<   2005年 04月 ( 48 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 10日

【NHK・BS】「ラスト・シューティスト」 ガン (癌)マンの最後に哀悼

◆1976年アメリカ映画、ジョン・ウェイン最後の出演作で、もうかなり老け込んでいる。肺がんで亡くなったのはこの3年後である。冒頭に「赤い河」や「リオ・ブラボー」のハイライトシーンがあって、内容も末期ガンに侵された老ガンマン最後の1週間を描いたものと、まさにウェイン本人の俳優人生を投影した作品。
 クリント・イーストウッドの「許されざる者」は本作のオマージュだろう。かなり意識しているのではないか。
 実のところ、ウェインの存命中、その出演作はほとんどみていない。学校の課外で行った「アラモ」くらいである。威勢がいいだけのタカ派俳優というイメージ(グリーン・ベレー隊員とか「勇気ある追跡」の眼帯保安官!)があって、あまり好きではなかった。だから、ウェイン映画の大半をみたのは、ここ数年のことである。ひとまとめにいえば、格調高いものはなく、B級映画の「王道」といったところで、なかには凡作駄作もある。そして、2通りのジョン・ウェインを見つける。
◆兄貴分あるいは家長としての貫禄をふるういわば暴れん坊役と繊細かつコンプレックスを抱えて弱さも垣間見せる役である。そして、おそらく素の人柄は後者のほうに近いんだろうなと推測する。b0036803_18344354.jpg
 この映画の時代は1901年1月、20世紀の劈頭であり、イギリスのビクトリア女王死去のニュースが西部でも報じられている。原題は「ザ・シューテスト」、ガンマンのことだろうが、もはや時代おくれの存在でもある。それでも、かつての有名ガンマンが死にかけているとあって、新聞記者や葬儀屋、そして昔の女まで商売目的で近づいてくる。そのときの寂しい表情は胸に迫るものがある。本人も自分の病気を承知していたのだろう。
 葬儀屋に指図した墓碑銘はただ名前と生年没年だけ。散髪し洋服をクリーニングして、最後の「仕事」に出向くジョン・ウエィン。共演のローレン・バコールもバツグンの味。
 じいさんばあさんカップルに泣かされました。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-10 18:38 | 外国映画
2005年 04月 09日

追悼 岡田史子

◆本日の朝日新聞朝刊にて、漫画家岡田史子さんの死亡記事。
 あー、だんだんCOM出身の漫画家が消えていくなと寂しい思い。まだ55歳であったが正確には元漫画家といったほうがいいかもしれない。亡くなられたのはこの3日で既にお葬式も済んでいる。ほんとうにひっそりと逝かれてしまった。b0036803_17525587.jpg
◆1960年代後半の月刊漫画雑誌COMの新人漫画家コンテストで、華々しく登場したように憶えている。センセーションをまきおこしたといってもいいかもしれない。石森章太郎が激賞していた。
ただちょっと観念的すぎるというか難解なイメージがあった。作品数もそう多くない。10代でデビューしてから数年間で実質引退状態である。今から思えばデビュー時にあまりに評判になりすぎた、そのことが相当なプレッシャーになったのかもしれない。
 それでも、女性の漫画家が非女性漫画誌(現在の状況からみるとへんてこな表現だが)に進出していった、その先人としての貢献は不朽であると思う。同時期、ガロにも「つりたくにこ」という女性漫画家が登場していた。現在では、高橋留美子や柴門ふみ、近藤ようこ、石坂啓など「女流」の肩書きなしに活躍する漫画家は多数であたりまえになっているが、このふたりはそのさきがけだろう。後進にも大きな刺激と影響をあたえたのではなかろうか。 
 個人的にはつりた漫画のほうが好みであった。しかし、この人も難病にかかり若くして夭逝している。残念至極である。
◆わが想い出の漫画誌「COM」、初期三本柱の手塚治虫、石森章太郎は故人、永島慎二は断筆、ぐらこん出身の青柳裕介も亡くなり、長谷川法世、宮谷一彦はもう描いていない。そして岡田史子も亡くなった。
 まことにさびしきことなり。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-09 18:00
2005年 04月 09日

