<   2005年 06月 ( 46 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 03日

【DVD】 「喜劇・駅前金融」 駅前版金色夜叉

◆1965年東京映画、なんと駅前シリーズ12作目である。1964年1月公開の「駅前女将」から1965年7月公開本作までの1年半の間に「駅前怪談」「駅前音頭」「駅前天神」「駅前医院」、なんと4作品がはさまっている。DVDリストになかったので気づかなかったが、そりゃ、作りすぎというもので、3ヶ月に1本ペースである(苦笑)。
b0036803_812353.jpg◆プログラム・ピクチャーの悪弊というか、こうなると熟成した脚本は望み得ず、もう役者の個人芸に依拠した映画づくりになる。はなしの構成もだいぶデタラメだ。乙羽信子なんか途中でなんの脈絡もない「家出」をしたままであるが、きっとスケジュール都合にちがいない。さらに熱海の温泉に泊まっていたはずが、夕食では伊豆船原温泉の「お狩場焼き」になったりしているという露骨なタイアップ(笑)。
まあ、はっきり云って粗製濫造。そのBC級感覚マンネリの極みがいいのかもしれないが、もはや前途ある若いひとが観るべき映画ではない、拗ね者の偏屈おじさんが横になってお気楽に観る映画だ(笑)。
◆本作は、フランキーが中心のはなし。会計学の学徒を中途で放棄して、クラブのバンドマンになったフランキー、いやこれだけでも突っ込みの入る設定であるが、かねて婚約と思い込んでいた恩師の娘に振られて、見返すために伴淳の高利貸しに弟子入りするという、まあ駅前版の「金色夜叉」である。熱海?の海岸で大仰な芝居をする。「今月今夜のこの月を僕のナミダで曇らせてみせる」
いっぽう、森繁は40にしてやっと税理士?でフランキーの先輩格、いつものパターンと逆で淡島千影に言い寄られるという堅物オトコである。今回は宴会芸で気を吐く程度。
◆ギャグは、伴淳と乙羽信子演じる高利貸し夫婦のケチぶり。なにせ債務者に撒かれた塩まで、はらい集めて飯のたしにしようかというぐらい。夫婦で旅行しても、黄金風呂(なんとナツカシイ)のカケラ採取とか余り飯の収集が関心事であるといったぐあい。
◆俳優メモ
・有島一郎;キャバレービルのオーナーで淡路恵子(錦ちゃんは亡くなったが、このひとはまだまだお元気だ)の夫役。上半身は不随だが下半身は元気という、今ならちょっとやばそうな設定であるが、淡路恵子との珍妙なゴーゴーダンスに爆笑。
・大空真弓;フランキーをふる「お宮」役、ラストでは、破産した夫の三木のり平と冷やしあずきの屋台をひいている。もうメチャクチャ(笑)。いっそ記憶から消去したい映画だろう。

・ビンボー・ダナオ;珍しや、淡路恵子の元内縁フイリピン夫、最後にちらっと顔を出します。
・和田弘とマヒナスターズ;お約束のゲスト、だけど「駅前小唄」って、もうだれも憶えちゃいませんぜ。
[PR]

by chaotzu | 2005-06-03 22:15 | 日本映画
2005年 06月 03日

情けない、あなごドロの開き直り

◆対馬沖の韓国漁船「逃走」事件、韓国当局(海洋警察)の発表は「日本の排他的経済水域を侵犯するも操業していなかった」である。冷凍庫が故障し、操業出来ない状態で漁具はすべて格納庫に入れたままだったそうだ。しかし、それじゃなぜ逃げたのか。臨検拒否する理由なんぞないことになる。実際は日本の海上保安官1名が海上に転落し、さらに2名を乗せたまま2時間半も逃走をつづけた。異常というか悪質といってもいい。まことに語るに落ちた説明としかいえない。b0036803_20591452.jpg
◆韓国あなご筒漁船の無断越境操業、何年も前から報道されている。日本の取締船が近づくと、全速力で「逃亡」するそのさまをテレビでみたこともある。それも対馬沖だけじゃなく、山陰沖、能登半島、津軽海峡、大隅海峡など全国の至る海域でやりたい放題であった。現実に今年になって、水産庁が拿捕した外国漁船10隻のうち7隻までが韓国漁船であり、その大半があなごの密漁である。今回の件も氷山の一角なのだろう。
 韓国のマスコミは日本の取締の横暴を非難している。船員は暴行されたと病院のベッドで訴えている。しかし、かかる泥棒操業の実態は当の韓国漁師のみならず韓国の海洋警察もなにより知悉しているはずだが、自らに都合の悪いことは一切伏せている。日本側の取締りを舐めすぎていたのだろうか、逃げた漁船は韓国の警備艇に「助け」を求めている。だいたい「領海侵犯しているが操業していない」なんて珍無類の屁理屈である。
◆日韓の関係、終戦直後に地主の不在をいいことに、あちこち駅前の土地をいっぱい不法占拠して居座った。まあそれはもう旧いはなしだし時効でもある。パチンコ店や小さな食料品店をステップにして、日本社会に根付いた人もたくさんいる。だけど、いまだに日本人のものなら奪ってもかまわない、過去にいっぱい収奪されたんだ、なにかまうもんかといったメンタリティが残存しているようでは困るのだ。泥棒が生れる前のことを言い立てて正当性をまくし立てるようなもので、見苦しいことこのうえない。
だいいち、こんな倒錯感情ではいつまでたっても、対等な競争相手になれないだろう。民族の矜持のあり方を考えてほしいものだ。つくづく残念しごくである。
◆それにしても、コイズミさんの強運、依然続くである。ヤスクニ参拝問題でいったん穴熊状態におちいったかにみえたが、ここにきて中国のドタキャン婆さんとか韓国あなごドロなどの、願ってもない「援軍」で息を吹きかえしている。外交理念などなんにもない実にいい加減な政権だが、その航続燃料はあちらの反日勢力がもっぱら供給している。
[PR]

