い場面。たくさんの牛を囲っている場所に2人がもつれこんで殴りあう。J・スチュワートがここまで乱闘するのはあまり記憶にない。
あと塩を採っている場面もあるが、もう露天掘り。ニューメキシコであんな場所もあるんだね。まあそこそこ面白い映画でした。
 それにしても、インディアンとはっきり発音しているのに、字幕は先住民なんてミエミエはもうやめてほしい。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-13 22:00 | 外国映画
2005年 04月 12日

奈良の大音量オバサン

◆はじめ「奈良のおばはんもこわい」にしようかと思ったが、奈良方面の方に失礼かもしれないので、タイトルを変える(汗)。
 それにしても近所迷惑な騒音犯罪の摘発は奈良県だけで2件目である。どちらも大人女の逆切れであるが、幼児への退行現象みたいでまことに見苦しい。
 ひとつは、2003年12月に逮捕された奈良市青山の主婦47歳(逮捕時)、子供のキャッチボールがそれてマイカーに当たったことに腹をたてて、約1年半、連日大音量ラジオを隣家へ流した。ちょうど、この3月末に最高裁で懲役1年の実刑が確定したばかりであるが、最高裁まで行くというのも常軌を逸した事件を象徴している。
 そして今度は平群(へぐり)町の58歳主婦である。云い分は“布団をはたきで叩くなと言った人が、布団を外で干しているのが許せない”ということだ。こちらはもっと悪質で、9年間ものCDラジカセ大音量攻撃、途中裁判所の仮処分命令も無視するなど、「ギネス級の嫌がらせ」である。b0036803_2235332.jpg
昨夕の民放ニュースでみたが、クラクションを意味なく鳴らす、絶叫する、アッカンベーするで、すさまじいこと甚だしい。理性の歯止めがなくなったというか羞恥心を欠いた人間はおぞましいものである。
 どちらも奈良県内の出来事ではあるが、実際は大阪のベッド・タウンである。地域のコミュニテイ意識が薄く、キ○ガイ住民がいったん暴走すれば、それをうまく抑制できないのかもしれない。
◆警察の対応ものん気どころではなく、はっきり云って怠慢。いろいろ言い訳しているが、近隣住民の訴えがあるのに、連日24時間近い大音量犯罪を長期間~うち1件はなんと9年間である~看過したことは事実である。ささいな屁理屈でしょっぴいて長期間拘留する公安の事案と対照的であり、市民警察の面目はまるでうかがえない。
◆このような「不気味あるいは危険な隣人」もの、英米の小説では読んだことがある。題名は忘れてしまったが短編だったかもしれない。従来は「奇妙な味」に分類されるつくり話が、現実の「日常ホラー」になりつつある。
 情けないかぎりであるが、他人にご注意・ご意見を具申するときは、言葉遣い等慎重に吟味しなくちゃいかんなとつい思ってしまう。たとえば“ご立派なお布団ですねえ、せやけど、そない叩きはったら綿のセンイが切れてしまうんとちゃいまっか”→ああ、なんたる軟弱な物言い(苦笑)。
 しかし、キ○ガイ隣人に逆切れされたらそれこそ災難である。近所の人は親身になってくれないわ、なかには面白がって裏でけしかけるような奴もいるかもしれない。恰幅よく押しが強いはずの町内会長は後家さん宅に入りびたりで頼りにならんかもしれん、そして警察は口先だけ、役所は知らん顔といった事態になれば、立ち往生だ。
 これって、日本と北朝鮮の問題に似てないこともないな。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-12 22:42 | 時事
2005年 04月 12日