【NHKBS】 「100万ドルの血斗」 ある意味衝撃のエンディング

◆さいこーのお天気、これは花見に行かねばなるまい。午前中、人の少ないうちに阪急・苦楽園→夙川→阪神・香櫨園までのゆっくり2時間コース。可愛いわんちゃんを連れてこの辺を散歩したいもんだと、なお人生勝ち組への渇望とけず(苦笑)。
それにしても、あちこちブルーシートが多いこと、歩けるスペースのほうが少ないよ。前夜から場所取りしていたのか、ぐっすり寝ているひともいる。お昼のバーベキュー会場になるまでに退散し、午後は録画しておいたビデオ。
b0036803_17454466.jpg◆1971年アメリカ映画、ジョン・ウェインの長男が製作担当で、他の息子2人が共演、いってみればウェイン・ファミリーの映画である。
 20世紀初頭の設定であり、もはや西部開拓時代は昔のこと、それでも洗練された東部と野卑なる西部を対比させるオープニングに、自動車やバイクまで登場させる場面までは、こりゃ新感覚の西部劇かなと期待十分にはじまるのだが……。
 なんせ、はなしの起承転結がめちゃくちゃなのである。
 はじめに負傷したウェインの長男はその後どうなったのか
 ラスト、インディアンの相棒や愛犬が倒されたというのに、親子三代抱き合ってよかったよかったの、あまりに理不尽かつ非人情なエンディング。
 それに加えてジョン・ウェインの牧場主「ビッグ・ジェイク」は、なぜずっと家族と別居しているのか。死んだ人間と思われていた事情は何かなど、まったく分からない。
 とにかくツッコミどころ満載であり、西部劇映画がパワーを失っていったのもしようがないなと思わせる内容。
カルト映画としてみれば楽しめるかもしれない。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-09 17:47 | 外国映画
2005年 04月 08日

【読書】山田風太郎「戦中派動乱日記」

◆小学館刊、時代は昭和24~25年、まだ医学生も兼ねていた風太郎27、28歳当時の日常日記。備忘録のような簡明スカスカな日記だから読みやすいこと。創作と読書の記録がメインの内容であるが、瑣末なところが面白い。b0036803_22412198.jpg
 とにかく読書量はものすごい、モンテクリスト伯なんか2日で読了している。ただ感想めいたものはあまりない。それと連日お酒をよく呑んでいる、小説の収入があったので、20代青年としては金回りがよかったのだろう。昭和24年当時で50万円を超える年収を得ており、スーツ1着を1万3千円で誂えている。また、悪所通いもちゃんと記録している。後に夫人となる「啓子ちゃん」もひんぱんにでてくるというのに、まああっけらかんとしたものだ。今の時代よりはるかに自由を謳歌しているようである。
◆ちょうど朝鮮動乱の時期であるが、筆者のアメリカへの感想は実に鋭い。
 「アメリカはあまりにも全世界の富を独占していはせぬか。自分だけひとりゼイタクをして、他国の苦しんでいるのを、乞食でもみるように施してイイ気になっているきらいはないか、施されるのは決して愉快ではない。施されなくてもよい世界をつくりたい。そう全世界が考えるのも当然ではないか。この反省なきところ、驕慢児アメリカは、いつの日か悔いのホゾをかむことがないとはいえまい。」~50年以上経ったいまでも通用する。
◆執筆作品のなかには、ものすごい題名がある。
 「うんこ殺人」 「接吻反射」 「尻喰え如来」 「陰茎人」
 うーん、さすが風太郎というべきか。とても常人では思いつかんよ。
 生地である但馬関宮のひとはどこまで山田風太郎の小説を読んでいるのだろうか。ある意味で変態猟奇世界の最高峰を極めた作家なんだが。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-08 22:40 | 読書
2005年 04月 08日

【NHK・BS】「11人のカウボーイ」 ジョン爺さんの牧童スクールがとんでもないことに

◆1972年アメリカ映画、昨日の昼間放映されたその録画である。ジョン・ウェイン65歳で晩年に近い作品であるが、ひと言で云うと異色づくめの西部劇。公開当時の記憶はまるでない。b0036803_2251236.jpg
 老境に入ったジョン・ウエインが少年たちに、身を持って西部男の生きざまを仕込んでいくといえば、なにやら牧歌風の心なごむ話になるのだが……
以下ネタバレ注。