by chaotzu | 2005-06-03 21:07 | 時事
2005年 06月 02日

【読書】 井上ひさし「東京セブンローズ」 渾身の日本語愛物語

◆文春文庫(上下) 単行本初刊は1999年3月。
 2カ月近くかかってやっと読了。記録更新級の超ロングラン読書になった。旧字体かつ旧かな使いなので、どうしても識別反応が遅くなる。おまけに全頁みっちり字が埋まっている。だが、作者は執筆に17年間もかけている。一言一句まさに彫琢するかのように書き上げたのだろう。だから丁寧に読まないとバチがあたるというものだ。東北弁を縦横に駆使した「吉里吉里人」とならぶ作者の代表作ではなかろうか。b0036803_2155161.jpg
◆小説は、東京根津の団扇製造店の主人が綴った昭和20年4月から1年間の日記という体裁である。すなわち戦争末期から敗戦そして米軍占領下に至る激動の時代における庶民の生活記録である。戦争の経過とともに商売のありさま、日常物資の調達、日々の食事、入浴の苦労などが細部まで執拗なぐらい描かれる。巻末に引用参考文献の一覧があるが、おびただしい資料を渉猟したのだろう。新聞記事のほか、さまざまなドキュメントを挿入している。「産業報国会運動主催・野天座談会『地下生活者、新生活について語る』」「国民義勇軍宮永町突撃隊結成のお知らせ」「町内各家庭屎尿汲取り延期のお詫び」そして、敗戦後はマッカーサーあての日本人の手紙など……。
 作者らしいユーモアをまぶしているものの、庶民の悲惨かつ辛酸の物語である。主人公は米軍の空襲で結婚したばかりの実娘を喪い、さらに実兄も亡くす。自身も特高警察に捕らえられたり、GHQに拘束されたりの有為転変である。いっぽうで、戦時中もさらに戦後の占領下でも、スタンスを器用に変えることで、たくみに立ち回る卑怯きわまりない人間も描かれる。戦時中は鬼畜米英と唱えていたのが戦後はたちまちマッカーサー元帥様である。いつの時代でも同じというか(苦笑)。
◆既述のとおり、全編旧字体の旧かなであるから、コンピュータなかりせばとうてい印刷できないだろうし、翻訳なぞはとても不可能といっていい。小説構成上の必然からであるが、正直云って読みにくいことは否めない。もう新字新かなに馴染んでしまっているのだ。
作者は国を支える実体としてとことん「国のことば」にこだわっている、それは理解できぬでもない。しかし個人的には、漢字が氾濫しすぎることもどうかと思っている。とくに最近はワープロの普及で爆発的に漢字の使用が増えており、なかには旧漢字にこだわるひともいる。だけど、ろくに書けもしない字を温存する必要があるのかそこは疑問である。ここは作者の立場とは反対である。
◆三木清のエピソード
 治安維持法違反で検挙され釈放されぬまま敗戦の40日後に、豊多摩刑務所において疥癬まみれで獄死した哲学者の三木清、その人の書置きが出てくる。
 「人間はいずれ帰るべき所へ帰るのだ」
不世出の哲学者をかくも無残な死に至らしめた戦時体制、いま現在A級戦犯の罪はもはやないと主張される向きもあるが、それで以って戦時指導者としての責任が免責されるわけではない。いくら強弁しようがである。そうでないと数多の戦争犠牲者は浮ばれないだろう。
[PR]