【ビデオ】「三匹の侍」 昔はカッコよかった霊界じいさん

◆1964年日本映画(白黒)、録画ビデオの蔵出し。
 テレビドラマが当たって映画化されたそのさきがけかもしれない。子供のころ、テレビでみた記憶がある。丹波哲郎、長門勇、平幹二朗、それぞれ一癖ある浪人トリオによるリアル時代劇が売りで、チャンバラの擬音に生の牛肉を切った音を使うなど話題になったのではなかろうか。b0036803_22311567.jpg
◆はなしそのものは、定番といえる悪代官と百姓もので、今みればちょっと退屈かもしれない。見どころは殺陣シーンと桑野みゆき、香山美子両女優の若き姿が拝めるところ。
 「三匹」というぐらいだから、相当むさくるしい浪人である、いわばアウトロー侍。ただ、リーダー格の丹波哲郎なんかはけっこう武士道精神にこだわっている。それにしても、昔の丹波哲郎はカッコよかったなと再認識。
 いちばん受けたのは、長門勇の岡山弁で“おえりゃーせんのー”という言い回しがよく流行りました。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-12 22:32 | 日本映画
2005年 04月 11日

「反日無罪」の哀しい光景

◆中国からの留学生がずっと新聞配達をしている。もう何代も引き継いでいるようだ。日本では大勢の中国人が働いている。都会で早朝や深夜の仕事になるとずっと多くなるだろう。地方でも同様かもしれない。以前、北海道の山奥の温泉地で働く中国の若い女性をみたことがある。日本人の相場より安い賃金で雇えるし、日本人が敬遠する仕事もいとわないからだろう。日本人ニートが何十万人というのと対照的である。それでも中国人と知ってか知らずか蔑視する日本人もいるかもしれない。このような人が故国にどんな日本の情報を寄せているのだろうか。
b0036803_22463140.jpg◆中国の「反日デモ」、テレビでみるかぎりすさまじいものだ。デモというよりは、若者のうっぷんばらし騒動である。警察官の面前で日本大使館等に次々と投石する若者たち、お祭り騒ぎみたいに笑っている。それを警察官は制止しない。それどころか「こちらに当てるなよ」と云っている。日本車を取り囲んでポコポコにしている。
反日ならば無罪と連呼する若者……。準備された横断幕にプラカード、ミネラル・ウォーターを配ったり、さらには送迎バス手配などのありさまは当局黙認どころではない。おまけに各地で同時勃発しており、自然発生どころか悪意をもった集団が意図的に糸をひいているとしかみえない。地方の党幹部、すなわち資本家層と職業右翼的な集団が結託したのだろうか、大半の若者はそれに利用されているようで、なにやらやりきれない光景である。
◆騒いでいる中国の若者、大半は文化大革命の後に生まれ、1989年の天安門事件当時はまだ幼い。もっぱら江沢民時代の「愛国」教育で育った世代であり、毛沢東治世下の暗黒時代もよく知らないだろう。そういう世代が、これからの中国を担っていくことを思えば、日中間の先行きは不安がいっぱいで思わずぞっとする気持ちになる。時間がたてば改善されるだろうと考えるのは甘い期待でもっと悪くなるかもしれない。
ただ、教育的な背景だけではなく、もしかすると、冒頭に述べた留学生等からの日本に対するマイナス・イメージが増幅されて伝わっていることもあるかもしれない。
◆今回の事件、中国に対して「日本人はかんかんに怒っている」という意思表示は絶対にしておくべきだと思う、これまであまりにものを云わなすぎたのだ。率直な意見交換は相互理解の出発点である。
ただ、それだけでは国家間の口喧嘩に終わりかねない。あわせて現実的な政策も必要であって、たとえば、日本に来る留学生への奨学金等生活支援の拡充も進めるべきではないだろうか。
冒頭の中国人留学生などは、これからの日中関係の重要なキー・パースンになり得る存在である。これまでは留学生の人数に傾斜しすぎて玉石混交になっていたし、怪しげな日本語学校やインチキ大学の存在を許していた。折角受け入れても反感をもって帰国されたのではもともこもないはなしである。留学の敷居を上げてもいいから、真に勉強したい外国の若者の生計環境はもっと配慮してもいいのではないか。これまでのODAにくらべれば金額もしれているし、生活保護のばらまきや地方公務員の厚遇よりも、よほど行政効果はあると思う。
 テレビをみてそんなこともつらつら考えた。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-11 22:59 | 時事