◆11人のカウボーイはみんな子供で、いちばん年上でも15歳、まあ中学生のカウボーイ見習いみたいなものである。それが、ゴールド・ラッシュの余波で人手がないため、ジョン・ウエインの老牧場主がキャトル・ドライヴに連れて行く。大人の相棒は黒人コックひとりであるが、このひとが渋い。卑屈にならずウェインをたしなめたりもする。少年のなかにはユダヤ人もおり、父なし子(娼婦の子?)もいる。インディアンは出てこず、悪者は白人であるなど、人物設定がまず異色である。
 次に、ジョン・ウエインが途中で卑劣な悪漢に殺されてしまうこと、これには大ビックリ。
 いちばん、目をむいたのは、残された子供たちによる自力復讐劇である。子供がライフルを撃ちまくり、ナイフをふるって悪人グループを殺していくのである。とくに悪玉ボスのブルース・ダーンへの復讐はかなりえげつない。当時は西部劇ということで見過ごされたのだろうか、もしかしたらやんやの喝采だったかもしれない。
 しかし、今であればどうだろう。イラクやチェチェン反政府ゲリラの少年兵(あるいは少女兵)の先鞭をつけているみたいなもんだから、かなり物議をかもすだろうな。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-08 22:13 | 外国映画
2005年 04月 07日

【ビデオ】「奇人たちの晩餐会」 フランス漫才に抱腹

◆レンタル・ビデオを物色するときに、以前にみたかどうか記憶をたぐることが多くなった。実際、再生をはじめてから、ようやく気がつくこともある。「あ、これ前にみとったわ」はじまってから30分は経っている、実に情けない(笑)。
 記憶からこぼれおちる映画は、たいていつまらなかったからだろうが、そのときの体調なり精神状態に拠るところもあるので、2回目は案外面白かったりすることがある。だから、もうけものだと思ったほうが得かもしれない。利口者ほど不幸だと云う。本日みたのは、まさにバカと利口者、どちらが幸福かというおはなし。b0036803_21545463.jpg
◆1998年フランス映画。80分間、久々に声を出して笑い転げた。タイトルから「変態グルメ」もの(なんじゃ、それ)かと思っていたが、全然ちがった。「バカたちの晩餐会」あるいは「バカたちのディナー」のほうがふさわしいと思うが、「バカ」という表現を避けたのかもしれない。まさに「世の中、バカが多くて疲れません?」(by桃井かおり)である。
 映画のほう、たいていの日本人にも大うけだろう。前半、主役2人だけのシーンなんかは、ほとんど日本の漫才みたいなもんである。古いたとえで申しわけないが、コント55号とやすきよのミックス・バージョン。はじめはボケを見下ろしているツッコミ、だけど実際に翻弄されっぱなしはツッコミのほうである。利口ぶるほど、悲惨なめに遭っていく(笑)。そして、お互いの立場が逆転し、ラストでは……(以下略、思い出し笑いしそう)。もとは舞台劇だそうで、セリフがよく練られている。うーん、DVDが欲しくなるね。
◆「超バカ」を演じたジャック・ヴィルレ、ネットで俳優情報を検索したところ、なんと今年の1月末に脳内出血で亡くなっていた。53歳とまだ若い。なんということだろうか、合掌。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-07 21:55 | 外国映画
2005年 04月 07日

ケータイがルール社会を破壊している

◆写真は、近鉄電車の車内啓発ポスターである。「アウト」、「セーフ」にはじめはなんだと思ったけど、なかなか洒落れている。ところが、この前で堂々とケータイでしゃべっているひとがいる。実に残念なことだが、もしかすると、ポスターの意味が分からないかもしれん、……そんなことないか。b0036803_21462595.jpg
 で、以下はケータイを目の仇にしているわけではないし、電磁波がどうこうというはなしではない(念のため)。
◆電車内でのケータイ使用ルール、現在のところ、優先席付近は電源OFF、それ以外はマナー・モードで通話自粛になっている(阪急は優先席がないので、電源OFF車両を設定している)。だから、優先席近くでなければメールはOKである。以前の全面OFFルールに比べて現実的になっていると思う。実際のところ、いちいち電源をさわるのは面倒である。だから、わたしも優先席には行かないし、もとより優先席はお年寄りや障害者、妊婦の方などのためにある。
 ところが、その優先席でメールどころか通話まで平気でする輩がいる。つけ加えると着信ではなく架電である。若いひとを念頭に云っているのではない、老若男女問わずである。どうしてもメールがしたければ、別の席に移動すればよい。通話がしたければ下車してからでいい、それほど一刻一秒を争うことなのだろうか。
 これは病院でも似たようなもので、わざわざケータイ・ルームがあるのに、ベッドに持ち込んでメールに使うひとがいる。消灯してからのメール音は意外と響く。だからケータイ・ルームがあることを丁重に伝えるが、なかにはむっとする人もいる、そしてお互いに気まずくなる。
◆もちろん、これらは一部のひとの行為であって、たいていのひとはルールを守っていると思いたいところだが、いちばんの問題は、ルールがあっても守らなくてもいいのだという風潮が、ケータイが普及するとともに日本全国に蔓延してしまったことである。ケータイ以前はここまでひどい事態はなかったように思う。
堂々たるルール無視時代の出現をケータイが誘引したのではないのか。それは社会的負債であり、いずれ別のかたちでつけを支払わされることになるかもしれない。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-07 21:53 | 時事
2005年 04月 06日