by chaotzu | 2005-06-02 21:57 | 読書
2005年 06月 02日

【DVD】 「喜劇・駅前女将」女将でいっぱい、女性上位の先駆け映画

◆1964年東京映画、駅前シリーズの7作目。ここまでくると、登場人物の役名も固定する。森繁は「徳之助」、伴淳は「孫作」、フランキーは「次郎」である。そして女優陣、淡島千景は「おけいさん」、淡路恵子は「ふじ子」、池内淳子は「染太郎あるいは染子」といった具合である。もういちいち考えるのが面倒になったにちがいない(笑)。b0036803_8271533.jpg
◆舞台はオリンピック直前の東京に戻る。両国である。隅田川の水上バスが出てくる。この辺りは運河も多く橋もたくさんある、水の都東京の一面だがいまはどうなんだろう。
森繁は酒屋「吉良屋」(当然ながら吉良びいきの土地柄だ)、伴淳は鮨屋「孫寿司」の主人、両人とも下町の小金持ち階層で、家業はなかば妻任せで遊びまくっているというけっこうな身分(笑)。
以下はなしは、おきまりの女優陣もからんで、てんわやんわの騒動になるという、まあ大人の艶笑喜劇である。この映画をみて人間が立派になるとか教養がつくとかいうことはけっしてない。
ただ、むかしの宴会芸なんかは参考になるかもしれない。乃木将軍と露軍ステッセル将軍との「水師営の会見」なんてね、いやなりませんか(苦笑)。
◆今回の女将は、森繁妻役の森光子、伴淳妻役の京塚昌子、森繁の援助で小料理屋を開業する未亡人の淡島千景(もう80歳すぎだが、当時の女ぷりはサイコーでまさに駅前マドンナ)、おねだり上手のバーのマダム淡路恵子など多士済々いや多婦済々である。なかでは淡路恵子がアンニュイなセリフ回しでおいしさバツグンだ。

◆俳優メモ
・山茶花究;ラーメン屋のオヤジであるが、いつも手に唾ペッペッがくせ、コップもちゃんと洗っているか疑わしい(笑)。そういや、昔の下町の中華料理店はどこもかも汚かった。それでも若い時分は安くて腹一杯食えるのがいちばんだったものだ。
・乙羽信子;三木のり平と夫婦でクリーニング店を切り盛りしている。7人の子沢山で家族だけで野球チームができる。仕事も野球も万能の働き者かみさん。宝塚出身であるものの、女将とはまるで縁遠い役どころ、それでも光っている。
・中尾ミエ:銚子の網元に行儀見習い中の漁師娘というなんだか無理矢理設定したような役(笑)、いまでいうアイドルのはしりで、伊東ゆかり、園まりとの元祖3人娘といえば旧くさいかな。
・佐田の山、栃光、栃ノ海、出羽錦;おきまりのゲスト出演である。なかでも佐田の山は弁のたつ人でしたね。いや、まだ生きてらっしゃるか。年初に亡くなられたのは田子の浦親方の出羽錦さんだった。
[PR]

by chaotzu | 2005-06-02 21:52 | 日本映画
2005年 06月 01日

【DVD】「キル・ビル」vol1&2  炸裂!おんな涙のうらみ節

◆2003、2004年アメリカ映画。vol1、vol2と分けられているが、実際は4時間超の長尺映画を分割したようなものである。しいて云えば、vol1はチャンバラ・アクション&日本アニメ、vol2はカンフー&マカロニウェスタンになるか。もう筋書きは省略する、実はまだよく分かっていない(汗)。b0036803_21424317.jpg
それにしても、クェンティン・タランティーノ監督のものすごい映画オタク発揮である。冒頭に故深作欣二監督への献辞があるが、深作作品のみならず、やくざ映画、チャンバラ映画。忍者映画、さらにはアニメなど日本映画をBC級まで相当観ているにちがいない。なにせ「子連れ狼」まで引用するほどだ。それに加えて中国カンフー、マカロニ・ウエスタンであるから、まさにオタク魂全開。
◆マンガと映画には共通点がある。映画の絵コンテなんて見ようによってはマンガそのもの。昔からアメコミ風の映画はスパイダーマンなどたくさんあった。日本の劇画もそのまま映画になるのではと思っていたが、vol1がまさに劇画ふう映画のつくりである。ごていねいにアニメまでくっつけている。先にやったタランティーノの勝ちである。既に韓国の「オールド・ボーイ」で実証されているが、日本の漫画、とくに劇画は映画ネタの宝庫である。このキル・ビルも日本の劇画からインスパイアされた気配ありありとみた。
◆喜ばせてくれるのは、エンリオ・モリコーネの懐かしのマカロニ・ウエスタンテーマ、「荒野の用心棒」(短いがほんとに名曲)ともう一曲(忘れた)、いや感涙ものである。
あとラストで梶芽衣子の「さそり」の主題歌まで流してくれる。いやはや、タランティーノもおもしろいおっさんやなあ(笑)。
◆逆に残念なのは、vol1がとにかく血しぶきだらけで、まるでスプラッター・ムーヴィーであることだ。かつての東映やくざ映画へのオマージュなんだろうけど、健さんやお竜さんの本家本元が上品な松竹映画にみえるほどの凄惨さである。歳のせいかもしれないが、こういうのはもう苦手である。
 栗山千明ちゃんも可愛い顔してなにもあそこまでやらんでもいいのになあ。役名「ゴーゴー・夕張」の夕張っていったいどこからきたんだろう?もしかして夕張メロンかな(笑)。
[PR]