波照間島のカラス~八重山マラリア事件

◆日本新聞協会による「HAPPY NEWS 2004」大賞に選ばれたのは沖縄・波照間島の“カラスがクロだった事件” 昨年11月共同通信配信のこの記事、日本最南端の碑付近で、女性観光客レンタサイクルのかごから財布がなくなった訴えに、「島民が盗むはずはない」と考えた島唯一の警察官が“おとり”のパンを仕掛けて、カラスが真犯人だったことを突き止めたてん末である。元ネタは琉球新報の記事らしいが、この1年間では波照間発唯一の全国ニュースだったそうな。
 とかく殺伐たる記事が多い新聞ニュースに、このようなほのぼのネタを採りあげた記者やデスクはすばらしいし、共同通信のセンスもなかなかナイスである。
 お手柄の駐在さんは愛知県木曽川町のご出身だそうで、沖縄本島勤務を経てこの島に妻子連れで着任している。あと4~5年は居たいそうだが、この人が沖縄の離島に勤務するまでの経緯にも、ひとつの物語があるんだろうなと勝手な想像をする。
◆波照間島は人口600人足らずの小島であり、日本最南端にあるのはご存知のとおり。水場がなく海水の淡水化プラント頼みがネックで、観光開発はあまりすすんでいない。さとうきび畑と山羊さんだけの地味な島である。ただ、それがいいんだという人もいる。b0036803_21291579.jpg
 名産は黒糖と泡盛の「泡波」、波照間純黒糖は上質で知られており、百貨店でもたまに見かけるが、泡波は生産量が少ないゆえかほとんどみかけない。
 いちばんの観光資源といえば、前述、日本最南端の碑である。二つあって、旧いほうはなんと個人の手作り作品である。北海道出身の全国放浪青年(名前忘れました、千葉県でご健在らしい)が波照間島に逗留したときに自力でこしらえたそうだ。損耗がひどくなったため、後に修復のため再訪されたという後日談もあるそうで、これもまた波照間であったひとつの物語である。
◆島ネタはハート・ウォーミングな話ばかりではない。過去には陰惨な事件もあった。太平洋戦争末期におきた「強制疎開によるマラリア禍」である。昭和20年の3月、米軍の襲来もないというのに、当時の島民1275人が西表島に強制疎開させられ、大半がマラリアに罹患、戦後も含めて
461人も亡くなったという凄まじい「人災」である。子供も66人亡くなっている。戦後の一時期はマラリア地獄であったらしい。
 この強制疎開を指示したのは「青年学校指導員」として来島した山下某、むろん偽名で正体は陸軍の秘密工作員である。本名は酒井清。日本刀を振り回して島民を恫喝しマラリアが猖獗する地へ追いやっている。島民の伝え話によると、無理やり疎開させた目的は、島の豚や山羊など軍隊の食糧確保であったらしい。伝聞であるので真偽は断定できないが、島民はいまもなお事実として伝えている。問題の山下こと酒井清は、何の追及もお咎めもなく本土に逃げ戻り、あまつさえ戦後ものうのうと島を訪問している。さすがに島民から抗議状を突きつけられたそうだが、そりゃそうだろう。大日本帝国の軍隊は立派な人材も輩出させたが、後になるほど、どうしょうもない卑劣クズ人間を生みだしている。
◆戦後日本の誤りのひとつに、サンフランシスコ講和条約で独立した後、日本国として独自の戦争犯罪調査組織を立ち上げなかったことがあると思う。戦勝国側の軍事法廷でいい加減に裁かれたBC級戦犯がいる一方、この酒井のように追及を免れた人間もいる。ドイツがナチス犯罪を自国でも追及したのとは対照的である(うまくすりかえたという見方もあるが)。
 いま中国や韓国とぎくしゃくしている一因には、日本人が自らけじめをつけなかったことをつかれている側面も否定できない。おそらく昭和天皇の責任論議が再燃するのをきらったのだろうが、いまそのつけを払わされている気がせぬでもない。くどいようだが、こんなことからも「昭和の日」はイヤなのである。
 なんだかカラスのはなしから、思わず長くなってしまった、ふーっ。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-06 21:39 | OKINAWA
2005年 04月 06日