by chaotzu | 2005-06-01 21:50 | 外国映画
2005年 06月 01日

ナンセンス歌謡?

◆お笑いソングの定番を収録したコンピCDが今月末に東芝EMIからリリースされるとか。
 「お笑いソングブック~ナンセンス歌謡の日々~」
こういうのはもともと好きな性分である。思いっきりバカバカしいのを聴きたくなるときもある。
 で、その曲目選定はというと、以下の全15曲。
(01)金太の大冒険(つボイノリオ)
(02)いやんばか~ん(林家木久蔵)
(03)うぐいすだにミュージックホール(笑福亭鶴光)
(04)アホの坂田(コメディーNo.1)
(05)デンセンマンの電線音頭(伊東四朗、小松政夫ほか)
(06)ひらけ!チューリップ(間寛平)
(07)ヨシコと歩けば(林家三平)
(08)しらけ鳥音頭(スージー白鳥、小松政夫)
(09)嘆きのボイン(月亭可朝)
(10)ヨーデル食べ放題(桂雀三郎withまんぷくブラザーズ)
(11)鼻から牛乳(嘉門達夫)
(12)マンダム~男の世界(ザ・ブロンソンズ)
(13)悲惨な戦い(なぎらけんいち)
(14)つくばねの唄(あのねのね)
(15)がんばらなくっちゃ(南州太郎)
b0036803_2135895.jpg◆うーん、まあ個人の好みなんだろうが、どれもナンセンス歌謡かというと違和感がかなりある。個人的な結論を云うともの足りんのひと言。ベスト盤とはおこがましい。
「ヨーデル食べ放題」なんて焼肉の販促ソングでスーパーで聞き飽きたし、「アホの坂田」なんてどこがナンセンスなのか。「マンダム」はCMのパロデイだしね。まあ、かつてアングラ扱いされたつぼいノリオの有名なやつをアタマにもってきたというのがみそなんだろうか。

♪ある日金太が歩いていると 美しいお姫様が逃げてきた
 悪い人に ネェ おわれているの お願い 金太 守って
 金太 守って 金太守って キンタマモッテ
 おっと、いかん(汗)。
 それと、なぎらけんいちの「悲惨な戦い」、たしかに面白い。だけど、よりによって二子山親方がお亡くなりになったときだ。どうも間が悪いなあ(苦笑)。
◆このメンバーでナンセンスというと、やっぱり嘉門達夫か。「鼻から牛乳」も面白いが、この人の「その日は朝から夜だった」もわけワカメのシュールさである。
♪その日は朝から夜だった
 あんパンにはあんが入ってる
 ジャムパンにはジャムが入ってる
 だけど、うぐいすパンには、ウグイス入ってない
◆あと旧いけど、ナンセンスとなれば、ぜひ採りあげてほしい曲がある。ひょっこりひょうたん島でドン・ガバチョ大統領(藤村有弘)が唄った「コケコッコソング」だ。
♪コケコッコ コケコッコ
 コケコケコケコケ コケコッコ
 最後のほう、やけくそ風で爆笑ものである。「おもひでぽろぽろ」でも採りあげられたはず。
◆まあ、ナンセンス歌謡というならば3枚組ぐらいの「決定版昭和ナンセンス歌謡大全集!」とかでびしっと決めてほしいもの。クレージーキャッツとか笠置シズコなんかもメチャクチャ面白いのがあるし、他にもあるだろう。この程度のコンピ盤ではまだまだ食指は動かないなあ。
[PR]

by chaotzu | 2005-06-01 21:41 | 音楽