【ビデオ】 「ミュージック・オブ・ザ・ハート」 音楽に親しむ歓び

◆1999年アメリカ映画。
 これまでの人生で後悔することは多々あるが、楽器に親しまなかったこともそのひとつである。言い訳になるが、まず住宅事情、悲しいながらウサギ小屋育ちで笛をピイピイ吹けば親父に怒鳴られたものだ。それと実利意識、はっきり云うとヴァイオリンが弾けてなにか儲かるんかいといったセコい根性である。まあ金管楽器だったら女の子にもてるかもしれんぞという程度である。当時はみんな似たものどうしだったし、ピアノやヴァイオリンを習っているのは、たいていお金持ちの子供だった。だからその時は別になんとも思わなかった。例外はエレキ・ギター、これにはみんな熱烈に憧れたものである。
 そして、この映画をみて、やっぱりヘタでもなんかやっときゃよかったなと思った次第。メリル・ストリープ演じるヴァイオリン教師が息子二人と自宅で合奏している。息子はチェロとピアノだ。ニューヨークのイースト・ハーレムでけっして金持ちじゃない、どちらかといえば貧乏家庭であるが、ホームコンサートが自然にできている。音楽が親子の会話になっているのもうらやましいかぎりである。b0036803_21142231.jpg
◆音楽指導がテーマの映画としては「陽のあたる教室」や「天使にラヴ・ソング」のほうが、はるかに面白いだろう。実話ベースの本作品は、ほとんど淡々と進行する。ストリープも教師としては辛抱強くない、授業はヒステリックに怒ってばかりである。ただ、あやまちを素直に認めるのがとりえである。学校外においても逃げた夫や独身主義の彼氏、反抗する息子など、感動するようなエピソードはあまりなく、ほとんどそっけないくらいである。実話に即するとこんなものかもしれない。出てくる黒人女性が下町住民にしてはべっぴんすぎるきらいはあるが。この点では、ストリープは完全にかすんでいる(笑)。
◆ラストはカーネギー・ホールでのコンサート。アイザック・スターン、イツァーク・パールマン、マーク・オコーナーなど錚々たるフィドラーと下町小学生の共演でかなり盛り上がる。それにしてもこれがほんとに実話なんて、すごいことですね。
[PR]

by chaotzu | 2005-04-06 21:27 | 外国映画
2005年 04月 05日

【ビデオ】 「半落ち」 お涙頂戴映画に不覚の半泣き

◆2004年、日本映画。この前テレビで放映されたばかりというのに、レンタルって。b0036803_2233867.jpg
“なんか泣いてください、感動してくださいのやけに押しつけがましい映画でした”
“例えばタクシーの運転手さんが、同じ設定で妻殺し事件を起したとしたらどうなんでしょう”
“嘱託殺人で一丁あがり、ベルトコンベアみたいに事務的に処理されちゃうよ”
“いまのご時世なら、身内の事件でもこの程度なら警察も神経質にならんだろう”
“なんせ不祥事てんこもりだからね”
“はじめからテンション上げすぎ、前半はもっと淡々とした事件処理にしてもよかったのでは”
“そうそう、抑え目気味にしたほうが、ラストは盛り上がると思う、もともとの素材はいいんだし”
“それでもちょっと泣いちゃったよ、とくに樹木希林の芝居に”
“役者さんの演技で泣かされるね、「半泣き」だ。だけどそのわりに後に残るものがない”
“いちばんの見どころはイソ弁國村隼が朝食で目玉焼き食べるところだったりして”
“ああ、家族ケームの伊丹十三を思い出すね、もっとギャグがあってもいいのになあ、「あなたには守るものがありますか」「誰のために生きていますか」などクサイせりふ乱発しすぎだ”
“それでも日本アカデミー賞作品賞”
“日本テレビアッカンベー映画賞だろう、そんなのもらうなよ”
“これがピンク映画ならば「半立ち」ってところだな”
“…………”
[PR]

by chaotzu | 2005-04-05 22:39 | 日本映画